« ザ・ミステリー『小早川警視正 京都羅生門殺人旅情』BSテレ東 | トップページ | 『初恋』西村京太郎 サスペンス 十津川刑事の肖像 »

2023年10月30日 (月)

西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像 人捜しゲーム

マンションの一室で殺人事件が発生した。現場に駆けつける警視庁捜査一課・十津川省三(高嶋政伸)と亀井定男(古谷一行)。死体は週刊ジャパンが人捜しゲームという企画でターゲットになっていた小笠原孝夫(天野浩成)だった。週刊ジャパンの編集長の三田村直之(美木良介)が身元確認のためにやってきたが、知人が死んだというのに悲しむどころかどこか素っ気ない

 鑑識結果がでた。犯人は、パターを素手で握って殴り、最後に手袋をはめて包丁で刺したという。この一連の行動に不信を抱いた十津川は至急関係者の指紋を採取した。十津川と亀井は週刊ジャパン編集部へ行き、三田村、横森副編集長(ベンガル)、そして長井真理(田野アサミ)の指紋を採取する。実は人捜しゲームで小笠原がターゲットになっていたのを知っていたのはこの3人だけだったのだ。
 そして事件は進展をみせる。長井の指紋がノートパソコンから採取されたのだった。事情を聞く十津川。何と長井は小笠原に襲われていたのだった。しかもその事実を知っていた三田村は小笠原を企画から下ろすこともせずにいた。改めて三田村の神経を疑う十津川たち。
 その後、三田村の妻・三田村冴子(中山忍)が昔、小笠原と付き合っていた事実を突き止める。十津川と亀井は容疑者の1人として浮かび上がった冴子のもとへ行くのだった

<出演者>

十津川省三:高嶋政伸

三田村冴子:中山忍

三田村直之:美木良介

横森雅志:ベンガル

平塚八重子:山村紅葉

福井好夫:正名僕蔵

亀井定男:古谷一行

ほか

<スタッフ>

原作:西村京太郎

脚本:田子明弘

企画:吉田豪

プロデューサー:森川真行

演出:伊藤寿浩

制作:フジテレビ/FINE 


短編小説を二時間ドラマにすることについては、何度かブログに書いている。結論から言えば長編小説の単発ドラマ化は適切ではない。メディア機能として違いがあります。短編小説集はドラマや映画に傑作が多いのはそのためであります。

原作では十津川刑事の頃のエピソードとして描かれているが、ドラマでは亀井警部との通常のコンビのようになっている。やはりテレビ番組のパターンが良いのであろうか。ちと原作との違和感を感じた。


『十津川刑事の肖像』西村京太郎 

この人を見つけて下さい。見つけた方に百万円を差し上げます顔写真と身長、体重などの特徴だけでその男を探し出せ、という企画が「週刊ジャパン」に載った。その記事をたまたま読んだ小田雄太郎と松木順子は、二人が同棲するアパート近くのマンションの一室にその男がいたことを思い出し、男の部屋を訪ねる。が、そこで発見したのは、その男の刺殺体だったのだ。十津川警部補は「週刊ジャパン」の三田村編集長と殺された男との意外な関係を知る

「人探しゲーム」他、若き日の十津川の推理が冴える、刑事時代にとりくんだ五つの事件の短編集。


しかし犯人は悪りい女だなぁ、感情移入はほとんど出来ない。三田村編集長も嫌な人間だけれど、殺す以外には手がなかったのかと、悔やまれる。人間は生きて苦行をするものである。ミステリーでは人間が記号のように扱われてしまうのが残念でならない。

« ザ・ミステリー『小早川警視正 京都羅生門殺人旅情』BSテレ東 | トップページ | 『初恋』西村京太郎 サスペンス 十津川刑事の肖像 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ミステリー『小早川警視正 京都羅生門殺人旅情』BSテレ東 | トップページ | 『初恋』西村京太郎 サスペンス 十津川刑事の肖像 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト