« 『2024年本屋大賞』の大賞発表 | トップページ | おでん鍋🍢 »

2024年4月11日 (木)

🈑🈖<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ38 十三の冥府

浅見光彦が難事件を解決する人気シリーズの第38弾!今回の舞台は青森県。女子大生の神尾容子と偶然出会った浅見。事件の背後にある悲しい物語とは?  

412 金曜 12:00 -14:00 BSフジ


 ルポライターの浅見光彦(中村俊介)は、大和朝廷とは別に荒覇吐(アラハバキ)王国が存在したという「都賀留三郡史」について調べるため、青森に向かった。取材の前に、女性のお遍路さんの死体が見つかった新郷村の大石神ピラミッドに立ち寄ると、女子大生の神尾容子(西原亜希)と出会う。
 浅見は「都賀留三郡史」が発見された八荒神社を訪ねる。宮司の湊博之(森次晃嗣)や禰宜の池田睦子(久世星佳)によると、去年の改修工事を請け負った大工の棟梁の谷内洋蔵(井上捷一)が蔵の天井裏から「都賀留三郡史」全六百巻を発見したという。浅見が谷内工務店を訪ねると、谷内の息子の洋昭(横山敬)が対応し、父親の洋蔵は去年のねぶた祭の日に不審な死を遂げたという。洋蔵は青森中央大学の本間教授(西田健)からしつこく取材を受けていたという話だ。
 浅見は青森中央大学の本間教授を訪ねる。「都賀留三郡史」偽書説を唱える本間教授は浅見に「第三の邪馬台国だの荒覇吐王国だのは虚妄の産物」と否定。本間は浅見に明日、研究論文を発表するので来るように言う。だが翌日、本間教授は別荘で急性心不全で急死する。浅見は本間教授の急死について疑問を抱く。さらに、八荒神社を訪れた亡くなったお遍路さんとは別の女性のお遍路さんの存在を知った浅見は、その女性に会いに北津軽の十三湊に向かう。


<出演者>

浅見光彦:中村俊介

神尾容子:西原亜希

神尾和子:烏丸せつこ

伊藤由衣:黒田福美

東谷正子:李麗仙

湊博之:森次晃嗣

池田睦子:久世星佳

本間教授:西田健

藤田克夫:小倉久寛

浅見陽一郎:榎木孝明

浅見雪江:野際陽子

ほか

<スタッフ>

原作:内田康夫「十三の冥府」

企画:成河弘明

プロデューサー:金丸哲也、小林俊一

脚本:峯尾基三

演出:金佑彦

音楽:渡辺俊幸

制作:フジテレビ/東映

E1d84395a7184ad1afc8c141bdafae0b

内田康夫『一三の冥府』

「都賀留三郡史」なる書物の真偽を確かめるため、青森に赴いた浅見光彦。発見した神社の宮司は、史実であると譲らない。一方、偽書だとする人々の死。「アラハバキ神」の祟りなのか。そして、またお遍路の女性が殺された。

 そのお遍路さんと八荒神社の巫女に接点があったことがわかる。そこに隠された真実を探り当てたとき光彦は、神をも嘲笑うような人間の底なしの業に翻弄される……。長編旅情ミステリーの傑作。著者による書下ろし自作解説つき。


43dc9ef2089f4d939bbae732ee6fee9f

« 『2024年本屋大賞』の大賞発表 | トップページ | おでん鍋🍢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト