« 🈖🈑<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ44砂冥宮 | トップページ | 🈑<土曜午後スペシャル>妻は多重人格者 »

2024年5月31日 (金)

サスペンス名作選 浅見光彦ミステリー③佐渡伝説殺人事件

良家の御曹司でフリーのルポライター・浅見光彦が、日本各地で起こる難事件を直感と抜群の洞察力で推理し解決していく内田康夫の人気ミステリーシリーズ。主演は水谷豊。

6月1日 土曜 12:00 -13:55 BS日テレ

 ルポライターの光彦(水谷)は出版社の塚原社長(牧)と酒を飲み、一人で帰宅する途中、男の死体を発見。その瞬間、何者かに麻酔薬をかがされ意識を失い、気がつくと殺人容疑で逮捕されていた。死体の身元は会社役員の駒津(由井薗)。光彦は警察庁幹部の兄(高橋)に頼んで釈放され、真相究明に乗り出した。数日後、駒津の大学時代の友人で大学教授の三輪(石浜)の死体が佐渡で発見された。

【出演者】浅見光彦:水谷豊 浅見陽一郎:高橋悦史 塚原為男:ポール牧 駒津良雄:由井薗武彦 三輪昭二:石浜朗 ほか 

原作:内田康夫 脚本:岡本克己 監督:藤井克彦 ほか

 【日本テレビ初回放送日】 1988年4月12日

ホームページ

https://www.bs4.jp/suspense/

B4c5a9fed9604d8da2904a3477a421b6Dad51129fbce4557aa8cd0ca44ff606b

『佐渡伝説殺人事件』内田康夫

佐渡の願という地名に由来する奇妙な連続殺人。「願の少女」の正体は事件の根は三十数年前に佐渡で起こった出来事にあった

商事会社役員、駒津良雄のもとに「願」の一字が書かれたハガキが届き、間もなく駒津は殺害される。

親友・三輪昭二も佐渡で死体で発見される。

駒津の遺体の第一発見者となった浅見光彦は「願」と二つの死亡事件の関係を探るために佐渡に向かうのだった。

« 🈖🈑<サスペンス劇場>浅見光彦シリーズ44砂冥宮 | トップページ | 🈑<土曜午後スペシャル>妻は多重人格者 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト