« 『信濃のコロンボ 事件ファイル13 盲目のピアニスト』 | トップページ | 『信濃のコロンボ 事件ファイル14 死あわせなカップル』 »

2024年2月 7日 (水)

周庭さんに香港警察は指名手配

 カナダに滞在している香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏(27)について、香港警察は6日、定期的な出頭に応じなかったとして、香港国家安全維持法(国安法)に違反した疑いで指名手配したと発表した。周氏は国安法の細則により、昨年12月末の出頭を求められていた。


 香港警察はこの日の会見で、周氏が「自ら出頭しない限り、生涯にわたって追われる」としたうえで、「外国の反中勢力に庇護を求めることは恥ずかしい」などと批判した。


 周氏は20216月、未許可デモを組織するなどした罪での刑期を終え、釈放された。昨年123日にSNSの投稿で、留学先のカナダから香港に戻る考えがないことを明らかにした。理由として、警察から再出国のために望まぬことを強要される可能性があるという懸念を挙げた。


 その後の朝日新聞のインタビューでは、「いま香港には、まだ多くの人が自由を求めるために収監されていて、逮捕されていて、苦しんでいます。引き続き、香港の民主化運動を応援していただければと思います」と語っていた。


 警察はこれまでに、香港立法会(議会)の元民主派議員らで、旧宗主国の英国や、米豪に逃れた計13人を国安法違反の疑いで指名手配し、それぞれ100万香港ドル(約1900万円)の懸賞金を設けている。


 また、昨年12月には指名手配された元民主派議員が滞在国で運営する有料サイトの閲読契約をしたとして、香港の男女4人を国安法の資金援助違反容疑で逮捕した。

【朝日新聞】


中国から脅しのような指名手配。

カナダ政府は彼女を守るのだろうか。マスコミなどで発言されたりするのを恐れているようだ。このままカナダへ亡命するのでしょうか。

« 『信濃のコロンボ 事件ファイル13 盲目のピアニスト』 | トップページ | 『信濃のコロンボ 事件ファイル14 死あわせなカップル』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『信濃のコロンボ 事件ファイル13 盲目のピアニスト』 | トップページ | 『信濃のコロンボ 事件ファイル14 死あわせなカップル』 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト