« ポテトスープ | トップページ | 『イタリア幻想曲 貴賓室の怪人II』内田康夫 »

2023年11月 7日 (火)

『貴賓室の怪人・飛鳥編』内田康夫

『貴賓室の怪人・飛鳥編』内田康夫

浅見光彦に豪華客船「飛鳥」での世界一周クルーズ取材の依頼が舞い込んだ。しかし、出航直前、浅見は「貴賓室の怪人に気をつけろ」という謎の手紙を受け取る。そのうえ、貴賓室であるロイヤル・スイートの一室には作家・内田康夫までもが乗っていた。ただならぬ予感をはらみながら、船は大海へ華々しく出航した。だがその後、船内では数々の怪事件が発生する―。絶対不可能な状況の中、犯人はどうやって犯行に及んだのか。浅見光彦と岡部和雄、二人の名探偵が船上の罪と罰に迫る!浅見光彦が初めて海外へ飛び出した記念碑的長編。2002年刊行。

Img_6238

スポンサー不明のままで、浅見は名指で豪華客船飛鳥世界一周クルージングの取材をすることになった。出発前に差出人不明の「貴賓室の怪人に気をつけろ」と封筒が渡された。乗船すると内田康夫夫妻もロイヤルスイート・クラスで歓迎されて、エコノミーの浅見は気付かれないようにした。

そして同室になった村田満が、香港上陸後行方不明になる。飛鳥は出航したが、船内にて遺体で発見された。シンガポールから乗船した岡部警部と共に推理を働かせることになる。

実際に作者が飛鳥での世界一周クルーズをしてるので詳しく描写されて、読者が場船してる気分になるように展開される。船上旅情にも愉しみがあって面白い。

浅見光彦が血液型B型とはシリーズで、何度か書かれているが、作者も同じ血液型なんだろうと思う。食事の場面になると美味しいものに対する集中力が逞しい。自分の体現からすれば、料理人の優れてるのはほぼB型なんである。マンガやアニメでも作画能力が異様に上手いのは確実にB型。専門の分野に注いでいる神経はちと半端じゃないと、O型のあけんからん隙間だらけな自分は関心するのであった。

浅見光彦シリーズでは旅情ミステリーとして取材されているのだけど、あからさまに仕事だと分かるような土地の描写もある。ベストセラー作家なので、目をつぶってしまう作品もあり、B型なんだなぁと思う。

しかし旨いことに人を楽しませる技は、格別なんで本書の見どころは、ゴージャスな観光気分にさせられる。そして浅見が内田康夫とどのように、飛鳥客船内で距離を取ったりしてのかがスリリングな見どころ。まさに想像力と数百円である。

« ポテトスープ | トップページ | 『イタリア幻想曲 貴賓室の怪人II』内田康夫 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト