« チキンラーメンとカラムーチョ | トップページ | 『忍者武芸帳』アニメ化パイロットフィルム »

2024年4月16日 (火)

内田康夫原作、寺脇康文主演シリーズ「信濃のコロンボ」第4弾

竹村岩男警部が高橋克典演じる警視庁の岡部警部とともに連続殺人事件に挑む。追分”“魔女人形をキーワードに、長野・信濃追分から東京・本郷追分、北海道・江差追分と展開する殺人事件。果たしてその真相は?

CMなどでおなじみの北海道犬・海斗くんが、事件の鍵を握る飼い犬として登場している点も見どころ。

BS TBS 12時54分〜14時50分


【ストーリー】
軽井沢へ旅行に来ていた「信濃のコロンボ」こと長野県警捜査一課・警部、竹村岩男(寺脇康文)と妻・陽子(麻生祐未)、友人の町医者・丸山亮介(温水洋一)の3人は、信濃追分にある雑貨店「オリーブ」で起きた殺人事件に居合わせる。

死体は別の場所で毒殺されてから店前に置かれたことがわかったが、店主の丸岡一枝(北川弘美)には、死体の身元に心当たりがなかった。

だが気がかりなのは、知らない人が来ると必ず吠える「オリーブ」の番犬・コタローが、死体が運ばれてきたときには吠えなかったという点だった。

数日後、東京・本郷追分でも同様の身元不明の毒殺死体が発見された。担当したのは、警視庁捜査一課の岡部警部(高橋克典)。死体の側には、どちらにも魔女の人形が置かれていた。

どちらの事件も「毒殺」「追分」と状況が似ていることから、偶然とは思えない竹村と岡部。早速、東京に向かった竹村は、岡部とともに捜査を始める。


◆キャスト

竹村岩男:寺脇康文

竹村陽子:麻生祐未

宮崎良雄:螢雪次朗

木下隼人:川村陽介

丸山亮介:温水洋一

丸岡一枝:北川弘美

谷田恵美:須藤理彩

谷田幸雄:八神 

丸岡武人:小野寺 

永井満良:六平直政

佐々木享:原田龍二

桑江仲男:三浦浩一

岡部和雄:高橋克典


◆原作:内田康夫

「追分殺人事件」(ハルキ文庫刊)

脚本:穴吹一朗

プロデューサー:中川真吾

演出:中前勇児

2017年TBS作品。

F975eece1b8f4f4cbd1a3c75dae5e1c5

『追分殺人事件』内田康夫(ハルキ文庫刊)

信濃追分と、かつて本郷追分といわれた東京本郷での男の変死体。この二つの〈追分〉の事件に、信濃のコロンボこと竹村警部と警視庁の切れ者・岡部警部の二人が挑む謎の解明のため二人は北海道へ……

« チキンラーメンとカラムーチョ | トップページ | 『忍者武芸帳』アニメ化パイロットフィルム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト