« 『十津川警部 告発』西村京太郎 | トップページ | おでん鍋 »

2024年1月15日 (月)

『湘南アイデンティ』西村京太郎

『湘南アイデンティ』西村京太郎

湘南に住む30代でエリート五人の男たちに、毎週一夜同棲契約という奇妙な提案をする女性、小早川恵が現れた。

そのエリートのひとりで、ベンチャー企業社長・岸川を湘南まで追ってきた女性秘書が殺害されるのだった。

そほ捜査に乗り出した十津川警部の元に、小早川恵と五人の男たちの関係を書いた手紙や写真が届いた。十津川は男たちのなかに犯人がいると、判断して捜査の網を絞っていく。

小早川恵の本来の目的とは何か?

これが本書の底辺となっている。



『萩・津和野に消えた女』西村京太郎

木下由美子が、「あいつを殺しに行って来ます」という置手紙を残して姿を消した。そして恋人の白井も後を追うように姿を消したのだ! やがて山口県萩で白井の撲殺死体が、そして津和野城跡で由美子の服毒死体が発見された。由美子が白井を殺害したあとで自殺をはかったのか!? が、二人の死に不審を抱いた十津川は、捜査を開始する。二転三転する事件

「あいつ」の正体は? 

(事件が真相に近づくと、どんどん後味がよろしくない後半展開だった。)

« 『十津川警部 告発』西村京太郎 | トップページ | おでん鍋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト