« 「君とぬやろか 五千石とるかなんの五千石君と寝よう」 | トップページ | 『棟居刑事の砂漠の暗礁』森村誠一(光文社文庫) »

2024年1月24日 (水)

『人間の海』森村誠一(光文社文庫)

駅のホームで突き落とされそうになる。見知らぬ車に乗せられて誘拐されそうになる――。

有数の財閥・山上グループの社長令嬢・山上かおりは何者かに命を狙われていた。困り果てたかおりが逃げ込んだのは、社会からドロップアウトし、奇妙な経歴を持つ八人が住む梁山荘というアパートだった。

八人はそれぞれの特技を生かして襲撃犯からかおりを守り始める。かおりは目撃者として、棟居刑事の捜査する殺人事件の参考人に挙がっていた。

事件は意外な接点で繋がり始める……

都会で蠢く人間の友情と殺意を描く、傑作社会派ミステリ。

「互いに無関心に生きている都会の中で、隣人たちが互いに助け合って生きるのは素晴らしいことだ。きみが梁山荘の住人たちの連帯の源になってくれたんだよ。きみや弥生さんがいなくなると、梁山荘はずいぶん寂しくなる。しかし寂しさに耐えて生きるのも、都会に住む人間の宿命なんだよ」


梁山荘の八人が魅力あるキャラクターで、かおりを小鳥のように大切に有り難がってドラマは進行する。

かおりも窮屈な家には帰りたがらず、自由に自立する自身の生き様を堪能してゆく。そして梁山荘の描写が面白いのが、作者の執筆力であろう。角川春樹さんが全盛期の頃に、市川昆監督で映画にしたらイメージで読んでみた。キャストをあれこれ想像するのも小説ならではの愉しみ。

B96bb04707d148cf8d1e8b5b4518b51d

★★★★

森村誠一

193312日生まれ、埼玉県熊谷町出身。幼少の頃から読書を好み、冒険小説や探偵小説に熱中。1945年、太平洋戦争最後の空襲と言われる熊谷空襲で被災したことが、作家を目指す原体験となった。

大学卒業後、ホテルマンとして勤務するかたわらサラリーマン向けのエッセイを執筆。その後、推理小説に挑戦し1969年『高層の死角』で第15回江戸川乱歩賞を受賞した。1973年には『腐蝕の構造』で第26回日本推理作家協会賞を受賞。1976年、角川春樹の依頼で『人間の証明』を刊行して、翌年には映画版が公開され大ヒットとなった。1983年以降は『忠臣蔵』など歴史・時代小説も手掛けたほか、1999年小説家を育成する「山村教室」の名誉塾長に就任。

2008年から「新・おくのほそ道写真俳句紀行」をスタートさせるなど幅広い活動を行った。2003年に第7回日本ミステリー文学大賞、2011年に時代小説『悪道』で第45回吉川英治文学賞を受賞。2023724日、90年の生涯を閉じた。

« 「君とぬやろか 五千石とるかなんの五千石君と寝よう」 | トップページ | 『棟居刑事の砂漠の暗礁』森村誠一(光文社文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト