« 『アガサクリスティ・なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』全3回 | トップページ | フジテレビ系「イップス」令和ねずみ男連続殺人事件 »

2024年6月13日 (木)

ハッピーロード大山商店街のアーケード解体

板橋区のハッピーロード大山商店街の巨大アーケードの一部解体工事が始まる。街の中心部で分断されるアーケードの行く末に複雑な思いを抱く住民は少なくない。そのアーケードはなぜできたのか。


東武東上線大山駅から川越街道までを結ぶ大山商店街は戦後、駅周辺に集まった100軒を超える「闇市」を原点に、高度成長を経て現在の姿へと発展した。そのさなかの1970年代に浮上したのが巨大アーケードの整備。


大山駅寄りの「大山銀座商店街」と川越街道寄りの「大山銀座美観街」に分かれていた。アーケードの整備費用を一部助成する都が示した条件は、商店街の合併だった。

「二つの商店街は仲良くなかった」

大山銀座は食料品店など、美観街は衣料品店などを中心に構成され、互いにライバル関係にあった。

「接着剤」となったのが、両商店街の専門店主たちが会員となっている「東京板橋専門店会」だった。「商店街は違えど、専門店会の活動で気脈を通じていた若手同士が間を取り持った」という。

「式典には横浜の竜踊りを呼んだり、爆竹を鳴らしたり、派手にやった」

「幸せにつづく なが~い屋根」というキャッチフレーズも生まれた。アーケード完成後には通行量が1.5倍に増え、現在も13万人以上が訪れる。


苦難を乗り越えて商店街の象徴のアーケードは今、分断の瀬戸際にある。

都が2015年に26号線の事業化を正式決定して、関連して浮上したタワーマンション計4棟を建てる再開発も相まって、26号線が通る部分約180メートル分のアーケードの解体が迫った。


「アーケードが途中でなくなったら、商業環境が悪くなり、お客さんも不便になるのは目に見えている。スーパーも立ち退きを迫られ、商店街という機能が成り立たなくなる。それは僕らが望んだ街づくりではないはずだ」


【再開発】ハッピーロード大山商店街のアーケード解体が始まってる。 – いたばしTIMES 

https://itabashi-times.com/archives/happy-road202404.html


大山商店街ではデモ活動がニュースになって、心を痛めてしまった。

« 『アガサクリスティ・なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』全3回 | トップページ | フジテレビ系「イップス」令和ねずみ男連続殺人事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『アガサクリスティ・なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』全3回 | トップページ | フジテレビ系「イップス」令和ねずみ男連続殺人事件 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト