« 宮部みゆき原作『霊験お初~震える岩~』5月4日(土)放送 | トップページ | 劇作家・唐十郎さん死去 84歳 »

2024年5月 4日 (土)

浅見光彦ミステリー平家伝説殺人事件

内田康夫の人気ミステリーシリーズ

54  12:00 -13:55 BS日テレ


連続転落死事件の奇妙な符号を追え!!
浅見光彦ミステリー第1弾。「難事件を直感と推理で解決していくルポライター・浅見光彦の活躍を描く。浅見光彦を水谷豊が演じ、名探偵ぶりと茶目っ気を遺憾なく発揮している。

【ストーリー】
母親と高知に向かうフェリーの旅を楽しんでいたルポライターの光彦(水谷豊)は、甲板で教由という男から平家の落人の村・相ノ川に帰る途中なのだと話しかけられる。男が去って間もなく、悲鳴とともに男の姿が船上から消える。一年後、光彦が乗っていたフェリーの船員が自殺をはかる。光彦の直感が2つの事件の真相を解き明かしていく。


【出演】
水谷豊・・・・・・・浅見光彦
有森也実・・・・・・稲田佐和(教由の姪)
乙羽信子・・・・・・浅見雪江(光彦・陽一郎の母)
高橋悦史・・・・・・浅見陽一郎(光彦の兄・警察庁刑事局長)
松山政路・・・・・・稲田教由
泉晶子・・・・・・・浅見和子(陽一郎の妻)


原作:内田康夫「平家伝説殺人事件」(角川文庫版)

脚本:岡本克己

音楽:佐橋允彦

テーマ曲:「夜のてのひら」岩崎宏美(ビクターエンタテインメント)

制作:日本テレビ

企画:小坂 

プロデューサー:長富忠裕 赤司学文 石川好弘

監督:藤井克彦

製作著作:近代映画協会


たぶん浅見光彦シリーズのTVドラマ化の第一作にあたる。原作イメージとは違うと言われていた水谷豊が熱演して、クオリティは低いない。

ヒロイン稲田佐和はその後に、大切なキャラクターとなっていくけれど、今作では基本キャラ設定に追われて追求は薄いのが心残りだ。

火曜日サスペンス番組スタッフの拘りが感じられる、期待の再放送シリーズ。

« 宮部みゆき原作『霊験お初~震える岩~』5月4日(土)放送 | トップページ | 劇作家・唐十郎さん死去 84歳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト