« 浅見光彦シリーズ 鯨の哭く海 | トップページ | 浅見光彦シリーズ 熊本・菊池伝説殺人事件 »

2023年12月 6日 (水)

浅見光彦シリーズ〜遺骨〜

フジテレビ木曜日13:50〜15:45

「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」


 浅見光彦(中村俊介)が淡路島の常隆寺という古刹で偶然、出会った男性が刃物で刺殺された。エメラルド製薬に勤める龍満智仁(江藤潤)は亡き父親の骨つぼを預かってほしいと常隆寺の住職に頼みに来たのだ。龍満家の菩提寺、山口県長門市の極楽寺の和尚によると、智仁の父の分骨などしていないという。

 骨つぼを巡って起こる連続殺人事件、事件の鍵を握るとみられる謎の女性の出現…。骨つぼが萩焼ではないかと推測した浅見は事件の真相にせまるべく山口県長門市に向かい、江月窯という窯元の森恵子(原史奈)という女性と出会う…。

【出演者】中村俊介 
原史奈 
朝加真由美 
江藤潤 
逢坂じゅん 
剣持直明 
藤田瞳子 
小倉久寛 
佐藤仁哉 
中山仁 
榎木孝明 
野際陽子 
ほか

【原作】内田康夫 
【企画】成河広明 
【脚本】峯尾基三 
【プロデューサー】小林俊一 大下晴義 金丸哲也 
【演出】小林俊一 
【音楽】渡辺俊幸


Img_6602

『遺骨』内田康夫

殺害された製薬会社の営業マンが、密かに淡路島の寺に預けていた骨壺。事件後、それを持ち去った謎の女性。さらに寺に現れた偽の製薬会社社員――。取材中に被害者と出会っていた浅見光彦は、錯綜する謎の接点を求めて、童謡詩人金子みすゞゆかりの地・山口県仙崎へ向かう。そこには、生命の尊厳と倫理を脅かす驚愕の真実が……。脳死、臓器移植など、最先端医療の原罪を追及する浅見、その死生観が深い感動を呼ぶ。

« 浅見光彦シリーズ 鯨の哭く海 | トップページ | 浅見光彦シリーズ 熊本・菊池伝説殺人事件 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト