« 『棟居刑事のガラスの密室』森村誠一(中公文庫) | トップページ | 傑作ミステリー『松本清張特別企画「聞かなかった場所」』BSテレ東2024/01/28(日)12時〜14時 »

2024年1月27日 (土)

『複合遺恨』森村誠一(光文社文庫)

棟居刑事が錯綜する人間の愛と宿業に肉迫する。


憧れの的であった担任女教師・佐倉弥生が、番長・後藤龍雄に犯される場面を目撃した少年と級友は、後藤殺害を決意して自転車事故を実行する。路面に横たわる死体。それは中学校を去った女神への供物のつもりであった。しかし復讐が為されたとき、呪われた運命の序曲が静かにスタートしたことを、彼らは知る由もなかった。

息子のために保険金を掛け合った吉田夫婦が、水泳中の海での事故に遭遇する。溺れてしまった息子の死から、夫婦の心は離れて別居するふたり。会うこともなく月日が過ぎて、夫は森林から死体となって発見される。左手の薬指が切断されていた。保険金が夫人に支払られることで、妻に容疑がかけられた。しかし過去を調査すれば、簡単な事件ではなかった。

2540e27eb23a4306951d0d88370d7760

かつて吉田が佐倉弥生の生徒であったことから、彼女が転職してママをしてるBARで働いていた経歴が浮かんできた。そこで経営する男が殺されていた事件があった。家庭内暴力を受けていたママが殺害したが、従業員たちは皆同情して、裁判では情状酌量から執行猶予にされた。

ふたつの事件は繋がっているとみた、吉田の妻はBARへ行くと、ホステス募集面接に来たと思われて、そのまま雇われる。旧姓を名乗って潜伏することにした。

六割ほど読むと、無名の詩人が書いたミステリアスな詩が引用されている。


「なぜか」

朝が来て目をさまして 

いつも小さなものがなくなっていた

窓には鍵がかかっているから

きっと内部のものの犯行だ


真っ赤な目をしてがんばってみても

ふいに火を噴く彗星みたい

消えたものはいらないものばかり

もう願いごとなんかするものか


ところで21歳のぼくは

波の音ばかり聴こえてる

古ぼけたラジオをいじってる


真夜中にあの海からきた

なぜか懐かしい異国語の

短波の放送を聴いている

(園下勘治)


刑事ふたりが、この詩を読んで含みのある言葉から、犯人探してをだぶらせるのだった。

棟居刑事は「これまで手がけた事件の中で、これほど自信のない捜査をしたことがない」と述べている。複数の虐めにあっていた教え子たちと繋がった過去と現在がある。番長の乗った自転車事故のあった三本松の近くで、吉田ら中学生たちが記念写真を撮影していたスナップショットが、過去のアルバムにあった。

本作品で描かれた世界に対して「恐るべき因果律」という、強烈な印象を持たざるをえないであろう。事件の発端は被害者と犯人の20年以上前の繋がりにまで遡る。こんな事件が実際に起こったら驚嘆するしかない。個人的には棟居刑事シリーズでは最高レベルの充実した作品。

★★★★★

« 『棟居刑事のガラスの密室』森村誠一(中公文庫) | トップページ | 傑作ミステリー『松本清張特別企画「聞かなかった場所」』BSテレ東2024/01/28(日)12時〜14時 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト