« 『棟居刑事の荒野の証明』森村誠一(光文社文庫) | トップページ | 『複合遺恨』森村誠一(光文社文庫) »

2024年1月27日 (土)

『棟居刑事のガラスの密室』森村誠一(中公文庫)

親の反対を押し切って上京した七条由香が、死体で発見された。重要参考人として連行されたのは、隣室の住人・北前真司。犯行を自供するも、不審を抱く警視庁捜査一課の棟居弘一良と北前の妹は真犯人を追う。その最中、疑惑の男が服毒死を遂げる。

犯行現場を天井裏から覗いていた男の妹と、被害者の容疑にかけられている男の妹が協力して事件を探る。女ならではの勘と行動が、棟居刑事たちをだし抜いていくのが見せ場となっている。

二つの事件は関連しているのか! そして真相は――。

被害者たちの親族が三人結託して、ガラスの密室で完全犯罪の鉄鎚をくだす

(『ガラスの密室』を改題)

★★★

« 『棟居刑事の荒野の証明』森村誠一(光文社文庫) | トップページ | 『複合遺恨』森村誠一(光文社文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト