« 🈑ミステリー・セレクション▼浅見光彦シリーズ33 蜃気楼 | トップページ | 浮世絵ミステリー 江戸のお化け 〜妖しい魅力の謎〜[字][再] »

2024年6月 8日 (土)

池田清彦/南伸坊『老後は上機嫌』(ちくま新書)

南伸坊の名言「芸術の最尖端は〇〇でできている」 

https://casabrutus.com/categories/culture/405430


池田清彦/南伸坊『老後は上機嫌』(ちくま新書)

生きるってのは非常に面倒くさいが、どうせなら笑って面白く、楽しんだもん勝ち! TVでもお馴染みの舌鋒鋭い科学者と面白中毒のイラストレーターが贈る抱腹絶倒の人生賛歌対談。養老孟司氏推薦!


「つまらない」と「面白い」の違い

「発見」のよろこび

先のこと考えない

適当にAIやコンピューターに頼る

変化を歓迎する

世の中のヘンなこと、冗談を探す

マイノリティーをおそれない

頑張るのはNG 

……朗らかに面白く生きるヒント満載。


【目次】

1章 無計画に生きよう

「好きだ」って思うことが一番大事/脳の使い分けと発達/才能は脳の偏りである/老人は無計画なほうが幸せ/一〇年前の自分と今の自分は同じじゃない

 

2章 最強の老人ってなんだ 

トキソプラズマに感染した脳/変なかたちでも、生物は死なない/「似てる」は一点豪華主義/生物は最強、似顔絵も最強/顔面効果/「わかる」「面白い」の根源には何がある?/脳の入力と出力


3章 考える老人 

面白いと感じるのはどういうときか/「分かり直す」ってうれしい/SNSバカ//人類はいつか絶滅するって、考えない?


4章 おじいさんとAI 

老人は転ぶ/養老孟司さんは新しいもの好き/AIができないこと―天変地異の予想/地球は大切にしなくたって、びくともしない/死ぬこと考えたってしょうがない


5章 おじいさんの脳、若い人の脳 

おじいさんの脳は記憶が多すぎる/脳細胞のコミュニケーション/すべての人は変態だ!/変態理論が教育を救う/「分からない」を分かってくれない/AIの絵はなぜつまらないのか/首尾一貫はバカのやること/頑張らなくてもできることをやれ/「役に立つ」ことを考えるとバカを見る


6章 老人の未来、日本の未来 

金は使うモノ、拝むものじゃない/変化を柔軟に/ルールがないほうが儲かった/ハッピーに生きるには/吉本隆明と誌上バトル/それでも本を書く意味/病気はどうですか?/死ぬ前にやることやっておく


https://www.webchikuma.jp/articles/-/3527


【ザ・インタビュー】不要不急の笑いを求めて 南伸坊著「あっという間」 - 産経ニュースhttps://www.sankei.com/article/20220605-FTYJJJVQ2RJCJC3NAV5XIDKYUE/

« 🈑ミステリー・セレクション▼浅見光彦シリーズ33 蜃気楼 | トップページ | 浮世絵ミステリー 江戸のお化け 〜妖しい魅力の謎〜[字][再] »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト