« 浅見光彦シリーズ▼斎王の葬列 | トップページ | BSTBSで「ゴルゴ13セレクション」アニメ放映 »

2023年12月 8日 (金)

浅見光彦シリーズ高千穂伝説殺人事件

BS TBS 12/9土14:00〜17:00

高千穂に隠された驚愕の秘密…封印された巨悪の怨念が招く連続殺人…失踪した美人演奏家の父は第3の被害者か容疑者か!?電話に残されたメッセージが暴く悲しき真実


浅見光彦(沢村一樹)は、天才バイオリニスト本沢千恵子(戸田菜穂)と何とも不思議なお見合いをしていた。近近フランスへ留学する身の千恵子には、結婚話は全く現実感のないものだったが、千恵子の父親である誠一(竜雷太)は真剣だった。 「光彦くん。もし万一の時には、千恵子の相談相手になってやって下さい」という言葉を残して3日後、誠一が失踪してしまう。 千恵子から電話を受けた光彦は、約束通り本沢家に駆けつける。本沢家には録音された謎の電話がメッセージのように残されていた。 「ブツはニュータバルから高千穂へ運びました。受け取ったのは市川で、詳細は帆村に聞いて下さい」。 その言葉を手がかりに、光彦と千恵子は高千穂へ向かうのだが、そこではてがかりの1人、元町会議員の帆村(星村晃)が高架鉄橋から転落事故死したという事件が起こっていた。しかもその容疑は千恵子の父親・誠一にも及んでいるという。

父親が殺人を犯すわけはないと思いながらも、千恵子の心は千路に乱れた。そんな時に頼りになるのは、浅見光彦の思いもよらない推理であった。何時か千恵子の中に、光彦に対する好意以上の思いが湧き上がるのだった。

【出演】 浅見光彦…沢村一樹 本沢千恵子…戸田菜穂 本沢誠一…竜雷太

 長田幹夫…鈴木一真
 安在晃一…渡辺いっけい
 市川要一…神山繁
 室口雄吾…寺田農
 夏井康子…小野真弓
 笹倉克子…藤田朋子

 浅見陽一郎…村井國夫 ほか

【原作】内田康夫「高千穂伝説殺人事件」「歌わない笛」(光文社文庫刊)

【脚本】石原武龍、早野円

【演出】山内宗信

制作2009年


三時間スペシャルドラマらしい。一時間50分で前半の事件が解決して、雰囲気の違う後半のドラマが始まる構成となっている。

今週はなんと浅見光彦シリーズが、テレビドラマ放送5本もされた。

Img_6610

内田康夫「高千穂伝説殺人事件」(光文社文庫)

美貌のヴァイオリニスト・千恵子の父が謎のことばを残し、突然失踪した。千恵子は私立探偵・浅見の助けを借り、神話と伝説の国・高千穂へと向かう。そこに隠された巨大な秘密とは。


内田康夫「歌わない笛」(光文社文庫)

倉敷市の山林で夏井康子が死体で発見された。服毒し、フルートを手にしたまま…。その五日後、婚約者・戸川健介の溺死体が吉井川に浮かぶ。警察は揉め事の末の後追い心中事件と結論した。しかし、演奏会で津山市を訪れ、偶然事件と関わったヴァイオリニストの本沢千恵子は妙なことに気付いた。康子のフルートの持ち方が左右逆なのだ。他殺?千恵子は旧知の浅見光彦に相談する。恐ろしく悲しい演奏会の序曲だった。


シリーズの代表的なヒロインである、ヴァイオリニストの本沢千恵子が登場するエピソードとなる作品。

« 浅見光彦シリーズ▼斎王の葬列 | トップページ | BSTBSで「ゴルゴ13セレクション」アニメ放映 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト