« 矢部太郎『大家さんと僕』の文庫版 | トップページ | 🈑🈖<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 »

2024年5月16日 (木)

つげ忠男『雨季』と時代背景

京成線T駅を中心に周囲200米程の繁華街を、殊に取囲む様に小さな工場がある。柄の悪い連中が屯ろする街。

そこで初老の中年と、青年の二人が酒場で知り合った。


「どうでもよかった あの人の波も絶叫も」

「赤旗も、何もかも・・・」

「ただ、わけもわからず、雰囲気だけに引きずられるのは嫌だった」

「無性に腹立たしく、情けない気分だった」

「これだけ多くの反対の声も、結局、押し切られる公算が強まっていた」

「気取るんじゃねえよ・・・か ははは」

「いつまでも気取ってねえで・・・」

「ザァッと・・・」


<じとじと 雨が降り続いた・・・>つげ忠男『雨季』より


この『雨季』の背景となった時代は1960年で、日米安保条約をめぐり、自民党は5月19日に議会を無視して強行採決にふみきった。

翌日から全国的に「民主主義を守れ!」「岸内角打倒!」「安保条約粉砕」のデモが展開されていった。国会議事堂の周辺には連日のように10万から20万の抗議デモが続いた。多いときは40万にふくれあがった。


つげ忠男が勤務していた採血工場は、総評傘下の化学同盟に属していた。「毎日のように国会前にいってました」といつ。むしろ旗を押し立てた農民、長靴姿の長い隊列は魚河岸の人々と抗議デモは、「国民的」な様相を帯びていた。岸首相は危機感を抱き、自衛隊の出動をも検討していた。議事堂の上空には「陸上自衛隊」と印したヘリコプターが舞っていた。


ニヒリズムと諦観と憤怒が錯綜する『雨季』で作者は、何を伝えたかったのだろう。描かれたのは70年安保運動が激しい69年だった。ベトナム反戦運動でゆれ動く状況下で『雨季』は発表された。すでに60年反安保闘争から半世紀が過ぎ去った。


『雨季』が描かれたのは1969年のことで、8月・10月・12月の三回に分けて『ガロ』に掲載された。

« 矢部太郎『大家さんと僕』の文庫版 | トップページ | 🈑🈖<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢部太郎『大家さんと僕』の文庫版 | トップページ | 🈑🈖<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト