« ル・クレジオ『パワナ――くじらの失楽園』(集英社) | トップページ | 浅見光彦シリーズ 鯨の哭く海 »

2023年12月 5日 (火)

映画『鯨のレストラン』

捕鯨問題に迫り、世界各地から評価をされたドキュメンタリー映画『ビハインド・ザ・コーヴ』を制作した八木景子監督。

8年ぶりで2作目となる『鯨のレストラン』を完成させた。2023年秋から全国で上映された。

映画『鯨のレストラン』公式サイト

https://www.whalerestaurant.jp/


「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督が、「食」と「科学」の観点からクジラに迫ったドキュメンタリー。
かつて日本人のタンパク源のトップはクジラであり、牛や豚や鶏よりも多く食されていた。しかし現在、日本のクジラ産業は全盛期の消費量と比べて1%にまで衰退した。そんな中、東京・神田のクジラ料理専門店「一乃谷」は、全国のクジラ料理店から一目おかれる存在だ。大将の谷光男が東北から上京して同店を構えたのは、国内最大の捕鯨基地である宮城県石巻市が東日本大震災で被災する1年前のことだった。


【予告編】

https://youtu.be/Al6V4RfPo4U?si=8Z4nHKpz53WUY7L_

« ル・クレジオ『パワナ――くじらの失楽園』(集英社) | トップページ | 浅見光彦シリーズ 鯨の哭く海 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト