« いちごの日 | トップページ | 「幾度も玉女の形移す忘記念の鏡成けり」円空 »

2023年12月18日 (月)

【最終回】さらば家康。遂に乱世に終止符。 大河ドラマ「どうする家康」NHK

大河ドラマ「どうする家康」は弱小国・三河の主が、いかにして戦国の世を生き抜き、天下統一を成し遂げるのか。

いよいよ最終回は「神の君へ」。徳川家康(松本潤)は豊臣との決戦に踏み切り、乱世を終える覚悟で自ら前線に向かった。

真田信繁(日向亘)らは家康の首をめがけて攻め込んだ。徳川優勢の中、千姫(原菜乃華)は茶々(北川景子)と豊臣秀頼(作間龍斗)の助命を訴えたが、家康が下した決断は非情だった。

翌年に江戸は活気に満ちあふれて、僧・南光坊天海(小栗旬)は家康の偉業を称え、乳母・福(のちの春日局)(寺島しのぶ)は竹千代(のちの徳川家光)に“神の君”の逸話を語る。

そんな中で家康は、突然の病に倒れるという展開。


家康は1話目で信長と出会い、最終話で茶々の最期を受け止める。そして織田家から解放された家康は、戦なき世を迎える。

茶々は信玄(阿部寛)、勝頼(眞栄田郷敦)、信長、秀吉(ムロツヨシ)、昌幸(佐藤浩市)、秀頼といった乱世の亡霊すべてを背負って、この世を去る。炎上する大坂城、死の直前に茶々が言い残す言葉がとても恐ろしく深い。まるで家康に呪いをかける。とても強く華やかで、そして美しい。

今作の「大坂夏の陣」(慶長20年、1615年)は徳川VS豊臣=家康VS茶々の最終決戦である。

最終回のみに出演すふ小栗旬の演じる天海は、卓越した知識と教養を持ち、家康に取り立てられ暗躍と遺言を託された。家康の死後、「東照大権現」として神格化をはかり、久能山東照宮から日光東照宮に改葬した。


「鎌倉殿の13人」最終話では、冒頭で「吾妻鏡」を読む松本演じる家康が登場。茶腕を手に取ろうとした際、中身をぶちまけて「どうしよう」とつぶやく……というシーンだった。

後番組からのサプライズが、今回は前番組からのサプライズとなった。


【最終回】さらば家康。遂に乱世に終止符。

大河ドラマ「どうする家康」NHK https://youtu.be/k1KAAqapGkU?si=g9FYoiXIv6H3


家臣たちから感謝の言葉を次々と掛けられ、「自分は幸せ者」だと涙が止まらなくなる家康。そして宴が始まり、えびすくいでオールキャストな場は盛り上がる。いつか戦なき世がいつかやってくることをどこかで確信する。

そんな家康が縁側で、瀬名と隣り合って見つめる先には現代日本の風景が広がり、東京タワーが遠方に見えるシーンで完結した。

« いちごの日 | トップページ | 「幾度も玉女の形移す忘記念の鏡成けり」円空 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いちごの日 | トップページ | 「幾度も玉女の形移す忘記念の鏡成けり」円空 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト