« 土曜お昼のミステリー『闇の脅迫者 江戸川乱歩の《陰獣》より』 | トップページ | 『湘南アイデンティ』西村京太郎 »

2024年1月14日 (日)

『十津川警部 告発』西村京太郎

雲仙温泉で音響メーカー、メディアX研究所所長の原口利夫の遺体が発見された。長崎県警の協力要請を受け、十津川警部が捜査を担当することになった。その事件を機にメディアXに関連する事件が多発した。

事件の解明へ突き進んだ十津川警部は、国家が絡んだ壮大なプロジェクトの正体を掴んだが……!?


十津川警部の旧友・原口が雲仙で死体として発見された。彼は生前、何かにひどく怯えていたという。十津川は原口の勤めていた会社・メディアX社に赴く。捜査が進むにつれ、その会社のきな臭い噂が耳に届いた。


SF小説のような展開は、十津川警部シリーズでも異例なものだろう。推理ドラマよりも意外性が突出して、十津川警部がアクション映画のように活躍する。なかなかワクワクする活劇が楽しめる作品だ。

それにしても句読点が相変わらず多い文章は、なんとか読みやすく推敲していただきたいものである。

作者が他界されているので、編集者が令和新装版にしても良いのでは。

« 土曜お昼のミステリー『闇の脅迫者 江戸川乱歩の《陰獣》より』 | トップページ | 『湘南アイデンティ』西村京太郎 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト