« 『アルプス誘拐ルート』西村京太郎 | トップページ | 『三島由紀夫とマンガ』 »

2024年2月13日 (火)

日本文学の英訳版がブーム

英訳された日本の小説が人気急上昇

イギリスではソーシャル・メディアのおかげで、日本文学の英訳版がブームになっている。


TikTokの読者コミュニティBookTokのおかげもあって、英訳された日本の小説の売れ行きが英国で好調。特に日本の社会や文化を取り上げた小説がヒットしている。

TikTokには、10万回以上再生された動画が「#日本の本」というハッシュタグ付きで多数投稿されている。YouTubeには、これらの小説についてさらに詳しく解説した動画が多数アップされている。


村田沙耶香の『コンビニ人間』(2018年英語版出版)の成功が現在の人気ブームの幕開。

T吉本ばななや川上未映子などの作家の本を、音楽をバックにした短い動画で紹介して、川上さんの『Ms Ice Sandwich』(2020年)のような短編小説が人気となる。

« 『アルプス誘拐ルート』西村京太郎 | トップページ | 『三島由紀夫とマンガ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『アルプス誘拐ルート』西村京太郎 | トップページ | 『三島由紀夫とマンガ』 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト