« 『棟居刑事の黙示録』森村誠一 | トップページ | 『棟居刑事の絆の証明』森村誠一 »

2024年2月 1日 (木)

『棟居刑事の証明』森村誠一

政財界に大きな影響力を誇っていた大物総会屋・税所重信の変死体が雑木林で発見された。政財界に衝撃が走った。

棟居(むねすえ)刑事の捜査線上に浮かび出したのは、被害者と夏の終わりの海水浴上で偶然出会った6人。

発見者の少女、小指の欠けた男、煙草に火をつけてくれた女、7人の男女の悲劇が複雑に交わる。

殺される者にはそれだけの、負のエネルギーを受ける大きな悪徳があったのだ。殺してやりたいと思われる税所重信だった。女癖が悪くて、複数から憎まれていた。殺したいと考えてた人物と偶然にあって意気投合する。 

A261be29748f49a69934e8245d09b36a

「八方悪人」というべき税所重信は、救いのない人物であり、実在しないほどの悪辣な行為を続けていた。ある意味ではリアリティーが希薄である。

金銭と損得、体面と保身、男と女、欲望と殺人。

棟居刑事が真相を証明すべく関係者と会うと、夏の終わりに熱海の砂浜へ集まった六人がそれぞれに別のつながりで事件に関わっていた。

偶然なのだろうが、一人ひとりはあの夏を懐かしんで、もう一度会いたいと望んでいたのである。

死への渇望から扉を開いていた少女と、病魔に侵されている年長者は、海の彼方に現実を観ていた。あり得ない同窓会を想っているが、人間としては現実感のある思惑が深く描かれている。人間の本質に鋭く迫る長篇ミステリー。★★★

B39b22bd7d4e4c17936c3888245f20ce

百年後には
その場所を知る人もいない
そこで演じられた苦悩も
平和のように鎮まる


雑草が無遠慮に広がり
見知らぬ人はさまよい歩いて
昔亡くなった人たちの
孤独な墓碑銘をなぞり読む


夏の草原に吹く風が
この道を回想する
記憶からこぼれ落ちた鍵を
本能が拾い上げる

(エミリー・ディキンソン「After a hundred years 」より)

« 『棟居刑事の黙示録』森村誠一 | トップページ | 『棟居刑事の絆の証明』森村誠一 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト