« 『棟居刑事の証明』森村誠一 | トップページ | 節分の日 »

2024年2月 2日 (金)

『棟居刑事の絆の証明』森村誠一

棟居弘一良は気軽な単独で後立山縦走を試みる途中に、トレッキングツアーのグループと出会った。そして山頂でグループの女性から、六人集合写真の撮影を頼まれる。シャッターチャンス抜群の写真は、後にお互い素性不明な彼等の運命をかえることになる。

山を下り刑事の日常に戻って、新聞で見覚えのある顔の新人作家紹介記事と出会った。その作家・蒔田直之のホームページを検索すると、詳しい情報や記録がアップされて、後立山の縦走のとき自分が撮った写真が掲載されていた。蒔田はツアーのメンバーだったらしい。勤めていた会社が倒産して妻とも離婚して、自棄の気分転換でトレッキング・ツアーに参加後に運気が変わり、一千万円懸賞小説に応募当選して作家デビューする。あの登山参加体験がヒントになっていた。そして作家が話題となり、下界での干渉がはじまったり

そのツアーに参加した一人に岡野種男という探偵がいた。仕事の依頼が全くなく干上がっているとき、運よく女性から仕事の依頼を受けた。その斉藤加奈絵もツアーに参加した一人で、依頼内容は行方不明になった姉を探してほしいと。海外旅行へ帰国後も予定を過ぎても戻らない。

赤坂の料亭に男と泊まっている女を見て、玄関番の辻岡ははっとする。あのツアーに参加していた女に似ていた。どうやら大金の受け渡しをしたらしい。他人の空似なのか?

Fd1fa2be11ec435e8149d45dafd0feb6

そんなツアー参加したメンバーの身辺に、予想外の殺人事件が起きていた。

行方不明になった斎藤の姉に勤務先の銀行は、岡野に対して非協力的だった。何か銀行にとって都合の悪いことがと、勘ぐってしまう。失踪者に対して警察も、いずれ乗り出すことになる。捜索願いのニュースが出れば、妹の情報など同行したツアーメンバーも記事を読んだ。歳の差も近く似てる姉妹に、辻岡は反応した。自分は警察が知らない情報を把握しているのかも知れない。登頂した女性メンバーに再会できるかもと都合良く解釈して電話する。聞き覚えのある声に、斉藤加奈絵は姉の手掛かりを求めた。料亭従業員から姉と泊まった男のことは、詳しく知ることができた。

「ツケをしっかり払って、夜逃げした」という。警察に情報を届けるべきだと判断する。

Da8a1e2e7ccb4021a95f27ee76614754

ご都合よろしく偶然の出逢いが続いているが、何故か読ませてくれる。

「ようやく解放された時、暑くもなきいのに、腋の下が濡れていた」とか実在するような、作者の人間描写による賜物だろうか。出版プロデューサー角川春樹さんがお気に入りの作家さんだと分かる文章。

〈物質中心の社会になって、人と人との結び付きが希薄になっている現代ににおいて、人間のこういう出逢いと結び付きがあることに、彼らは新鮮な感動をおぼえていた。〉

このアイデアは中編にしたほうが良いと思うほど、中弛みが多い展開。長編ミステリーを丹精に、きりりと描く困難さを感じる。でも最後まで読ませてくれるのは、プロの手腕であろうか。

『棟居刑事の証明』でも犬が上手にドラマに使われていた。嗅覚の良い犬は懐く習性などイメージしやすい。動物を小説に有効に書けるのは筆力だけではなくて、あと自然描写などがゆとりあって、他のミステリー作家より断然に読みがいがある。

棟居刑事シリーズの傑作。★★★

3cd0fadaa2de4696bb78f9494af62ac6

« 『棟居刑事の証明』森村誠一 | トップページ | 節分の日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト