« 『背徳の詩集』森村誠一 | トップページ | 『美少年』岡本かの子 »

2024年3月24日 (日)

Coitus reservatus(コイタス・レゼルヴァトゥス)

coitus 「性的な交わり、性交」という意味で、1848年に科学的な用語として使用された。

ラテン語のcoitus(「一緒に会うこと;性的な結合」)の過去分詞で、coire(「一緒に来る、会う」という意味)に由来しています。この語は、com(「一緒に」という意味、co-も参照)という語と、ire(過去分詞itus)(「来る、行く」という意味、PIE(印欧語族)の語根*ei-から来ています)が組み合わさって作られています。  中世英語では、15世紀初頭にcoiteとして使われ始める。

英語でCoitusは、〈会合、結合〉などという一般的な意味で、また磁力や惑星の結合などを指すのに使われていたが、その後、性的な意味が主流となる。

Coitus interruptus(コイタス・インタラプトゥス)とは、「避妊を目的として、射精前に自主的に陰茎を膣から引き抜く性交」を意味して、1886年に(ドイツ出版物では1885年に)使われ始めた。

意図的なコントロールによって性交を長引かせることを指すCoitus reservatus(コイタス・レゼルヴァトゥス)は、英語では1890年に(ドイツ語では1880年に)使用されている。

coitus reservati /rèzərvéitai/)《医学》保留性交


哲学に限りなく近い、男性原理と女性的な世界との交接である。

「漂流しながら、互いに眼を開いて相手の目の中を見入る。視力を失ったように呆然としながら、心や魂が交わっていくのである」

このエロスの漂流は一人では出来ない。欲望を遥かに超えた行為とも言える。多くの人間は肉欲に果ててしまうのであった。


【生命の樹】

〈チャクラが22の工程を経る〉図解

4b89222ef40f4d17a8e30e1e1696c288

coit (n.1)   "coition," 15世紀初頭、ラテン語の coitus「一緒に行くこと」、また「性交」から派生し、coire「一緒に行く」。


coition (n.)   1540年代、「一緒に行くこと、出会うこと」という意味で、ラテン語の coitio(主格coitionem)から派生した。これは「出会い、会合、交尾」という行為の名詞であり、coitus の過去分詞形である coire「一緒に行く、一緒に来る」という動詞から派生してる。

英語で「交尾」という性的な意味が使われるようになったのは、1610年代からで(同じ意味で coiture 1570年代から使われて)いる。

« 『背徳の詩集』森村誠一 | トップページ | 『美少年』岡本かの子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『背徳の詩集』森村誠一 | トップページ | 『美少年』岡本かの子 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト