« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月30日 (火)

『棟居刑事の黙示録』森村誠一

九鬼直正は退社の途上、いじめにあっている中学生・重光ゆかりと知り合った。二人は友情の誓いとして、金バッジと金のペンダントヘッドを交換する。そんなある日、ゆかりをいじめていた箱田組組長の娘・真貴枝が、丹沢山中で死体となって発見された。学校ではゆかりの報復ではないかという噂が流れた。心配したゆかりの母親は九鬼に娘の護衛を頼むのだが。何者かに拉致されてしまう。かつてのヤクザ凄腕だった仕込み杖を、数年ぶりに持って任侠爺さんとなる、そくな百鬼の活躍がかっこいい。中年や老人をきっちりヒロイックに描写できてる作品は、気持ちが晴れ晴れする。

一方、政財界の黒幕が殺された事件の真相を追う棟居刑事。

二つの事件は、次第にひとつに繋がって――。棟居刑事シリーズ傑作ミステリー。

★★★★★

D9202a4432c944fbb4e062f2c2ba10cf

ドラマ『棟居刑事の黙示録』

警視庁捜査一課の棟居刑事(佐藤浩市)は、数人の女子中学生が一人の女生徒にリンチを加えているところに遭遇する。そして、それがきっかけで、いじめられていた少女・重光ゆかり(前田亜季)と言葉を交わすようになる。ゆかりは、母一人子一人の家庭で育ち父親の顔を知らないという。彼女にリンチを加えていたのは、大物総会屋・箱田伝蔵(石田太郎)の孫娘・真貴枝(中村麻希子)をリーダーとするグループで、何とかいじめにあわなくなる方法を教えてくれと、ゆかりは棟居に訴える。そこで棟居は、「本気で怒れ、心の底から怒れば、相手に勝てる」とアドバイスを送ったのだった。

そんな中、渋谷のマンションで殺人事件が発生する。被害者は『政界タイムズ社』社長の大友勇介(安西一義)で、背中を包丁で刺されていた。発見者は大友の秘書の中田美鈴(康本美紀)で、その夜行なわれる民由党幹事長・居駒隆之(目黒祐樹)を励ます会に出席する大友を迎えにきたという。大友は政治ゴロで、自分が発行する新聞を武器に、政財界人のスキャンダルを漁っては、ゆすりまがいのことをやっていた男だった。


【出演者】佐藤浩市、水野真紀、前田亜季、麻丘めぐみ、目黒祐樹、岡本信人、風祭ゆき、中野誠也、斉藤絵里、石田太郎、中村麻希子、真鍋尚晃 ほか

2000年製作

2024年1月29日 (月)

エドガー・アラン・ポオ 谷崎潤一郎訳 アッシャア家の覆滅

その年の秋の、重々しい雲が空に低く垂れ懸った、ものうい、暗い、ひそりとした日のことである。私は終日、たった独り馬に跨って怪しく荒れ果てた田舎路を通って行った。そうして日脚が傾いた時分に、ようよう陰鬱なアッシャアの邸が見える所まで辿り着いた。私には其れがどう云う訳だか分らない―――が、その建物を一と目見るや否や、或る堪え難い悲しい気持ちが、私の胸に泌み徹って行った。私は特に堪え難いと云う。なぜかと云うのに、人間の心と云うものはたとえ世の中の最も物凄い、どんなに荒廃した、どんなに恐ろしい光景に接しても、詩的な感情に助けられて半は慰められるのが常であるのに、その時の気持ちは少しもそんな余裕を許さなかったからである。私は自分の眼の前にある景色を眺めた。―――そこに立って居る一箇の邸宅、構えの内にある単純な田園の風物、―――青褪めた土塀の壁、―――がらんとした眼玉のような窓、―――それから二三本の白い枯木の幹、―――それ等の物を眺めた折の切ない重苦しい心持ちは到底此の世に喩うべきものもない、強いて云うならば其れは阿片の毒に惑溺して、―――日に日に傷ましい堕落を重ねつつ、―――醜悪な弱点を曝露する人間の、寐覚めの悪さにでも比較すべきであろう。そこにはただ心の臓を氷の如く寒からしめ、深く深く、病人のように滅入らせるものがあるばかり、―――いかなる空想の力を藉りても何等の緊張した荘厳さをも感ずる事の出来ないような、満目荒凉たる、癒やし難い観念があるばかり。一体どういう訳であろう、―――私は立ち止まって考えて見た、―――一体どういう訳で、アッシャア家の景色がこんなにまで私を慄然たらしめるのであろう? それは凡べて解し難い謎であって、考えれば考えるほど私の頭の中には影のような幻がもやもやと湧き上って来たが、私はそれさえも捕捉する事が出来なかった。私は結局、不満足ながらもこういう結論に到着するより仕方がなかった。

つまり、極めて単純な自然物を或る一定の方法で配列すれば、そこにわれわれを斯までも感動させるような力が生ずるのである。其れは疑いもない事実であるが、しかし此の力を分析する事は到底吾人の思索の外にあるのだ。その画面の中にあるディテイル、その風景の中の箇々物の位置をちょいと取り換えれば、此の陰鬱な印象を制限し、或いは滅却するに充分であろうと私は思った。そう考えると共に、私は馬を進めて、邸の傍にどんより光って居る暗澹たる古沼の嶮しい涯の縁まで行った、そうして、水の面へ倒まに形を映して居る灰色の葦蘆や、幽霊じみた枯木の幹や、がらんとした眼玉のような窓の影を―――嘗て覚えた事のない激しい戦慄に襲われながら―――瞰おろしたのであった。


THE FALL OF THE HOUSE OF USHER 【青空文庫】

https://www.aozora.gr.jp/cards/000094/files/61341_77726.html

2024年1月28日 (日)

『棟居刑事の代行人』森村誠一(中公文庫)

結婚式当日に新郎が失踪する事態に、イベント代行業者の降矢浩季は「新郎代行」を懇願された。

披露宴までは乗り切ったが依然、新郎の島崎は現れずに結婚は解消となる。

新婦の志織は降矢の亡き妻に瓜二つであり、互いに惹かれ始める。

一方で警視庁捜査一課の棟居刑事は、連続老女襲撃事件の犯人を追っていた。捜査を進めるうちに、失踪した島崎の車に辿り着くのだが

絡み合う二つの事件。棟居刑事と、元自衛隊レーンジャーの猛者でもある降矢の前に姿を現した、強大な敵の正体とは!?

志織は何度か命を狙われて、降矢は仕事を兼ねて護衛する立場となる。かつて彼女が取材した時のカメラマンが、事故にあっていたことからも、加害者が大きな組織である可能性があった。その取材記事の中に降矢が、日付に注目した。どうやら志織は高級車と接触していた記憶がよみがった。傷をつけてしまったのに、逃げるように走り去ったという。その車には三人が乗っていて何らかの事故を起こしていた車体だった。うとうと志織はクレームをつけられず、車種なども覚えてなかった。しかし相手は2人を認識していたスチェーションである。記事を書いた雑誌は発行部数が多いから、素性をたぐったのかもしれない。正当な防衛について降矢は考えて、楽観でな志織を何とか守ろうとする。無法に命を奪われた亡き妻と瓜二つの女性を、護り切れなかったら、妻を二度失った気がするであろう。

後半は新興宗教からの狙撃が続いて、展開が弛緩してしまう。棟居刑事の活躍もほとんど付けたしのようで終わるのであった。

★★★

傑作ミステリー『松本清張特別企画「聞かなかった場所」』BSテレ東2024/01/28(日)12時〜14時

松本清張特別企画。名取裕子主演「聞かなかった場所」。出張中に夫が突然死した厚生福祉省の恒子。亡くなったのは恒子が聞いたことの無い場所だった


厚生福祉省に勤める浅井恒子(名取裕子)は、局次長として活躍するキャリア・ウーマン。しかし、ある日出張先で突然夫の英夫(伊藤洋三郎)が亡くなったことを知らされる。英夫は、大塚の坂の途中で心筋梗塞を起こし亡くなっていた。しかし、馴染みのないはずの大塚に何故夫はいたのか?英夫が倒れた際に介抱してくれたという薬局の店主・高橋(大杉漣)を訪ねた恒子は、やがて意外な真実を掴むが

【出演者】

 浅井恒子名取裕子
 久保孝子酒井美紀
 高橋千代吉大杉漣
 沼袋潔金田明夫
 石田博美川上麻衣子
 浅井英夫伊藤洋三郎
 花井駒子石井トミコ
 下岡有作渡辺いっけい


【原作】松本清張
【脚本】西岡琢也

【監督】黒沢直輔

テレビ東京

2024年1月27日 (土)

『複合遺恨』森村誠一(光文社文庫)

棟居刑事が錯綜する人間の愛と宿業に肉迫する。


憧れの的であった担任女教師・佐倉弥生が、番長・後藤龍雄に犯される場面を目撃した少年と級友は、後藤殺害を決意して自転車事故を実行する。路面に横たわる死体。それは中学校を去った女神への供物のつもりであった。しかし復讐が為されたとき、呪われた運命の序曲が静かにスタートしたことを、彼らは知る由もなかった。

息子のために保険金を掛け合った吉田夫婦が、水泳中の海での事故に遭遇する。溺れてしまった息子の死から、夫婦の心は離れて別居するふたり。会うこともなく月日が過ぎて、夫は森林から死体となって発見される。左手の薬指が切断されていた。保険金が夫人に支払られることで、妻に容疑がかけられた。しかし過去を調査すれば、簡単な事件ではなかった。

2540e27eb23a4306951d0d88370d7760

かつて吉田が佐倉弥生の生徒であったことから、彼女が転職してママをしてるBARで働いていた経歴が浮かんできた。そこで経営する男が殺されていた事件があった。家庭内暴力を受けていたママが殺害したが、従業員たちは皆同情して、裁判では情状酌量から執行猶予にされた。

ふたつの事件は繋がっているとみた、吉田の妻はBARへ行くと、ホステス募集面接に来たと思われて、そのまま雇われる。旧姓を名乗って潜伏することにした。

六割ほど読むと、無名の詩人が書いたミステリアスな詩が引用されている。


「なぜか」

朝が来て目をさまして 

いつも小さなものがなくなっていた

窓には鍵がかかっているから

きっと内部のものの犯行だ


真っ赤な目をしてがんばってみても

ふいに火を噴く彗星みたい

消えたものはいらないものばかり

もう願いごとなんかするものか


ところで21歳のぼくは

波の音ばかり聴こえてる

古ぼけたラジオをいじってる


真夜中にあの海からきた

なぜか懐かしい異国語の

短波の放送を聴いている

(園下勘治)


刑事ふたりが、この詩を読んで含みのある言葉から、犯人探してをだぶらせるのだった。

棟居刑事は「これまで手がけた事件の中で、これほど自信のない捜査をしたことがない」と述べている。複数の虐めにあっていた教え子たちと繋がった過去と現在がある。番長の乗った自転車事故のあった三本松の近くで、吉田ら中学生たちが記念写真を撮影していたスナップショットが、過去のアルバムにあった。

本作品で描かれた世界に対して「恐るべき因果律」という、強烈な印象を持たざるをえないであろう。事件の発端は被害者と犯人の20年以上前の繋がりにまで遡る。こんな事件が実際に起こったら驚嘆するしかない。個人的には棟居刑事シリーズでは最高レベルの充実した作品。

★★★★★

『棟居刑事のガラスの密室』森村誠一(中公文庫)

親の反対を押し切って上京した七条由香が、死体で発見された。重要参考人として連行されたのは、隣室の住人・北前真司。犯行を自供するも、不審を抱く警視庁捜査一課の棟居弘一良と北前の妹は真犯人を追う。その最中、疑惑の男が服毒死を遂げる。

犯行現場を天井裏から覗いていた男の妹と、被害者の容疑にかけられている男の妹が協力して事件を探る。女ならではの勘と行動が、棟居刑事たちをだし抜いていくのが見せ場となっている。

二つの事件は関連しているのか! そして真相は――。

被害者たちの親族が三人結託して、ガラスの密室で完全犯罪の鉄鎚をくだす

(『ガラスの密室』を改題)

★★★

2024年1月26日 (金)

『棟居刑事の荒野の証明』森村誠一(光文社文庫)

つねに花形部署を歩いてきた山名功は、関連企業ゴルフ場へと左遷させられた。山名の発言は的確で歯切れがよく、マスコミを通して会社の存在を高めてた。一週間前にテレビ出演して、会長や社長よりもキャスターに褒めてあげられた。

富豪の社交場であるゴルフで、敗者復活を待つか考えあげる。各界の社交サロンとして眺めれば、確かに面白い職場ではある。山名の持ち場は経理であって、表へ出る機会もない裏方に飛ばされたのだ。

A180c3140f0042f0a8068bd858187aad

「会社は合理性の結晶であるはずだが、実態は不条理の塊だ」

しかし今まで視覚に入らなかった、木立や橋や家並みが見えてきた。散歩にはカメラを手にして、心惹かれた景色や動植物を撮影するようになった。

そして環境に優しい農薬を使わない、会社が望んでないことを考える。そんな山名とは息のあう、若い女性スタッフ竹内愛がゴルフ場にいた。

「ゴルフ場は死んでいる」と言う彼女の発言に、共感を覚える。人間が営みために森林を伐採したり、動植物を排除する犠牲など。

そんな竹内愛から姉の失踪を相談されて、捜し始めるうち、山名を左遷した張本人と姉の関係に気づき――。

以前から近所で憩いの場として顔見知りだった老人から、送られて来た写真に姉らしき姿があったのだ。

棟居刑事が登場するのは後半で、それまで被害者だった山名と愛の二人が加害者へと反撃にでる。ふたりが肉体関係を持つようになって、悪魔が発芽していく愛に、山名は毒を浴びるようにリベンジを決行するようになる。愛の姉に対するコンプレクッスや憎しみが解放され、そして彼女の体内にあった悪がさらにエスカレートしていくのだった。

★★★★

2024年1月25日 (木)

『棟居刑事の砂漠の暗礁』森村誠一(光文社文庫)

『砂漠の暗礁』改題

新宿で助けた藤村雅子と、金沢高一はホテルで一夜を過ごしてしまう。雅子との一夜は、あまりにも甘美で金沢の心を揺さぶるものであったが、翌朝、何も残さずに雅子は消えてしまう。

ところがその夜、金沢の妻の愛人が新宿で殺されていた。料理研究家として有名な活躍していたが、派手な遊びもしていて、夫婦は冷めきったものになっていた。

そんな金沢のアリバイを証明できるのは雅子だけ――。

そして驚くべきことに、同じ頃、雅子の夫も殺されていた!

そんな嫌疑がかかった雅子のアリバイも証明できるのに、金沢と会ったことを、何故か否定する彼女の真意とは。

事件を追う棟居刑事は、二人の間に隠された事実に、捜査の糸口を見つけるが……。実際にドラマになったらとても切ない話である。

森村誠一が男と女の間の奇妙な関係を描いた、長編・社会派ミステリ。

E278a8445a1f4601854f7b7883cd0e68

★★★

2024年1月24日 (水)

『人間の海』森村誠一(光文社文庫)

駅のホームで突き落とされそうになる。見知らぬ車に乗せられて誘拐されそうになる――。

有数の財閥・山上グループの社長令嬢・山上かおりは何者かに命を狙われていた。困り果てたかおりが逃げ込んだのは、社会からドロップアウトし、奇妙な経歴を持つ八人が住む梁山荘というアパートだった。

八人はそれぞれの特技を生かして襲撃犯からかおりを守り始める。かおりは目撃者として、棟居刑事の捜査する殺人事件の参考人に挙がっていた。

事件は意外な接点で繋がり始める……

都会で蠢く人間の友情と殺意を描く、傑作社会派ミステリ。

「互いに無関心に生きている都会の中で、隣人たちが互いに助け合って生きるのは素晴らしいことだ。きみが梁山荘の住人たちの連帯の源になってくれたんだよ。きみや弥生さんがいなくなると、梁山荘はずいぶん寂しくなる。しかし寂しさに耐えて生きるのも、都会に住む人間の宿命なんだよ」


梁山荘の八人が魅力あるキャラクターで、かおりを小鳥のように大切に有り難がってドラマは進行する。

かおりも窮屈な家には帰りたがらず、自由に自立する自身の生き様を堪能してゆく。そして梁山荘の描写が面白いのが、作者の執筆力であろう。角川春樹さんが全盛期の頃に、市川昆監督で映画にしたらイメージで読んでみた。キャストをあれこれ想像するのも小説ならではの愉しみ。

B96bb04707d148cf8d1e8b5b4518b51d

★★★★

森村誠一

193312日生まれ、埼玉県熊谷町出身。幼少の頃から読書を好み、冒険小説や探偵小説に熱中。1945年、太平洋戦争最後の空襲と言われる熊谷空襲で被災したことが、作家を目指す原体験となった。

大学卒業後、ホテルマンとして勤務するかたわらサラリーマン向けのエッセイを執筆。その後、推理小説に挑戦し1969年『高層の死角』で第15回江戸川乱歩賞を受賞した。1973年には『腐蝕の構造』で第26回日本推理作家協会賞を受賞。1976年、角川春樹の依頼で『人間の証明』を刊行して、翌年には映画版が公開され大ヒットとなった。1983年以降は『忠臣蔵』など歴史・時代小説も手掛けたほか、1999年小説家を育成する「山村教室」の名誉塾長に就任。

2008年から「新・おくのほそ道写真俳句紀行」をスタートさせるなど幅広い活動を行った。2003年に第7回日本ミステリー文学大賞、2011年に時代小説『悪道』で第45回吉川英治文学賞を受賞。2023724日、90年の生涯を閉じた。

「君とぬやろか 五千石とるかなんの五千石君と寝よう」

江戸時代に実際にあった心中事件。藤枝教行という五千石の旗本の侍が遊女と身分違いの恋をして心中した事件が人々の話題となった。

「君とぬやろか(寝ようか)五千石とるかなんの五千石君と寝よう」という端唄が広まった。


ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9E%9D%E6%95%99%E8%A1%8C


青空文庫、岡本綺堂「箕輪心中」

https://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/477_33088.html


 江戸の人々は、ふたりの破滅を悲恋と解して喝采された。


「君と寝ようか五千石取ろか、何の五千石、君と寝よ」


 後年、大田南畝はこの端唄を、つぎのような狂詩に訳した。


 「寧与君同寝  寧ろ君と寝を同じくせんや

 将守五千石  将た五千石を守らんや

 徒見五千石  徒だ見る五千石

 不如一歓夕  一歓の夕に如かず」



 大田南畝著『一話一言』より

 この事件は『天明紀聞寛政紀聞』『きゝのまにまに』『後見草』など多数の史料に記載されているが、女郎の名を琴浦と記したものや、藤枝家を四千五百石としたものもある。端唄の五千石は、語呂がよいからであろうか。

 狂詩は大田南畝著『俗耳鼓吹』に載っている。


 なお藤枝外記が綾絹をどうやって吉原から連れ出したのかが疑問である。吉原は高い塀と、歯黒ドブという堀で囲まれて、唯一の出入り口である大門では遊女の脱出を厳重に監視していた。簡単には外に連れ出せない。当時の吉原は仮宅中であり、そのために容易に連れ出せたという説もある。

 天明四年四月の火事で吉原は全焼して仮宅になったのは事実だが、同年の末までには普請が成って、妓楼はすべて吉原に戻っている。ふたりの心中は天明五年八月だから、仮宅中だったというのは符合しない。綾絹を男に変装させるなどして、大門から連れ出した可能性もある。

2024年1月23日 (火)

『棟居刑事の砂漠の喫茶店』森村誠一(光文社文庫)

『砂漠の喫茶店』 改題

帯広は間もなく定年を迎える刑事だ。彼の最近の趣味は、家の近所に見付けた喫茶店へ足を運ぶこと。そこで出会った人々との交流を楽しむ毎日を送っていたある日、雑木林で若い女性の変死体が発見された。帯広はその女性に見覚えがあり……。棟居刑事と共に捜査を進めるうち、別の女性の失踪事件やとある政治家の影が浮上する――。

都会のオアシスと思えた喫茶店には、事件の過去と繋がっている客がいたのだった。そして地引運転手が後半に、真犯人をロイヤルホテルから乗せた可能性が高まる。

棟居刑事が活躍する傑作サスペンス!

11d9c3d32d264d19bebf0935d7e0a681

ドラマ化されている原作だけれど、小説を読みながら、観ていない映像を想像しながら楽しんでいる。棟居刑事を片岡鶴太郎さんがどんな芝居するのか、キャストがどのように「砂漠の喫茶店」で出会い演技したりするのを、空想する自由もあるのだった。そして再放送されたら空想と見比べる愉しみがあるだろう。

都会を舞台にしているけど、砂漠とオアシスなど暗喩イメージさせる作者の詩的表現が、人物たちと絡みあって、角川春樹さんが作者に短歌などを薦めたほど惚れ込んただのがわかる。『砂漠の喫茶店』というタイトルに惹かれたとうり、素晴らしいエンタメであった。

★★★★★


「森村誠一の終着駅シリーズ砂漠の喫茶店」

雷雨の樹海で殺された女と失踪した女、愛犬の接点が真犯人を解く。

「主と寝やろか 百万石取ろか、なんの百万石要らぬ主と寝よ、そうきたか」


◇出演者

片岡鶴太郎、岡江久美子、ベンガル、遊井亮子、中原丈雄、勝部演之、山西道広、井田國彦、本宮泰風、清水めぐみ、鶴田忍、赤羽秀之、市川勇、前田淳、神戸みゆき、真夏竜、平井真軌、三夏紳、石原和海、笠井一彦、磯部さちよ、大浦理美恵、西山知佐、如月ゆり、石田哲也、住吉五月、中島大介、大橋彩香、渡辺火山、浦山顕、鈴木信明、鷹觜喜洋子、加藤広恵、中西台治、でんでん、増沢望、西田健、秋野太作 


◇あらすじ

定年間近の老刑事・帯広は小さな喫茶店をみつけて、常連客と顔見知りになった。地引というタクシー運転手(ベンガル)とは、よく時間がかさなる。

店にはフリーライターの菊川(市川勇)、高層作業員の弘中(前田淳)、銀座のホステス・藤江(遊井亮子)など顔見知りの客が店主・北出(西田健)のコーヒーを味わっていた。

地引に言わせると東京の人間砂漠の中のオアシスで、牛尾もこの言葉に同感だった。寛いだ雰囲気の中、若い女(磯部さちよ)が、「犬を表につないでおいてよいでしょうか」と北出に声をかけてきた。牛尾が帰りがけに見ると、可愛いダックスフントが外に繋がれていたのだった。

数日後、牛尾は喫茶店コロポックルの表でまたダックスフントを見かける。ところが店内に入っても飼い主の女性の姿が見えない。北出によると、三日ほど前に連れてきた犬をそのままに帰ってしまったという。どうやらダックスフントは飼い主の女性から捨てられたらしい。

翌日に山梨県富士署の高倉刑事(真夏竜)が新宿西署に現れる。

富士山麓の樹海で若い女性の首吊り死体が発見されたのだが、その女性の住所が新宿西署管内だというのだ。女性の現場写真を見せられた牛尾は仰天する。コロポックルに犬を置いていった女性だった。彼女は新宿のクラブホステス・門井純子で、高倉によると現場の状況から自殺と断定するには少々疑問が残るという。高倉と純子のマンションに向かった牛尾は、残高が5千万円近くの預金通帳を発見する。何かホステス以外の収入源があったらしい。さらに妊娠・出産に関する本が、何冊も残されていた。高倉の話では、彼女は妊娠5カ月だったという。妊娠に関する本には、犬や猫を媒体として母体に影響を与える病気の項目にアンダーラインが引かれてあった。どうやら純子は、感染や病気を恐れて、泣く泣く犬を捨てたらしい。アルバムを見た牛尾は愕然とする。そこには彼女の子供のころからの家族写真が貼ってあったのだが、牛尾にとっては忘れることの出来ない顔が写っていた。十年前に資産家夫婦を殺害した容疑で門井正作(石田哲也)という男を逮捕した。そのとき十二三歳の門井の娘が、「お父さんは悪い人ではありません」と泣き叫んで牛尾を睨みつけた。門井は無罪を主張したが死刑の判決を受け獄中で病死した。そして1年後に、この事件の真犯人が捕まったのだ。明らかに誤認逮捕であり、牛尾にとってはいつまでも心の傷として残る痛恨事だった。その娘こそ富士の樹海で、不審死を遂げた純子だった。調べを進めるうち、純子が死んだのと時期を同じくして、彼女の同僚・村川弘美(大浦理美恵)が行方不明になっている事実が浮かんでくる。鍵は二人の勤めていたクラブにあるのではないか。牛尾から話を聞いたコロポックルの常連・藤江は自分がその店に鞍替えして情報を掴んでくると牛尾に協力を申し出る。


(企画協力:角川書店)

(製作担当:山田光男)

(製作調整:藤並俊一郎)

(製作主任:大橋和男)

音楽 大野克夫(選曲:小原孝司)(音響効果:大泉音映)

MA:関谷 行雄(映広))

(音楽協力:テレビ朝日ミュージック)

(制作:東映(東京撮影所)EX

テレビ朝日2006年放送

栃尾の油揚げ

E1a992881e304f32978cdcc8b3028586

でかいサイズに驚きます。

C3cd2c1f0f0440b9be1a44699ad46e9f

2024年1月22日 (月)

ドラマシリーズ「ミス・マープル(Marple)」米CBSが製作

ミステリーの女王アガサ・クリスティが生み出した人気キャラクター、ミス・マープルに題材を得たドラマシリーズ「マープル(Marple)」

CBSが製作。長編20作と短編12作に登場するミス・ジェーン・マープルは、英ロンドンの郊外にある架空の村セント・メアリ・ミードに住む老婦人。人間観察が得意で近所の噂話などから情報を集めて、難事件の真相を探り出していく。

CBSドラマシリーズは米カリフォルニアの小さな町を舞台に、祖母から書店を受け継いだ若い女性が私立探偵として町に潜んでいる謎に挑むと内容。

BBCMI-5 英国機密諜報部」のクリエイター、デビッド・ウォルステンクロフトが脚本を執筆して、クリスティの孫でアガサ・クリスティ社の代表を務めるマシュー・プリチャード氏と、同社の代表兼CEOのヒラリー・ストロングと制作総指揮をする。

名探偵シャーロック・ホームズを大胆にアレンジした「エレメンタリー ホームズ  ワトソン in NY」が人気となる。

ミス・マープル作品は数多く映像化されて、198492年にかけて英BBCで制作されたテレビ映画ではジョーン・ヒクソンが名探偵に扮し、0413年の英ITV版ではジェラルディン・マクイーワン(シーズン13)とジュリア・マッケンジー(シーズン46)が同役を演じていた。映画ではマーガレット・ラザフォードが主演した一連の作品や、アンジェラ・ランズベリーによる「クリスタル殺人事件」などあった。


シーズン2 BS11にて木曜日・夜再放送中。


ロンドン郊外の架空の村に住むマープルは、村の情報通で抜群の人間観察力と鋭い推理力を持つ老婦人だ。事件が起こると、自身の経験や、過去の出来事、村の噂などから推理を繰り広げていく。普段は村の人々と優雅にお茶を飲み、編み物や庭いじりなど、優しく上品な雰囲気を持つマープルだが、人々の生活に隠された真実を見抜く洞察力を持ち合わせている。シリーズ2作目。日本語字幕放送・全8


シーズン1

1 牧師館の殺人1

2 牧師館の殺人2

閑静な村で教区の会計責任者が射殺された。若い画家が自供するが、マープルらの証言で釈放に。遺留品から、何者かが副牧師を自殺に見せかけ殺そうとしたらしい。

3 スリーピング・マーダー1

4 スリーピング・マーダー2

ニュージーランドから来たリード夫妻は海岸を見渡せる別荘を購入。初めての家のはずなのに、夫人のグエンダは別荘の隅々まで知っている錯覚に陥いる。

5 バートラム・ホテルにて1

6 バートラム・ホテルにて2

マープルは気分転換にロンドンの格調高いバートラム・ホテルに滞在。犯罪とは無縁のような優雅な雰囲気のホテルで彼女を待ち受ける事件とは・・・?

7 復讐の女神1

8 復讐の女神2

新聞の死亡欄で、かつて事件解決に協力してくれら富豪の名を目にしたマープルは、彼の遺言状にあった調査を開始する。


シーズン2

1 牧師館の殺人1

2 牧師館の殺人2

閑静な村で教区の会計責任者が射殺された。若い画家が自供するが、マープルらの証言で釈放に。遺留品から、何者かが副牧師を自殺に見せかけ殺そうとしたらしい。

3 スリーピング・マーダー1

4 スリーピング・マーダー2

ニュージーランドから来たリード夫妻は海岸を見渡せる別荘を購入。初めての家のはずなのに、夫人のグエンダは別荘の隅々まで知っている錯覚に陥いる。

5 バートラム・ホテルにて1

6 バートラム・ホテルにて2

マープルは気分転換にロンドンの格調高いバートラム・ホテルに滞在。犯罪とは無縁のような優雅な雰囲気のホテルで彼女を待ち受ける事件とは・・・?

7 復讐の女神1

8 復讐の女神2

新聞の死亡欄で、かつて事件解決に協力してくれら富豪の名を目にしたマープルは、彼の遺言状にあった調査を開始する。


【出演】

ジョーン・ヒクソン

マーガレット・タイザック

アンナ・クロッパー

ヴァレリー・ラッシュ

ピーター・ティルバリー

ブルース・ペイン

ヘレン・チェリー

ジョン・ホースリー

監督デヴィッド・トッカー

原作アガサ・クリスティー

脚本T・R・ボーウェン

製作ジョージ・ガラッシオ

『アガサ・クリスティーの謎解きゲーム』(『アガサ・クリスティーのフレンチ・ミステリー』シリーズ2 原題: Les Petits Meurtres d'Agatha Christie 2)

アガサ・クリスティの小説をベースにしたフランスのコメディドラマシリーズのシリーズ2であり、2013年からフランス2で放送された。


解説

1950年代半ばから1960年代初頭を舞台に、ロランス警視(サミュエル・ラバルト)、ジャーナリストのアリス・アヴリル(ブランディーヌ・ベラヴォア)、ローランスの秘書マルレーヌ・ルロワ(エロディ・フランク)が登場する。


日本ではAXNミステリーで201611月から放送された。


シリーズ1は日本では『アガサ・クリスティーのフレンチ・ミステリー』という番組名で放送されている。


シリーズ3は、新キャストで1970年代のフランスを舞台にして制作されることが2019年に発表された。クリスティの名前を冠したタイトルは残るが、予定されているエピソードのほとんどは「クリスティの作品の精神を受け継いだ」オリジナル・ストーリーとなる予定である。


登場人物

メイン

スワン・ロランスサミュエル・ラバルト(英語版) - 警視

アリス・アヴリルブランディーヌ・ベラヴォア(英語版) - 記者

マルレーヌ・ルロワエロディ・フランク(英語版) - ロランスの秘書

リカーリング


アーネスト・トリカードドミニク・トーマス(フランス語版) - ロランスの上司


【エピソード】


魔術の殺人(原題:Jeux de Glaces

設定の主要なところは原作に沿っているが、多くの点で変更されている。一番大きな変更点は、結末で真犯人に共犯者がいることが判明する点である。

ローズマリー・ブスケカトリーヌ・ムシェ

エティエンヌ・ブスケオリヴィエ・ラブルダン

ジュリエットステファニー・カイヤール(フランス語版) 


忘られぬ死(原題:Meurtre au Champagne

主な登場人物が映画産業の関係者であるという設定になっているが、事件やトリック、真犯人などは概ね原作に沿っている。

エルビール・モレンコバエロディ・ナヴァール(英語版) - 被害者の女優

ジョルジュ・リロイジャン=フィリップ・エコフェ(英語版) - エルビールの夫

ダニエル・ハートマンアントワン・オッペンハイム - 映画監督

クロード・ケリガンクロード・ペロン - 脚本家、ハートマンの妻

ヴィクトール・ルブランルイス・イナシオ - エルビールの従兄弟、窃盗・横領の常習犯

ヴィオレットヴァレンティン・アラキ - リロイの秘書


もの言えぬ証人(原題:Témoin muet

原作に沿っているところもあるものの、人間関係や犯行動機などはアレンジされている。

アレクシナ・ロランスフランソワーズ・ファビアン(英語版) - ロランス警視の母

ジュヌビエーブ・ランソンナタリー・リシャール(英語版) - 被害者の秘書

エミリー被害者の裕福な老婦人

ベラ・シアティディスイザベル・デ・ハルトグ(英語版) - 老婦人エミリーの姪

ジョルジュ・シアティディスヴァンサン・シュミットベラの夫

シャルロット老婦人エミリーの姪

ルイ老婦人エミリーの甥

デイジー-使用人


なぜエヴァンズに頼まなかったのか(原題:Pourquoi pas Martin?

原題は「なぜマルタンではなかったのか?」の意。内容は原作に概ね沿っており、原作のボビーとフランキーの役をロランスとアヴリルが担っている。

ローランド・ドラヴァレシャーリー・デュポン(英語版) - 転落死現場に通りかかった男

トゥルヴィエ: - 転落死者の妹を名乗る

アルマ・サラザンアーリー・ジョヴァー - 診療所を経営する医者の妻

フィリップ・サラザン医師: - 医者 アルマの夫

アンドレ: - 屋敷の主人 サラザン医師の友人

シュザンヌ: - 屋敷の主人アンドレの妻

フレデリック-シュザンヌの息子


ハロウィーン・パーティー(原題:Meurtre à la kermesse

殺人を目撃したと主張した女の子がアップル・ボビングの水槽で溺死することと、犯人が濡れた衣服をカムフラージュするために花瓶を割ること以外はほぼすべて原作と異なる内容である。原題は「イベントでの殺人」の意。

カトリーヌ・ドラヴィグナンアンヌ・ロワレ(フランス語版) - 市長

ザビエル・トレマンニコラ・ブリデ(フランス語版) - 彫刻家


ひらいたトランプ

ゴルフ場殺人事件

ヒッコリー・ロードの殺人

殺人は容易だ

マギンティ夫人は死んだ

予告殺人

ジョニー・ウェイバリー誘拐事件

蒼ざめた馬

牧師館の殺人

スタイルズ荘の怪事件

カリブ海の秘密

茶色の服の男

鏡は横にひび割れて

第三の女

クリスマスの犯罪(クリスティ作品を原作としない)

三幕の殺人

ポアロのクリスマス

シタフォードの秘密

白昼の悪魔

ゼロ時間へ

死との約束

朝食の死体(クリスティ作品を原作としない)

〈出典Wikipedia〉より

2024年1月21日 (日)

以遊無窮者、彼且悪乎待哉

『荘子』逍遥遊篇

a、「天地の正に乗じ、六気の弁に御して、もって無窮に遊ぶ者は、かれはたなにをか待たんや〔以遊無窮者、彼且悪乎待哉〕。故に曰く『至人は己無く(自己に固執せず)、神人は功無く(作為を施さず)、聖人は名無し(至人は名声に関心を抱かぬ)」(P38

b、「山に神人の居るあり。五穀を食わず、風を吸い、露を飲む。雲気に乗り、飛竜に御して、四海の外に遊ぶ」(P42

2)斉物論篇

 「夫子に聞く。『聖人は務めに従事せず、利に就かず、害を違らず、求むるを喜ばず、道に縁らず、謂うことなきも謂うあり。謂うことあるも謂うなくして、塵垢と」(P81

3)人間世篇

「物に乗じてもって心を遊ばしめ、已むを得ざるに託してもって中を養わば至れり」(P119

4)徳充符篇

a、「魯に、兀者(足切りの刑に処せられた人間)王駘あり。これに従いて遊ぶ者、仲尼(孔子〕あいしく、常季〔孔子の弟子〕仲尼に聞いて曰く、『王駘は兀者なり。これに従いて遊ぶ者、夫子と魯を中分する。立ちて教えず、座して議せず、虚にして往き、実にして帰る。もとより不言の教あり、形なくして心成れる者か。これ何人ぞや』。仲尼曰く、『夫子は聖人なり。丘やただに後れていまだ往かざるのみ。丘もって師とせんとす。而るをいわんや丘にしかざる者をや』」(P135

b、「かの然るがごとき者は、はた耳目の宜きところを知らずして、心を徳の和に遊ばしむ」(P137

c、「徳長ずる所あれば、而ち形忘るる所あり。人、その忘るる所を忘れずして、その忘れざる所を忘る、これを誠忘という。故に聖人は遊ぶ所あり、而して知を孽〔災い〕となし、約を膠(接着剤〕となし、徳を接(補足)となし、工を商となす。聖人は謀らず、いずくんぞ知を用いん。斲らず、いずくんぞ膠を用いん。喪うなし、いずくんぞ徳を用いん。貨らず、いずくんぞ商を用いん」(P152

4)大宗師篇

a、「堪坏これ〔「道」〕を得て、もって崑崙に襲る。馮夷これを得て、もって大川(黄河)に遊ぶ。肩吾これを得て、もって太山の処る。・・・」(P168)〔堪坏、馮夷、肩吾は、解説によれば神仙〔神通力をもった人〕のこと〕

b、「たれかよく天に登り、霧に遊び、無極に・・・」(P180

c、「孔子曰く、『かれは方〔法律〕の外に遊ぶ者なり。而して丘〔きゅう:孔子〕は方の内に遊ぶ者なり。外内あい及ばず。而るに丘、なんじをして往きてこれを弔せしむ。丘はすなわち陋なり。かれはまさに造物者と人となりて、天地の一気(宇宙の根元)に遊ばんとす」(P180181

d、「『なんじ何を持ってかの遥蕩恣睢〔動揺したい放題〕転徒の塗に遊ばんとするか』。意而子曰く、『然りといえども、われ願わくはその藩に遊ばん』(P188


5)応帝王篇

a、「予はまさに造物者とともに人たらんとす。厭けばまた、かの莽眇〔多くの微小なもの、深遠、また軽いさま〕の鳥に乗じて、もって6極の外に出でて、無何有〔無為〕の里に遊び、以ての野に拠らんとす」(P198

b、「〔明王=賢明な君主〕名を挙ぐるなく、物をして自ら喜ばしむ。不測に立ちて無有に遊ぶ者なり〔立乎不測而遊於無有者也〕」(P200

6)外篇

a、「臧問と穀と二人あいともに羊を牧してその羊を亡う。臧に奚(なに)をか事とせしと問えば、筴を挾みて書を読むという。穀に奚をか事とせしと問えば、博塞してもって遊ぶという」(P223

b、「子貢、南のかた楚に遊びて、晋に反り、漢陰を過ぎて、一丈人のまさに圃畔(ほけい)をなさんとするを見る」今われ雕陵〔丘陵の名前〕に遊びてわが身を忘れ、異鵲〔鵲はカササギ〕わが顙〔額〕に感れ、栗林に遊びて真を忘る」(P247

c、「嘗みにあいともに無何有の宮に遊び、同合して終窮するところなきを論ぜんか。嘗みにあいともに無為ならんか」(P259

7)雑篇

a、「われわが子と遊ぶところは、天地に遊ぶなり。われこれと楽を天に遨(あそびまわる〕え、われこれと食を地に遨う」(P291

b、「なんじとともに遊ぶ者またなんじに告ぐるなし。かれの小言するところは、ことごとく人毒なり。覚(さと)すことなく悟ることなし。なんぞあい孰(つまびら)かにせんや。(P313

c、「巧者は労して知者は憂う。無能なる者は求むるところなく、飽食して豪遊す。汎として繋がざる舟のごとく、虚にして豪遊する者なり。」(P313

大濱晧:『荘子の哲学』より

E14d4484005447d3bd17ba2154f9468bBfbacdef0cfb45b1aa81aedec2ad8c1b7a150ff2604e4789868c24cb65af25fd

2024年1月20日 (土)

江戸川乱歩 『悪霊』<完結版> : 今井 K:

美しい未亡人が全裸死体となって、土蔵内という密室で発見された! 

江戸川乱歩が昭和初期に執筆した小説「悪霊」は完成せず、あの恐ろしい事件の真相は永遠に謎のままになってしまった。

そこで残された乱歩の原文を徹底的に分析して、事件の解明を試みた作家が現れた。乱歩の描いた「悪霊」の原文から浮かび上がってくる「犯人」「暗号」「密室」の真相が90年ぶりに明らかにされる。


今井 K : 推理作家。1967年、東京生まれ。

会社員として個人出版したのち、文芸社より作家デビュー。

江戸川乱歩の作家デビュー100周年であった2023年に、乱歩の未完作『悪霊』を完結させた。

既刊書に『影の犯人』(2021年)、『ヴィーナス』(同)等がある。

ペンネームの「K」とは、“Key”(=鍵)の頭文字。

20242月、『そっくり劇場の殺人』が文芸社より発売予定。

2024年1月19日 (金)

江戸川乱歩『悪霊』は未完の小説

今日119日はアメリカ合衆国の小説家、詩人、評論家であるエドガー・アラン・ポーの誕生日です。

彼を尊敬する作家がエドガーランポから、江戸川乱歩のペンネームをつけた。

江戸川乱歩は1894年生まれ、エドガー・アラン・ポーは1849年没。

子供の頃から、日本の探偵小説などに親しんで、早稲田大学在学中の1914年ごろに、エドガー・アラン・ポーやコナン・ドイルの探偵小説に出合い、乱歩に影響を与えたのは、「暗号もの」と呼ばれる小説で、ポーの代表作である「黄金虫」と呼ばれる暗号ものに触発される。

乱歩自身も「孤島の鬼」「黄金仮面」「化人幻戯」「ぺてん師と空気男」など、暗号ものの小説を多く残している。


しかし1933年に〈新青年〉昭和811月号から昭和91月号まで連載した探偵小説は、完成に至らず未完となっている。


江戸川乱歩『悪霊』あらすじ

小説家の「私」はとある失業者の男から無理矢理に、犯罪記録を二件売りつけられる。その犯罪記録は祖父江進一が、岩井坦という人物に送った手紙の束であった。

祖父江が顔見知りの未亡人の家を訪ねたところ、鍵のかかった密室で全裸の遺体で発見される。警察の調査によると遺留品として、謎のマークが書かれた紙が発見された。

その後の調査で事件当日に、奇妙な紳士と和服の女性が未亡人の家を訪ねていたのが発覚したが、それ以上の情報は得られなかった。捜査が難航する中、祖父江は霊媒師に犯人を透視する事を提案した。

祖父江の前で降霊術を行った霊媒師は、この後もう一つ殺人事件が起こると語る。さらに犯人は祖父江を含めた5人の中にいると口にした。一体犯人は何者なのだろうか。


【青空文庫】『悪霊』

https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/card57515.html


【連載中止】

『新青年』編集部の懇請に応じて執筆したが、大衆小説を書いていた乱歩は2年ぶりの本格推理小説復帰と注目された。しかし途中で乱歩が創作意欲をなくし、2号続けて休載した後に4月号に読者へ「失敗のひとつの理由は、種々の事情の為に、全体の筋立ての未熟のまま、執筆を始めた点にもあったと思いますが、抜け殻同然の文章を羅列するに堪えませんので、ここに作者としての無力を告白して、『悪霊』の執筆をひとまず中絶することに致しました」との詫び状を掲載。

その後も執筆が再開されることはなく、乱歩の死によって永遠に未完の作品となっている。

『修繕寺わが愛と死』西村京太郎

『修繕寺わが愛と死』

鎌倉幕府を彷彿させるお家騒動の真相とは!

六国デパートの秘書だった十文字多恵子が絞殺され、デパートの内紛を描いた原稿が残された。

被害者の豪華マンション暮らしに疑問を抱く十津川警部。そこで友人編集者の田島から、彼女が「修善寺わが愛と死」という小説をコンクールに応募していたと原稿を渡される。

それは彼女が鎌倉幕府・源頼朝から三代の興亡と重ねて、元職場の老舗六国デパートのお家騒動を描いていた。

彼女はこの小説が危険視されて、殺されたのか。二代目・三代目社長が不審死していることを知る。捜査が進むほど、疑惑の色は濃くなるが証拠はない。被害者よ多恵子は切り札を、用意して何処かに隠していたらしい。三代に起こった亀裂に潜んでる闇。六国の取締役陣に捜査協力を求めるも、意外な処から次なる殺人が



十津川警部『 L特急しまんと殺人事件』西村京太郎(双葉文庫)

警視庁捜査一課の三田村刑事は四国へ旅に出たまま行方不明になった叔父夫妻を探し出すため、従妹と一緒に旅に出た。

旅の途中で二人が乗った特急しまんとの車中で殺人事件が発生し、さらに足摺岬での転落死事件を巡り、叔父が容疑者として追われることになった。二つの事件を結ぶ見えない糸を辿り、十津川警部は四国へ向かった。


  • 十津川省三:警視庁捜査一課の警部。

  • 亀井定雄:警視庁捜査一課の刑事。十津川警部の相棒。

  • 三田村功:警視庁捜査一課の刑事。十津川警部の部下。叔父で育ての親が行方不明になったと知らされ、従妹の吉田あやかと四国へ捜索に行く。

  • 西本明:警視庁捜査一課の刑事。十津川警部の部下。

  • 日下淳一:警視庁捜査一課の刑事。十津川警部の部下。

  • 北条早苗:警視庁捜査一課の刑事。十津川警部の部下。

  • 本多時孝:警視庁捜査一課長。十津川警部の上司。

2024年1月18日 (木)

金曜ロードショー「かがみの孤城」

日本テレビ系

202429日(金)午後9時~119

原作:辻村深月「かがみの孤城」(ポプラ社刊)
監督:原恵一
脚本:丸尾みほ
声の出演:當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴、矢島晶子、美山加恋、池端杏慈、吉村文香、藤森慎吾、滝沢カレン、麻生久美子、芦田愛菜、宮﨑あおい

【予告編】

https://youtu.be/rsKXExsmB3A?si=sxclN_jgwnI0uwKq


原恵一が監督を務めた「かがみの孤城」金曜ロードショーで2月に地上波初放送https://news.mynavi.jp/article/20240112-2861626/

西村京太郎トラベルミステリー 山形新幹線つばさ129号の女

謎の駅に2分停車の盲点黒いロープとサクランボの殺意!!

(企画時タイトル山形新幹線殺人ルート

 2024年1月18日午後8時BSテレビ朝日放送


警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)たちは、今注目の新人歌手・蘭カオル(芹澤みづき)が殺害された事件を捜査していた。蘭カオルの父・柴田秀夫(螢雪次朗)をはじめ、彼女と親交のあった誰もが被害者は恨みを買うような人柄ではないと口を揃えるが、鈍器で頭部を殴られた後、とどめをさすように黒いロープで首をしめられるという酷い殺され方だった。

十津川は犯人がなぜ黒のロープを用いたのかが気になるが、松山刑事(宇梶剛士)が栃木県内にあるロープ工場に足を運んで調べたところ、都内だけで200もの店舗に出荷されており、購入者を突き止めるのは難しかった。その捜査からの帰り、松山は東北新幹線の車内で懐かしい人物と出会う。偶然、隣の席に、幼なじみの矢代圭子(酒井美紀)が座っていたのだ。小学生のとき彼女が山形県に引っ越して以来の再会で、圭子は現在、都内の出版社に勤務し、旅行情報誌の編集を担当しているという。2人は思いがけない再会を喜び合う。数日後、女優の小池祐子(松本若菜)が仙台市内で死体となって見つかった。頭部を鈍器で殴ったのちに黒いロープで絞殺、という手口が蘭カオルの事件と酷似しており、宮城県警に確認したところ、凶器のロープの材質や色はもちろん、長さまでまったく同じと判明、同一犯による犯行と思われた。

犯人は、蘭カオルと小池祐子の2人に恨みを抱く人物なのか…!?だが、十津川たちが必死に捜査を続けても、2人の接点が見つからない。そして、なぜ小池祐子が仙台まで出かけていったのか、その目的も謎に包まれていた。そんな中、山形県内で取材中の圭子から松山に電話が入る。圭子は事件当日の朝、東京駅で女優の小池祐子が「東北新幹線やまびこ129号」に乗車したのを見たという。その際、ホームの物陰から40歳ぐらいの女性が小池祐子のことをにらんでいたのを目撃したと話す。松山たちが調べたところ、その女は小池祐子の所属する事務所社長・藤沢時彦(神保悟志)の妻・静江(筒井真理子)だとわかる。藤沢と小池祐子は以前から男女の関係にあり、静江は浮気の現場を押さえようと思って東京駅で張り込んでいたが、夫が現れなかったため帰宅したと主張。静江は帰宅後、不動産業者と電話でやりとりしており、確固たるアリバイがあった。その矢先、歌手の蘭カオルとひそかに交際していた音楽番組ディレクターの倉田功(倉田てつを)が、一方的に別れを告げられ、彼女に恨みを抱いていたことが発覚。倉田は蘭カオルが殺された夜のアリバイはあるが、小池祐子が殺害された日は休みを取っており、アリバイはなかった。同じように、静江にも小池祐子が殺された日のアリバイはあるが、蘭カオルの事件の日の行動は証明できなかった。

もしや、この事件は静江と倉田による「交換殺人」ではないか…!?十津川たちは2人の動きを張り込むが、その直後、女子大生の白根愛美(石丸佐知)がまたもや同じ手口で殺されて…!?

【テレビ朝日広報より引用】

2012年制作


【出演】

十津川警部(高橋英樹)、亀井刑事(高田純次)、矢代圭子(酒井美紀)、松山刑事(宇梶剛士)、西本刑事(森本レオ)、北条刑事(山村紅葉)、藤沢静江(筒井真理子)、藤沢時彦(神保悟志)、木下直也(渋江譲二)、倉田功(倉田てつを)、捜査一課刑事(野上幸造)。


本作から亀井刑事役が従来の愛川欽也から高田純次さんに交代。

「亀井刑事を演じて、もう10年になるんですね。歴史ある素晴らしい作品に参加できて本当に光栄でした。

劇団出身なもので、列車に乗っていろいろな地方に赴くことができるのがうれしくて仕方がなかったです。

しかも、英樹さん演じる十津川警部は非常に優秀な方なので、彼についていけば、必ずや2時間以内に事件を解決できますしね(笑)。

いちばんの思い出は、初参加だった「山形新幹線つばさ129号の女」(2012年)。村川透監督の故郷・山形を舞台にした作品で、食事もおいしかったし、監督の知り合いの方もいっぱいいらして、監督としても気合いが入った作品だったと思います。」

〈高田純次さん〉

2024年1月17日 (水)

卵焼き

10c5a2f8a39e424aa9363d01a5e6d4c7

新しい皿に盛りつけて

2024年1月16日 (火)

おでん鍋

22d2171e70b44f338740eef146d56e86

朝から大根と玉子に味が染みるよう仕込んでおりました。

2024年1月15日 (月)

『湘南アイデンティ』西村京太郎

『湘南アイデンティ』西村京太郎

湘南に住む30代でエリート五人の男たちに、毎週一夜同棲契約という奇妙な提案をする女性、小早川恵が現れた。

そのエリートのひとりで、ベンチャー企業社長・岸川を湘南まで追ってきた女性秘書が殺害されるのだった。

そほ捜査に乗り出した十津川警部の元に、小早川恵と五人の男たちの関係を書いた手紙や写真が届いた。十津川は男たちのなかに犯人がいると、判断して捜査の網を絞っていく。

小早川恵の本来の目的とは何か?

これが本書の底辺となっている。



『萩・津和野に消えた女』西村京太郎

木下由美子が、「あいつを殺しに行って来ます」という置手紙を残して姿を消した。そして恋人の白井も後を追うように姿を消したのだ! やがて山口県萩で白井の撲殺死体が、そして津和野城跡で由美子の服毒死体が発見された。由美子が白井を殺害したあとで自殺をはかったのか!? が、二人の死に不審を抱いた十津川は、捜査を開始する。二転三転する事件

「あいつ」の正体は? 

(事件が真相に近づくと、どんどん後味がよろしくない後半展開だった。)

2024年1月14日 (日)

『十津川警部 告発』西村京太郎

雲仙温泉で音響メーカー、メディアX研究所所長の原口利夫の遺体が発見された。長崎県警の協力要請を受け、十津川警部が捜査を担当することになった。その事件を機にメディアXに関連する事件が多発した。

事件の解明へ突き進んだ十津川警部は、国家が絡んだ壮大なプロジェクトの正体を掴んだが……!?


十津川警部の旧友・原口が雲仙で死体として発見された。彼は生前、何かにひどく怯えていたという。十津川は原口の勤めていた会社・メディアX社に赴く。捜査が進むにつれ、その会社のきな臭い噂が耳に届いた。


SF小説のような展開は、十津川警部シリーズでも異例なものだろう。推理ドラマよりも意外性が突出して、十津川警部がアクション映画のように活躍する。なかなかワクワクする活劇が楽しめる作品だ。

それにしても句読点が相変わらず多い文章は、なんとか読みやすく推敲していただきたいものである。

作者が他界されているので、編集者が令和新装版にしても良いのでは。

2024年1月13日 (土)

土曜お昼のミステリー『闇の脅迫者 江戸川乱歩の《陰獣》より』

BSテレ東

2024/01/13(土)11:3013:30

秘密の壁穴から覗かれた白い肌豪邸夫人をつけ回す謎の男の正体を、推理作家は突き止められるか?


◇あらすじ
人気推理作家の寒川(佐野史郎)は、インテリア家具の会社を営み、寒川作品のファンだという女性・小山田静子(川島なお美)からある相談を受けた。その相談とは、静子がかつての恋人であった男から、執拗なストーカー行為をされているというものだった。しかも、「必ず復讐してやる」という気味の悪いメッセージをメールで送り続けるその男は、寒川が唯一嫌っている正体不明の作家・大江春泥(吉満涼太)だという。清楚で美しい静子の不安げな様子を見て、寒川は締め切りの迫る自分の原稿もそっちのけで、大江春泥こと平田一郎を探し出すと約束する。寒川は交流の深い警視庁の糸川警視正(山下真司)に、それとなくストーカー行為規制法の適用条件について確認。さらに馴染みの編集者・本田恭子(佐藤仁美)に大江の情報を集めさせた。そして、沢田(佐藤二朗)というカメラマンが、大江と接触したことがあるという恭子の情報をもとに、寒川は沢田から大江の写真を入手する。寒川は静子にその写真を見せ、大江かどうかを判別してもらう。手で顔を隠した瞬間をとらえた写真を見て、静子は平田の感じに似ているとつぶやくのだった。今もどこかで自分は見られているのかと、不安がる静子。しかもその日の夜は、夫の小山田六郎(中丸新将)が出張で留守だという。静子が一人になるのを心配した寒川は、小山田家を訪れることを決意する。その夜、小山田家の呼び鈴を鳴らした寒川は、静子がおびえた表情で現れたことに、何かが起こったことを感じとる。聞けば、平田一郎から気味の悪いメールが送られ、静子の生活を一部始終覗き見していると思わせるメッセージを受け取ったのだという。寒川は、カーテンの閉じられた部屋を外部から覗き見ることは不可能と判断。しかし静子はどこかに平田の気配を感じると主張する。ぞっとする寒川であったが、偶然倒してしまった花瓶の水が不自然に床を流れるのを見て、家の構造がおかしいことに気がつく。壁の厚みを入れても一メートルほどの誤差があるのだ。外に出て建物全体を見渡した寒川は、物置の配置に疑問を持ち、さらにその奥の壁に隠し扉があることを発見した。その扉を開け、狭い通路を進んでいくと、なんと居間や寝室が覗き見できる細長いスペースが現れたのだった。衝撃の事実に取り乱しそうになる静子。寒川はその場に、ボタンが一つ落ちているのを発見する。静子から、この家を購入した経緯を聞くと、夫の小山田六郎がすべての手続きを行ったのだという。寒川は、平田があらかじめ覗き見のできる家を作っておいて、小山田夫妻に買わせるように仕向けたのだと推測する。深刻な事態に、警察への報告をすすめる寒川に対し、静子は夫にすべてを話してからにしたいと返答した。ところが翌日、静子の夫・小山田六郎が、公園で死体となって発見された。平田の仕業なのか?静子に惹かれる寒川は、知らず知らずのうちに事件の渦中に引き込まれていく…。


【出演者】

寒川佐野史郎

小山田静子川島なお美

本田恭子佐藤仁美

小山田六郎中丸新将

沢田佐藤二朗

糸川警視正山下真司

【原作】江戸川乱歩「陰獣」(角川書店・角川ホラー文庫刊)

【脚本】尾崎将也

【演出】国本雅広

2024年1月12日 (金)

十津川警部「出雲神々の殺人事件」西村京太郎

「神々の殺人の始まりだ」――謎めいたメッセージの意図とは!?

「神が人を殺した。これは神々の殺人の始まりだ」連続殺人の刺殺体の上には奇妙なメモが残されていた。十津川警部はメモを手がかりに出雲へ。そして無人島・祝島に辿り着き、島の神主の息子を容疑者と特定するが

神無月に起こった連続殺人事件は、全て若い女性たちが被害者だった。

祝島の神社からやってきた男が容疑者として浮かんで、十津川と亀井は捜査を厳しく追及する。神の代わりに天罰を与えている狂気の犯罪である可能性が高まっていく、神の存在を信じない人々を殺めてから行方をくらましてしまう。出雲神社の若い巫女さんを誘拐して、祝島へ向かったらしいのだった。

2024年1月11日 (木)

『十津川と三人の男たち』西村京太郎

『十津川と三人の男たち』西村京太郎

<四国=東京駒沢=軽井沢

特急列車の事故と連続殺人を結ぶ鍵とは

十津川は事件の意外な真相を見破った―― 

JR土讃線で特急南風9号が脱線。大手薬局チェーン会長大河内の姪で営業部長の由美が、四国の三人組ローカルお笑いタレントによって車中から救出された――感謝した大河内は三人に全国ネットのTV番組を提供する。動物探偵トリオというコミカルな番組設定で、彼等の発案も生かされて制作されるのが面白い。一か月足らずで、人気番組となるのだが、出演料金を上げろというと、なんと特別手当で一千万円が振り込まれる。

そして駒沢の公園では羽田自動車社長・羽田五郎が、サイレンサー改造拳銃で射殺された。十津川警部が捜査に乗り出すが、その後、軽井沢で強盗殺人事件が発生し、丸田幸恵が殺害される。

警視庁と長野県警の合同捜査になり、やがて二つの殺人事件の容疑者として三人組のお笑いタレントが浮上して、身柄を確保し取り調べが始められた。

三人組が事件に巻き込まれていく展開はスリリングなのだけれど、十津川からの捜査の描写がやたらと複重して、同じ経過を何度も読まされる。刑事部署の違いから、また事件経過について語られるのは、小説としての機能が良い方向に働いてない。多忙な原稿に追われて書かれたのは、句読点の異様な多さにも現れている。編集者は読者側に立って推敲すべきだろう。

三人組の犯罪過程については、しつこい繰り返しがあったのに、結末は読者任せになってしょぼい結末。

前半が色々と工夫されたミステリーだけに、後半はご都合な展開というかエンタテイメントとして、どうかなと残念な作品。

2024年1月10日 (水)

小冊子『熱風』2024年1月号の特集は「保護犬」です。

2024年1号初詣≫口絵From Pak Thong Chai 60(写真&詩 カンヤダ)

特集/保護犬

C9ce75fb11a64792ba1f80f40c1d4538

ピースウィンズ・ジャパン代表理事 大西健丞 インタビュー


「日本から犬猫の殺処分をすべてなくしたい」

ピースワンコ・ジャパン見学記

特別インタビュー/

スタジオジブリ トリビュートアルバム『ジブリをうたう』

プロデューサー 武部聡志


ジブリ映画音楽に新たな息吹を加えられたら

特別寄稿/旅を書く

書かれた日記と失われた写真~ベトナム紀行~ 川内有緒

連載

13

()いしい商店(いしいひさいち)

――ナンセンス・ドライ

77

シネマの風(江口由美)

――[今月の映画]『哀れなるものたち』


新連載

クサツネ(高田晃太郎)

――ロバと歩く日本

18

へそ曲がりメカ放談(福野礼一郎)

――腕時計

12

日本の「地の塩」をめぐる旅(辻山良雄)

――旅の合間に。3

17

Teeny Tiny ひと見開きの小さな世界(北原明日香)


執筆者紹介

ジブリだより / おしらせ / 編集後記

【ジブリ公式サイト】

https://www.ghibli.jp/shuppan/np/

2024年1月 9日 (火)

中村メイコさん追悼の言葉、黒柳徹子さん

【黒柳徹子さんのコメント(全文) 】

 メイコさんと最後に会ったのは今から二週間前の「徹子の部屋」でした。丁度クリスマスの日でした。
メイコさんは元気で「私が死んだら弔辞はあなたが読むのよ」なんて言ってました。
しょっちゅうそういうことを言っていたので、特別なこととは思いませんでした。番組のおわりで「メイコさん、夢は?」と伺ったところ「犬の役も猫の役もトンビの役もやったからないのよね~」が喜劇女優、最後のセリフでした。
メイコさんは幸せだったと思います。家族みんなが理解してくれていたからです。二歳から仕事をしてたんですから、私から見ると変わっていましたが周りのみんなが、彼女にあわせて大切にしてくれていたからです。ふだん会うと「知らなんだ知らなんだ」と芝居じみたセリフを言ってよく笑わせてくれました。眠る様に亡くなったと伺いました。デリケートな彼女が悩むことなくあちらの世界に逝かれたのは、私にとっては心がやすまる事です。会うたびになんかちょっとしたプレゼントを下さる方でした。寂しくなります。

令和六年一月七日
黒柳 徹子

2024年1月 8日 (月)

『浅見光彦の事件簿』BS Japanext 【おはよう8時のミステリー】 火曜~木曜08:00~09:55

水谷豊が演じるルポライター・浅見光彦が難事件を直感と推理で解決していく

浅見光彦ミステリー

1/4(木)①平家伝説殺人事件

連続転落死事件の奇妙な符号を追え!!

浅見光彦ミステリー第1弾。「難事件を直感と推理で解決していくルポライター・浅見光彦の活躍を描く。浅見光彦を水谷豊が演じ、名探偵ぶりと茶目っ気を遺憾なく発揮している。

母親と高知に向かうフェリーの旅を楽しんでいたルポライターの光彦(水谷豊)は、甲板で教由という男から平家の落人の村・相ノ川に帰る途中なのだと話しかけられる。男が去って間もなく、悲鳴とともに男の姿が船上から消える。一年後、光彦が乗っていたフェリーの船員が自殺をはかる。光彦の直感が2つの事件の真相を解き明かしていく。

原作 内田康夫「平家伝説殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 藤井克彦

出演 

水谷豊・・・・・・・浅見光彦

有森也実・・・・・・稲田佐和(教由の姪)

乙羽信子・・・・・・浅見雪江(光彦・陽一郎の母)

高橋悦史・・・・・・浅見陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)

松山政路・・・・・・稲田教由

泉晶子・・・・・・・浅見和子(陽一郎の妻)

 

1/9(火)②天城峠殺人事件

ひき逃げされた男はどこでひき殺されたのか?

ルポライターの光彦は、車の免許を取得したばかりというアイドルスターの夕紀(花輪)にインタビューした。

1ヵ月後、光彦は取材先の伊豆で朝美(加納)という女性と知りあった。天城峠で約1カ月前に車にひき逃げされた亡父・章夫(木曽)が、貼り歩いていた「下司」という千社札をたよりに、父の足跡をたどるらしい。ひき逃げ犯はわからず、死体は死後推定10日たっていた。

夕紀がマネージャーの藤田(金田)と心中した。あんなに元気だった夕紀が自殺だなんてと、疑問をもった光彦は夕紀が出演していたドラマの関係者に話を聞いた。岩手県大船渡でロケのあと、夕紀の所属事務所社長・武上(角野)、夕紀、藤田マネージャーの3人でドライブに出かけてから以後、夕紀の表情が暗くなったことがわかった。3人がドライブした途中のある神社で、光彦は「下司」の千社札を発見、朝美を呼んだ。控え目に貼ってあった千社札は父の物だという。

原作 内田康夫「天城峠殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 藤井克彦

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・・浅見光彦

加納みゆき・・・・・小松朝美

木曽秋一・・・・・・・小松章夫

花輪理惠・・・・・・・桜井夕紀

金田明夫・・・・・・・藤田真二

角野卓造・・・・・・・武上社長

スタッフ・・・・・・・ 内藤剛志

乙羽信子・・・・・・・浅見雪江

 

1/10(水)③佐渡伝説殺人事件

殺人犯として疑われた光彦は、31 年前の佐渡の悲劇をつきとめた。

ルポライターの光彦は出版社の塚原社長()と酒を飲み、1人で帰宅する途中、男の死体を発見。その瞬間、何者かに麻酔薬をかがされ意識を失い、気がつくと殺人容疑で逮捕されていた。死体の身元は会社役員の駒津(由井薗)。光彦は警察庁幹部の兄(高橋)に頼んで釈放され、真相究明に乗り出した。数日後、駒津の大学時代の友人で大学教授の三輪 (石浜)の死体が佐渡で発見された。

2つの事件に関連があるとみて佐渡へ渡った光彦は三輪の死体が見つかった所に花を供える女性(鮎川)を見かけた。追跡するとある河原の地蔵に白いカーネーションを手向けた。 31年前、女の子を連れた女性の生き倒れがあり、女の子だけ大学生に保護されたと地元の人に聞いた。白い花の女性こそ31年前の女の子ではないかと思う。帰京した光彦は、駒津と三輪の共通の友人の代議士・谷田部(渥美)から呼び出される。

原作 内田康夫「佐渡伝説殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 藤井克彦

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・・・浅見光彦

高橋悦史・・・・・・・浅見陽一郎

ポール牧・・・・・・・塚原為男

由井薗武彦・・・・・駒津良雄

石浜朗・・・・・・・・・三輪昭二

渥美国泰・・・・・・・谷田部健司

鮎川いずみ・・・・・小林みちこ

乙羽信子・・・・・・・浅見雪江

橋本功・・・・・・・・・宮本刑事

殿山泰司 ・・・・・・・佐美屋の老人

 

1/11(木)④美濃路殺人事件

学童疎開が生んだ殺人事件。40年前の怨みを追うルポライター

宝石商の月岡(勝部)が宝石と現金をもったまま姿を消し、姿なき殺人と騒がれる。雑誌社に依頼されて、ルポライターの光彦も取材するが、編集長はできあがったルポに迫力がないと気に入らない。「あんたに殺人事件はむかないな」と、改めて美濃紙の取材を命ずる。 光彦が美濃で和紙を取材していると、ちかくの犬山で月岡の友人・高桑(武藤)が殺された。つづいて、月岡の死体が美濃の川に浮いた。高桑の殺された現場には1枚の和紙が残されていた。 光彦は宮城県白石産の和紙とつきとめる。月岡と高桑40年前に学童疎開したのが白石だった。光彦が二人の同級生を訪ね歩くうちに、一人の男が浮かびあがってくる。

原作 内田康夫「美濃路殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 吉川一義

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・・・浅見光彦

岩崎良美・・・・・・・月岡ミキ

乙羽信子・・・・・・・浅見雪江

高橋悦史・・・・・・・浅見陽一郎

勝部演之・・・・・・・月岡和夫

柳川慶子・・・・・・・月岡千代子

武藤章生・・・・・・・高桑雅文

和泉史郎・・・・・・・高桑義雄

三谷昇・・・・・・・・・古田行三

川辺久造・・・・・・沢口福男

 

1/16(火)⑤越後路殺人事件

連続殺人事件の上にくしくも交錯する現代の虚業と幼い日の悲しい記憶

ルポライターの光彦 は、鎌倉で10年ぶりに大学の先輩・宏(樋浦)と会う。宏は失業中だった。3日後、釣りに出た宏が水死体となって発見された。警察は自殺とみたが、宏の妹・肇子(黒木)は他殺だと確信している。宏の死を知らせにきた肇子を送って行った光彦は、血まみれで倒れている肇子の母・睦子 ()を発見する。「シシ・ハマダ」といって睦子は息絶えた。兄の警察庁刑事局長・陽一郎(高橋)から光彦は、「事件に首をつっこむな」とクギをさされる。

陽一郎は、手配中の投資顧問会社社長が水死体となった事件で忙しい。睦子の遺品に新潟の小学校同級生からのはがきをみつけ、光彦は肇子と新潟へ飛ぶ。労働者風の男2人を尾行する。

原作 内田康夫「越後路殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 吉川一義

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・浅見光彦

高橋悦史・・・・・浅見陽一郎

乙羽信子・・・・・浅見雪江

黒木瞳・・・・・・・漆原肇子

樋浦勉・・・・・・・漆原宏

鳳八千代・・・・・漆原睦子

戸浦六宏・・・・・矢野隆一

木村元・・・・・・・谷山

 

1/17(水)⑥唐津・佐用姫伝説殺人事件

黄色い砂と謎めいたメモ・・・手掛かりが示す謎

浅見光彦ミステリー第6弾。

ルポライターの光彦は、母親の代理として陶芸家・登陽(内藤)の個展にでかける。案内してくれた弟子の久子()が、師匠の子・忠緒()を見る様子から、光彦は2人が恋仲だと思ったが、忠緒には婚約者がいた。

かつて登陽をけなした評論家景山が現われると、登陽は「帰れ!」とどなりつけた。しかしその夜、景山がホテルで殺されてしまう!事件を知った光彦はホテルへ向かうが、そこで奇妙な手がかりを知ることになる。

原作 内田康夫「佐用姫伝説殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 藤井克彦

出演 

水谷 豊・・・・・・浅見光彦

乙羽信子・・・・・・浅見雪江(光彦・陽一郎の母)

高橋悦史・・・・・・浅見陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)

遥くらら・・・・・・成沢久子

小野みゆき・・・・・村田さと子

泉 昌子・・・・・・浅見和子(陽一郎の妻

 

1/18(木)⑦備後路殺人事件

失われた記憶を求めて伝説の町を訪ねた女を死が待ち受ける。

浅見光彦ミステリー第7弾。ルポライター・浅見光彦は、義姉にだまされてお見合いをした相手の女性・正法寺美也子(丸山秀美)に好感を抱いた。

美也子は学生時代、広島へ友人と旅行、台風に遭い、がけ崩れで友人だけが死んだことを今でも苦にし、当時の記憶を無くしていた。

光彦は勇気を出して、もう一度その地を訪れてみることを勧める。そのアドバイスに従い、広島へ向かった美也子は、やがて死体で発見される。

原作 内田康夫「後鳥羽伝説殺人事件」

脚本 岡本克己

監督 吉川一義

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・浅見光彦

乙羽信子・・・・・・浅見雪江(光彦・陽一郎の母)

高橋悦史・・・・・・浅見陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)

丸山秀美・・・・・・正法寺美也子

泉晶子・・・・・・・浅見和子(陽一郎の妻)

 

1/18(木)⑧琵琶湖周航殺人歌

初夏の近江路に男たちへの鎮魂歌が流れる。

浅見光彦ミステリー第8弾。琵琶湖の水を守る会会長の広岡(神山)が服毒死した。警察は自殺とみたが、湖水汚染を取材中だったルポライター光彦は、環境保護に燃えていた広岡の自殺はありえないと調べ始める。その翌日、広岡の友人だった加賀が死体で発見された。死んだ二人には、共通の友人上島(仲谷)がいた。上島の経営する開発会社は、かつてレジャー施設を計画していたが、広岡に反対されて断念していた過去があった。光彦は上島を疑うのだが・・・・

原作 内田康夫「琵琶湖周航殺人歌」

脚本 岡本克己

監督 吉川一義

音楽:佐藤充彦

出演 

水谷豊・・・・・・・浅見光彦

乙羽信子・・・・・・浅見雪江(光彦・陽一郎の母)

高橋悦史・・・・・・浅見陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)

神山 繁・・・・・・広岡友則

伊藤つかさ・・・・・広岡順子

仲谷 昇・・・・・・上島俊三


水谷豊さんの主演ドラマは、確かに原作のキャラクターイメージからは体型や表情も遠い印象がある。しかしミステリードラマ作品として観たら、予想外に構成や演出が原作を読み込んでいた。

原作者さんからクレームがついて、打ち切りになったらしい。残念な浅見シリーズ番組だった。キャスティングも地味な感じするが、旅情の推理番組として考えるると手堅いとも思う選択だと思う。

新年から全8話が一気に再放送されて、長身でもなく細面顔でない水谷豊さん主演『相棒』の新作を見ながら関心しております。

2024年1月 6日 (土)

連続テレビ小説「花子とアン」総集編。再放送。

202417 午後NHK放送

甲府の貧しい農家に生まれた安東はな(山田望叶)は、父・吉平(伊原剛志)の奔走で東京のミッション系女学校へ編入。いろんな壁にぶつかりながらも、持ち前の頑張りで英語が大好きな少女に成長したはな(吉高由里子)。その胸の内にはいつも、故郷で働いている母・ふじ(室井滋)たち家族の存在があった。ある日はなは、伯爵家令嬢・蓮子(仲間由紀恵)と運命的な出会いを果たす。


安東はなは村岡英治と恋に落ちるが、それは許されない恋だった。さまざまな葛藤を経て、やがて二人は結婚。一児の母となったはなは村岡花子と名乗り、翻訳の仕事に打ち込んで行く。一方、福岡の蓮子は夫・嘉納伝助(吉田鋼太郎)の元を飛び出し、宮本龍一(中島歩)と駆け落ちする。世間が騒然とする中、花子は蓮子の行方を探す。


【出演】吉高由里子,伊原剛志,室井滋,鈴木亮平,賀来賢人,窪田正孝,山田望叶,石橋蓮司,仲間由紀恵,

黒木華,高梨臨,吉田鋼太郎,中島歩,土屋太鳳,


【語り】美輪明宏

【原案】村岡恵理,【脚本】中園ミホ

【音楽】梶浦由記

1/713:5015:30

1/715:3517:04

震災ニュースで放映が中断されました。再放送されるでしょうか。

2024年1月 5日 (金)

皇帝の気分です。

Img_6906

このネコちゃんは、どこかのTシャツにあったキャラクターかもしれない。

2024年1月 4日 (木)

『おかしな刑事最終回!大千秋楽スペシャル』

俳優の伊東四朗演じる刑事・鴨志田新一と、羽田美智子演じるエリート警視の娘・岡崎真実という、“凸凹父娘コンビ”の活躍を描いてきたテレビ朝日系人気シリーズ『おかしな刑事』が、1月6日放送の『おかしな刑事最終回!大千秋楽スペシャル』で20年の歴史に幕を下ろすらしい。


2003年8月に『土曜ワイド劇場』で放送された初回以来、『日曜ワイド』『ミステリースペシャル』枠などで放送してきた『おかしな刑事』シリーズ。

父の鴨志田が捜査会議で居眠りばかりしている“所轄のヒラ刑事”で、娘の真実が“警察庁のエリート警視”という逆転父娘の軽妙なやりとりが魅力だった。

大千秋楽スペシャルでは鴨志田が定年へ、最後の出勤も終えた。有給休暇のタイミングで、大手建設会社社長が誘拐される衝撃事件があり、身代金として2億円分の金のインゴットが犯人に奪われるが、2億円こそ大物政治家に渡す予定のウラ金だった疑惑が浮上。


「このシリーズがはじまったころの30代前半の私は吹けば飛ぶような存在でしたが、世界一尊敬する“お父さん”の背中を見ながら、20年間この世界で頑張ることができました。シリーズを20年間続ける…ということは、この世界でなかなか超えられないハードルだと思います。そこにみなさんと一緒に到達することができて、私は世界一幸せな女優だと思っています。またいつか、『ひょっこりおかしな刑事』とか、『おかしな刑事おかわり』とか、カムバック作品が実現して、このメンバーでご一緒できることを夢見ています」羽田


2024年1月6日(土)放送

『おかしな刑事最終回!大千秋楽スペシャル』(テレビ朝日系 午後8時~9時54分)

2024年1月 3日 (水)

おかしな刑事2022 年忘れ!!大感謝スペシャル 再放送

テレビ朝日・午後ドラマ枠にて放送。

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

鴨志田と真実の“大家”でもある姉小路行人(石井正則)が、ロサンゼルスから婚約者を伴って帰国した。行人が連れてきたのは、帰国直前に出会って電撃婚約したという若い日本人女性・来島くるみ(中村静香)。小悪魔タイプのくるみに行人はメロメロで、鴨志田や真実、そして行人の叔母・三浦由紀子(田島令子)もあ然とするばかり。

その矢先、行人が階段で足を踏み外し、両手両足を骨折する事故が発生する。くるみが不用意に捨てたバナナの皮が転落の原因と知った由紀子は、彼女が財産目当てに近づき、行人を殺そうとしていると大騒ぎ。由紀子によると、行人は最近、株価の“大化け”が期待されている地元企業・飛鳥酒造の株を祖父から譲り受けており、くるみはそれを狙っているのかもしれないという。

【出演】

鴨志田新一…………伊東四朗
岡崎真実……………羽田美智子
姉小路行人…………石井正則
来島くるみ……………中村静香
高柳 敦……………本宮泰風
高柳修作……………林 与一
白川儀助……………野添義弘
高柳 薫……………河相我聞
柴門奈々未…………奥田恵梨華
武井昭一……………正名僕蔵
工藤 潔 ……………飯田基祐
三浦由紀子…………田島令子
坂下純次……………小倉久寛


1/6(土)よる8時 「おかしな刑事 最終回!大千秋楽スペシャル!!」 の放送を記念して、シリーズ過去回を特別配信。

#17(2018年)…12/7(木)~1/6(土)19:59

#18(2018年)…12/7(木)~1/6(土)19:59

#19(2019年)…12/14(木)~1/6(土)19:59

#20(2019年)…12/14(木)~1/6(土)19:59

#21(2019年)…12/21(木)~1/6(土)19:59

#26(2022年)…12/21(木)~1/6(土)19:59

【番組HP】https://www.tv-asahi.co.jp/okashinakeiji/

『ジョン・ウィック』(John Wick)三作品テレビ放送

『ジョン・ウィック』(John Wick)

最近亡くなった妻から最後の贈り物の子犬を、殺した男たちへ復讐する引退から復帰した凄腕の殺し屋ジョン・ウィックのアクション映画。

製作総指揮・主演:キアヌ・リーブス、監督:チャド・スタエルスキ、デヴィッド・リーチ。

キャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。」

ストリィーを簡略すれば、仔犬を殺されて愛車を盗まれた復讐に燃える男の話。一歩間違えると、お笑い系のネタになりそうなプロットである。

キアヌ・リーブスの映画に込めた情熱が、大画面に広がっている傑作。 

そして『ジョン・ウィック:チャプター2』が製作されて、大ヒットさせている。

前作から5日後に愛車を取り戻したジョン・ウィックは、かつて借りがある犯罪組織の幹部サンティーノ・ダントニオから暗殺の依頼をされる。今度こそ引退を決意していたジョンは断るが、亡き妻との想い出がある家が爆破された。誓印の掟は絶対だと諦めたジョンは、サンティーノより父の跡を継いだ実の姉ジアナの抹殺を要求される。

シンプルな全作のストーリーとは打って変わって、複雑な駆け引きや展開の意外性は映画らしい大作となっている。復讐劇はマカロニウエスタンを想起させる情念を、現代の映画として成功させている。アメリカの対策アクション映画には魅力を感じない者としては、『ジョン・ウィック』シリーズは、マンネリ化した『007』シリーズより期待感ある。

この正月テレビ放送で三作品をまとめて、放映してくれたので録画して鑑賞した。


映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』日本版予告編 【アクション篇】https://youtu.be/5n7xBJsafgY?si=1HqOX1XhOckKavlP 


『ジョン・ウィック:パラベラム』(John Wick: Chapter 3 - Parabellum)

題名「パラベラム」は「戦争の準備」のことらしい。

不殺の掟があるコンチネンタル・ホテル内で主席連合のサンティーノを殺害したジョン・ウィックは、追放処分及び1400万ドルの懸賞金を掛けられている。支配人であり旧友でもあるウィンストンの計らいで1時間の逃走の猶予が与えられた。

ニューヨーク脱出すべく、公共図書館に隠していた十字架と誓印のメダル、金貨を回収しに行くが、追放時刻前なのに旧知の暗殺者アーネストに狙われる。

アーネストを返り討ちにするが負傷して、顔なじみの医師ドクに頼んで治療を受ける。

追放時刻となって、ニューヨーク中の暗殺者に狙われる中、骨董品店や馬屋、馬での逃走と次々と返り討ちにしていく。

かつて暗殺者として育てられた犯罪組織「ルスカ・ロマ」を頼り、ディレクターに「チケット」として十字架を見せて協力を得た。ジョンは組織の伝手で、モロッコのカサブランカへと向かった。

ウィンストンと前作でジョンを助けたバワリー・キングの元を、主席連合から派遣された裁定人が訪れる。彼女はジョンを手助けしたウィンストンとキングの行動を問題視している。1週間の猶予の間に退任するよう命じる。彼女は日本を拠点とする独立した暗殺者ゼロを手駒として雇い、ディレクターのアジトを襲撃して彼女に主席連合への再度の忠誠を誓わせて、要求を拒絶したキングの部下たちを皆殺しにした。彼がジョンに与えた7発の銃弾に、ゼロの脇差によって7回斬られる。

コンチネンタル・モロッコの支配人でかつて誓印の貸しがある旧友ソフィアに会いに行く。ジョンの目的は主席連合の更に上に立つ首長に会うことで、首長の居場所を知っているであろうソフィアのかつてのボスであるベラーダに会おうとする。ベラーダへの仲介を頼まれたソフィアはジョンを批判するが協力をしぶしぶ約束する。

ジョンとソフィアはベラーダとの会談の中で「首長はこちらから見つけるものではなく、砂漠を当てもなく彷徨った末に運が良ければ首長がお前を見つけるだろう」と聞かされる。ベラーダはソフィアに再度の忠誠の証として彼女の愛犬を引き渡すよう求めるが、拒否されたため「勉強」と称して犬を拳銃で撃つ。弾丸は防弾具に阻まれたが、衝撃で苦しむ犬の姿に激昂したソフィアはベラーダと彼の部下たちを襲い死地を脱する。

ソフィアに別れを告げたジョンは、ベラーダに従い砂漠を歩き、途中で倒れる。それを首長の部下に発見されて、会うのに成功する。なぜ死を選ばないのかと首長の問いに、生きて妻との思い出を守るためと答える。首長は今後は主席連合に忠実に仕えれば暗殺命令を撤回すると約束して、最後の条件としてウィンストンの殺害を命じる。ジョンは左手の薬指を切り落として、亡き妻との思い出の印である結婚指輪を首長に贈って再びの奉仕を誓い、ニューヨークへと向かう。


ニューヨークに到着したジョンはゼロと弟子たちの襲撃を受けたが、返り討ちにして辛くもコンチネンタル・ホテルの前へとたどり着く。二人はシャロンによってホテルの中に招かれ、不殺の掟ゆえにジョンに手を出せなくなったゼロは、今までの態度を変えて、実はジョンに対する強い敬意や憧れがあることを話すが、ジョンは冷たくあしらう。ウィンストンはジョンに再会し、自分がコンチネンタルを退任するつもりがないことを告げ、主席連合の下僕になるべきではないと諭す。そこに裁定人が現れ、二人の意志を確認する。ウィンストンは退任を拒絶し、ジョンもまたウィンストンの殺害を拒絶する。それを受けて裁定人はホテルの聖域指定を解除し、ホテル内での不殺の掟が無くなる。


主席連合の重装備の襲撃部隊がホテル内に突入してくる中、ホテルのバックアップを受けたジョンと、シャロンら従業員たちが彼らを返り討ちにする。やがて今度は、ゼロと彼の弟子たちの襲撃を受ける。ゼロや弟子たちは改めてジョンへの敬意を表した上で、銃器を使わず武術での死闘を繰り広げ、弟子たちを殺傷して退けたジョンはゼロを刺殺する。


襲撃部隊とゼロ達が全滅した後、裁定人はウィンストンに「協議」を求める。ウィンストンは自身の権力の保持を認めるよう求め、裁定人は今回の反抗をホテルの力を示すためのものであったと好意的に解釈する。そしてウィンストンは改めて主席連合に忠誠を誓い、その代償としてジョンを拳銃で何発も撃ち屋上から転落させる。裁定人はウィンストンの地位を保証し、ホテルを再び聖域に指定する。裁定人がホテルを去ろうとすると、路地にあるべきジョンの死体が無くなっていることに気づく。


実はジョンはまだ生きており、ゼロに斬られながらも同じく生き延びていたバワリー・キングの側近に助けられていた。下水道に構えたアジトでジョンを待っていたキングは、主席連合への反逆の意志はあるかと問い、ジョンは満身創痍の中で「ああ」と短く答える。


焼け落ちた自宅に戻り、思い出の品を見つけたジョンは、公園へ呼び出しを受ける。ウィンストンは主席連合によって世界中の殺し屋から命を狙われると、掟を破ったためにコンチネンタルのサービスを今後利用できなくなるのを伝える。そして長年の友情に対する餞別として聖印を渡して、暗殺指令を1時間差し止めるから逃げろという。ジョンは誰が殺し屋かもわからない雑踏の中を愛犬と共に走り去るのだった。

2024年1月 2日 (火)

震災の被害について

能登地方で震度7の揺れを観測する地震が正月に起きた。今回の地震で石川県は2日午前1時半の時点で、あわせて4人が死亡したと発表した。

NHKが各地の自治体や病院などに取材したところ、2日午前5時現在、石川県、新潟県、福井県、富山県、岐阜県の5つの県で、複数の人がけがをして、倒壊した家屋に逃げ遅れた住民が取り残されている。


《石川県》

石川県“県内で計4人死亡”発表

七尾市 公立能登総合病院 33人搬送(1日20時)

穴水町 9棟倒壊 1人が意識不明の情報も

輪島市“家屋倒壊の通報50件以上”“意識ない人も”

石川県内“倒壊家屋に閉じ込められている”通報相次ぐ

輪島市中心部で火災 50棟以上が焼けたか

七尾市能登島 橋が通行止め 支援物資届かず

《富山県》

富山県 計18人けが このうち少なくとも3人重傷(2日4時)

氷見市 富山市で建物倒壊の複数情報

《新潟県》

新潟県内 計18人けが(2日5時)

糸魚川市の漁港で1隻の漁船が沈没 津波の影響か

《福井県》

福井県内 少なくとも計6人けが(2日5時)

《岐阜県》

大垣市 50代の女性が転倒しけが

【被害まとめ 1日】能登地方で震度7

【ライフライン 2日】交通影響・停電など

2024年1月 1日 (月)

よるドラ『いいね!光源氏くん』【総合で再放送】

<し~ずん1>2024年1月3日(水)朝8時14分~ 

<し~ずん2>1月6日(土)よる11時~、13日(土)よる11時15分~

2020年度に「し~ずん1」、2021年度に「し~ずん2」を放送した『いいね!光源氏くん』は、「源氏物語」の登場人物・光源氏が現代に出現し、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織となぜか同居することになる、ゆる~く笑える千年の時を越えた“いけめん”居候コメディです。

 

▼全話配信はこちらから

https://www2.nhk.or.jp/archives/movies/?id=D0009051151_00000

光源氏を千葉雄大さん、こじらせOL・沙織を伊藤沙莉さん、光源氏のライバル的な存在・中将を桐山漣さんが演じます。


石川能登半島での震度7の地震により、番組の放送予定が大幅に変更になっています。1/3(水)「いいね!光源氏くん」イッキ見は放送時間が、下記の通り変更となり、第6~8話の3回が休止となりました。

これら休止になった回の放送につきましては、日時が決まり次第ご案内させていただきます。

 

【1】 1月3日(水)午前8:42〜午前9:11(29分)

【2】 1月3日(水)午前9:21〜午前9:50(29分)

【3】 1月3日(水)午前9:50〜午前10:19(29分)

【4】 1月3日(水)午前10:29〜午前10:58(29分)

【5】 1月3日(水)午前11:10〜午前11:39(29分)  

 

※放送日時は変更になる場合があります。最新情報は番組表をご確認ください。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト