« 納豆豆腐 | トップページ | 毒舌タレント人気ランキング »

2024年3月 1日 (金)

《平河天満宮》

江戸平河城城主の太田道灌公が、ある日に菅原道真公の夢を見た。

そして翌朝、菅原道真公自筆の画像を贈られた夢を霊夢だと思い、文明十年(一四七八年)に城内の北へ施主となり天満宮を建立した。(「梅花無尽蔵」から)

その後も周囲に多くの梅の木を植えて、「梅林坂」と呼ぶようになり、今も皇居の平川門内に名が残っている。

徳川家康公の江戸平河城入城後、間もなく築城のため本社を平川門外に奉遷したが、慶長十二年(一六七年)二代将軍秀忠公に依り、貝塚に奉遷されて、地名を平河町と名付けられた。
徳川幕府を始め紀州、尾張両徳川家、井伊家等の祈願所となり、新年の賀礼には、宮司は将軍に単独で拝謁できる格式の待遇を受けていた。
また学問に心を寄せる人々は、古来より深く信仰して、名高い盲目の学者塙保己一や蘭学者高野長英等の逸話は、今日にも伝えられている。
現在も学問特に医学や芸能、商売繁盛等の祈願者が多くある。

4822dbfbdd8a49018a08233c324b128e

« 納豆豆腐 | トップページ | 毒舌タレント人気ランキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 納豆豆腐 | トップページ | 毒舌タレント人気ランキング »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト