« 🈑京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー 井原西鶴伝説 好色一代男に秘められた謎 | トップページ | 『ガラスの街角』ポール・オイスター(新潮文庫) »

2024年5月30日 (木)

🈑京都食い道楽古本屋探偵ミステリー2 夏目漱石に秘められた哀しい恋文

榎木孝明が演じる、飄々としたキャラクターが持ち味の古本屋・大黒文治郎が、京都を舞台に、本にからむ殺人事件の謎に挑む異色作第2弾。

531 金曜 16:00 -18:00 BSフジ


大黒文治郎(榎木孝明)は、先代の残した書籍で、京都で古本屋を営んでいるが、本業そっちのけで同業者の野呂翁(谷啓)と道楽三昧の毎日。  ある日のこと、馴染みの女将・サヨ(秋野暢子)と出かけたパーティーで作家・浅村野薔薇(栗原小巻)と知り合い、

一冊の夏目漱石の本探しを依頼される。実はその本には浅村の過去を暴く重要な一通の手紙が収められており、誰もがその行方を追っていたのだ。そして、その中の一人だった新進女流作家が何者かによって殺害された。そこで大黒は、手紙に秘められた謎を追い始める...。


【出演者】大黒文治郎:榎木孝明  西園寺サヨ:秋野暢子  近藤刑事:柴俊夫  しのぶ:あき竹城  高橋:チャーリー浜  野呂爺:谷啓  浅村野薔薇:栗原小巻 ほか


企画:荒井昭博、長部聡介、保原賢一郎
脚本:水野宗徳
監督:本橋圭太
プロデューサー:川西琢

制作:フジテレビ/大映テレビ

水野 宗徳 197281 生まれ、名古屋出身。放送作家・脚本家・小説家。ドラマデザイン社所属。

愛知大学経済学部在学中は落語研究会に所属、毛利祐三と漫才コンビを組んで各種の賞を受賞。

「お笑いサラダ」のコンビ名で太田プロダクションに所属、コンビ解散後の1996年に放送作家としてデビュー。『笑っていいとも!』をはじめ多くのバラエティ番組に携わる。ドラマの脚本、アニメ『ドラえもん』のシリーズ構成をなど幅広く活躍。

ドキュメンタリー番組も数多く手がけ、『ママからの手紙』(福井テレビ)で第38回放送文化基金賞を受賞。構成メンバーとして参加した『ワンステップ!』(TBS)で2009年ギャラクシー賞を受賞。『おっぱいバレー』で小説家デビュー、2009年に綾瀬はるか主演で映画化。2010年には戦時中の軍犬をテーマに描いた『さよなら、アルマ』がNHKでドラマ化。

« 🈑京都喰い道楽古本屋探偵ミステリー 井原西鶴伝説 好色一代男に秘められた謎 | トップページ | 『ガラスの街角』ポール・オイスター(新潮文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト