« 🈑<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ37 長崎殺人事件 | トップページ | ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』文庫版が6月26日に発売。新潮文庫の夏のフェア「新潮文庫の100冊 2024」の目玉新刊の一冊として刊行される。 »

2024年4月 5日 (金)

世界でいちばん“お酒”を飲む国は?

5位・・・アゼルバイジャン14.39 kg

4位・・・ベラルーシ  14.51 kg

3位・・・チェコ    16.19 kg

2位・・・キューバ   16.86 kg

1位・・・エストニア  20.41 kg


世界でいちばんお酒を飲む国は?

3位チェコ、2位キューバ、圧倒的一位だったのは

https://l.smartnews.com/ZBTKb


日本の順位は30位で、国民一人あたりの年間消費量は56.1リットル。これは1日あたりに換算すると、わずか150ml程度しかない。

「日本人=お酒嫌いが多い」というわけではなく、日本人は基本的にお酒が大好きな人種。

ほぼ毎日飲む頻度が最も多く、全体の約3割。さらに週に34回程度との回答が約14%を占めている。つまり5割近い人が、週の半分以上でお酒を飲んでいる。

大酒飲みアルコールに強いアイルランドより、国民一人あたりのお酒を飲む「頻度」は多い。遺伝子的に海外の人よりお酒の弱い人種。お酒は好きだが量はあまり飲めない、手軽にお酒を楽しめるのが日本人の特徴。

« 🈑<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ37 長崎殺人事件 | トップページ | ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』文庫版が6月26日に発売。新潮文庫の夏のフェア「新潮文庫の100冊 2024」の目玉新刊の一冊として刊行される。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト