« 『浅見光彦シリーズ20 化生の海-北前船殺人事件-』 | トップページ | 江戸川乱歩賞「滅びのモノクローム」 »

2023年12月 1日 (金)

大門剛明『罪火』(角川文庫)

ザ・ミステリー『罪火』

BSテレ東 12/1金12:56〜14:56

中学校校長の傍ら犯罪被害者の支援活動もする町村理絵(名取裕子)。娘が殺害され、理絵自身が被害者に。容疑者が殺害を否認していると聞いた理絵は、自ら真相を追うが…。


町村理絵(名取裕子)は中学校の校長を務める傍ら、犯罪被害者を支援する活動に携わっていた。理絵の娘・花歩(美山加恋)も母の活動に関心を持ち、理絵の元教え子で中学生の時に人を殺めてしまった若宮忍(駿河太郎)のことを気にかけていた。若宮は被害者家族との対話を望むが叶わずにいた。そんな中、花歩は若宮にある告白をする。後日、花火大会で若い男と話す花歩を目撃した若宮は、裏切られたと思い、花歩を切りつけてしまう。


【出演者】

 町村理絵…名取裕子

 若宮忍…駿河太郎

 原口ゆかり…黒川芽以

 折橋完…大杉漣

 八木沼忠志…山崎一

 警察署長…不破万作

 森岡雅博…斎藤歩

 中村富雄…伊藤洋三郎

 佐久間良二…清水優

 町村花歩…美山加恋

【原作】大門剛明「罪火」(角川文庫・刊)

【脚本】吉田康弘

【監督】黒沢直


Img_6526

大門剛明『罪火』(角川文庫)

レトルト食品工場に勤める若宮は鬱屈を感じていた。花火大会の夜、少女・花歩を殺めてしまう。花歩は母・理絵とともに、被害者が加害者と向き合う修復的司法に携わり、犯罪被害者支援にかかわっていた。13歳の娘を殺された理絵のもとに、犯人逮捕の知らせがもたらされる。しかし容疑者の供述内容を知った理絵は真犯人は別にいると確信。かつて理絵の教え子であった若宮は、殺人を告白しようとするが……。驚愕のラスト、社会派ミステリー。


大門剛明

作家。龍谷大学文学部卒。三重県伊勢市在住。2009年、「雪冤」(「ディオニス死すべし」より改題)で第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞してデビュー。同作は2010年秋にテレビ東京でドラマ化された。綿密な取材に基づく社会派ミステリを得意とし、他の作品に「」「確信犯」「告解者」「ボーダー」「優しき共犯者」(「共同正犯」より改題)「レアケース」「獄の棘」「テミスの求刑」「JUSTICE」「鍵師ギドウ」「」「反撃のスイッチ」「完全無罪」「」などがある。

« 『浅見光彦シリーズ20 化生の海-北前船殺人事件-』 | トップページ | 江戸川乱歩賞「滅びのモノクローム」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト