« 松屋「牛めしランチセット」 | トップページ | つげ忠男『雨季』と時代背景 »

2024年5月16日 (木)

矢部太郎『大家さんと僕』の文庫版

矢部太郎のデビュー作にして、手塚治虫文化賞短編賞を受賞した漫画『大家さんと僕』の文庫版が626日に発売されるらしい。

https://artexhibition.jp/topics/news/20240503-AEJ1991641/


2017年に発表した『大家さんと僕』は、大家のおばあさんと、その家の2階を間借りしている芸人の「僕」の、ちょっと変わった二人暮らしを描くほっこり日常マンガ。TVアニメーションにもなった。

「誕生日のサプライズ」大家さんと僕

https://youtu.be/Uyu8Ne1ncYE?si=VSQCf87q-ZaBD9kM


「笑っているはずなのに心がほんのり温かくなったり、笑っているはずなのにどことなくしんみりしたり」「この日々が終わるのが嫌で、ゆっくりゆっくり読み進めました」など、文庫版には瀬尾まいこさんの暖かい言葉が寄せられている。


https://l.smartnews.com/KeHYp


« 松屋「牛めしランチセット」 | トップページ | つげ忠男『雨季』と時代背景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松屋「牛めしランチセット」 | トップページ | つげ忠男『雨季』と時代背景 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト