2024年3月16日 (土)

たらちね【垂乳根】 の解説

たらちね【垂乳根】 の解説

《枕詞「たらちねの」から》

1 母。母親。

「—の消えやらで待つ露の身を風より先にいかでとはまし」〈増鏡・新島守〉

2 親。両親。父母。

「—はいかに哀れと思ふらむ三年になりぬ足たたずして」〈今鏡・六〉

3 父。父親。

「—もまた垂乳女 (たらちめ) もうせはてて頼む陰なき歎きをぞする」〈拾玉集・一〉


たらち‐め【垂乳女】 の解説

《「垂乳根 (たらちね) 」からの類推で生じた語》生みの母。母親。

「—や止まりて我を惜しまましかはるにかはる命なりせば」〈千載・哀傷〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)

2024年3月14日 (木)

円周率の日

円周率の3.14から、日本数学検定協会が1997年に定めた。数学を生涯学習として、子どもから大人まで楽しめるように発展させるのが目的。

https://gigazine.net/news/20070515_pi_3_jp/

2023年12月20日 (水)

【出世】の解説

【出世】 しゅっ‐せ解説

[名](スル)

1 社会的に高い身分・地位を得ること。「—して親を喜ばす」「立身—」

2 この世に生まれ出ること。

「先づ老子—し、次孔子出」〈雑談集・九〉

3 仏語。


㋐仏が衆生 (しゅじょう) を救うためこの世に現れること。しゅっせい。

㋑俗世間を離れて仏道に入ること。また、その人。出家。

㋒比叡山で、公卿の子弟の出家したもの。

㋓禅寺の住持となること。特に、紫衣を賜り、師号を受け、あるいは勅宣を蒙って官寺の住持となること。

【解説】より

2023年8月 5日 (土)

「ら抜き言葉」について

いわゆる「ら抜き言葉」とは可能の意味の「見られる」「来られる」等を「見れる」「来れる」などのような言い方のことで、話し言葉の世界では昭和初期から現れて、戦後更に増加した言葉である。


【ら抜き言葉の氾濫で、言葉の意味が互いに通じなくなる?】


疑問:ら抜き言葉は、どうして使ってはいけないんですか? 


理由:使い続けるとあなたの話の意図を、相手が適切に理解できないかもしれないからです


Q.ら抜き言葉とは、どんな言葉遣いのことを指すのでしょうか  

「れる」「られる」は動詞の未然形につく助動詞です。「れる」「られる」が未然形につくときにその直前がア段の音になる五段活用動詞の場合は、「書かれる」「読まれる」「飛ばれる」というように、「れる」がつきます。そして、それ以外の活用の動詞には、ア段音である「ら」を入れた「られる」がつきます。
つまり、ら抜き言葉というのは、「見られる」「来られる」「食べられる」のように「られる」をつけるべきところを、「見れる」「来れる」「食べれる」というように、「れる」をつけてしまう言葉遣いのことを言います。

https://metro-noix.tmu.ac.jp/article/0008.html より

2023年4月18日 (火)

【朝三暮四】ちょうさんぼし

目先の違いにとらわれて、結局は同じ結果になることに気づかないこと。また、目先の利害を強調して口先で人をあざむくこと。

注記 転じて、生計やくらしの意にも用いる。また、現代中国では、考えや方針が変わりやすくあてにできないことについていう。

中国春秋時代、宋の狙公そこうが飼っていた猿に、トチの実を朝に三つ晩に四つ与えようと言ったら猿が怒りだしたので、それなら朝に四つ晩に三つ与えようと言ったら喜んだという説話から。

「暮四朝三ぼしちょうさん」ともいう。出典『列子れっし』黄帝こうてい

2023年4月 6日 (木)

あらましの意味

あらましの意味

【一】[名]

1 事柄のだいたいのところ。概略。「事件の―を話す」

2 前もって先のことをあれこれ考えること。予想。予定。

「かねての―みな違(たが)ひゆくかと思ふに」〈徒然・一八九〉

【二】[副]

1 おおかた。おおよそ。「普請は―出来上がった」

2 前もって。かねてから。

「心の限り仕うまつらむと、―おぼされつるに」〈増鏡・春の別れ〉

[デジタル辞典より]


出典徒然草 一八九

「かねてのあらまし、みな違(たが)ひゆくかと思ふに、おのづから違はぬこともあれば」

[訳] かねてからの予想がすべて食い違っていくかと思うと、たまには違わないこともあるので。

②だいたいの内容やようす。あらすじ。一部始終。

出典好色一代男 浮世・西鶴

「ちかぢか尋ねて無事のあらましを聞かせ申すべし」

[訳] 近々訪ねて、(あなたの)無事なようすをお伝え申し上げよう。

[二]副詞〔多く「に」を伴って〕だいたい。おおよそ。

出典世間胸算用 浮世・西鶴

「既にその年の大晦日(おほつごもり)に、あらましに正月の用意をして」

[訳] すでにその年の大晦日に、だいたい正月の用意をして。

注意 現代語にない「願望」「期待」などの意味がある。

2023年3月 9日 (木)

【捏造】 ねつぞう

【捏造】 ねつぞう

 こねてつくること。

江戸繁昌記(1832‐36)四「百千鬼神、〈略〉一夜の間、箇の霊島を捏造」

 事実でないことを事実のようにこしらえていうこと。ないことをあるようにいつわってつくりあげること。〔英和外交商業字彙(1900)〕

社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「此醜聞は反対党が捏造した無根の風説ですから」


〘名〙 ありもしないことを、事実であるかのようにつくりあげること。根も葉もない事をこしらえていうこと。でっちあげ。ねつぞう。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「金を返へす期限を延さん為めに、嘘城ことを捏造して」


【精選版 日本国語大辞典】より

2023年2月23日 (木)

日本初の女性弁護士の三淵嘉子さん

三淵嘉子(みぶちよしこ1914年(大正3年)1113 - 1984年(昭和59年)528日)日本初の女性弁護士の1人であり、初の女性判事及び家庭裁判所長。

6769def6b1044b96b11238c53182c8d6

【略歴】

19141113日、シンガポールにて出生、シンガポールの漢字表記に用いられた「嘉」から「嘉子」と名付けられた。旧姓は武藤、父親は台湾銀行勤務。


1938年に明治大学法科を卒業[3]。高等文官試験司法科試験に合格し、1940年に弁護士を開業。明治大学同窓の中田正子、久米愛と共に日本初の女性弁護士となる。1946年、最初の夫である和田芳夫が戦病死。


1947年、裁判官採用願いを司法省に提出。司法省民事局局付を経て、最高裁判所発足に伴い最高裁民事局局付、家庭局創設に伴い初代の家庭局局付に就任。1949年、東京地裁判事補となる。石渡満子と共に、初の女性裁判官に就任。1952年、名古屋地方裁判所で初の女性判事となる。1956年、裁判官の三淵乾太郎(初代最高裁長官だった三淵忠彦の子)と再婚。三淵姓となる。1972年、新潟家庭裁判所で初の女性家庭裁判所長となる。のちに浦和家裁、横浜家裁の各所長を務める。1979年、退官し、弁護士となる。

1984528日午後815分、骨癌のため69歳で死去。


2024年春開始のNHK連続テレビ小説『虎に翼』で、伊藤沙莉が演じる主人公「猪爪寅子」のモデルとなる。


【参考文献】

清永聡 『家庭裁判所物語』日本評論社、2018年。ISBN 9784535523746

三淵嘉子さん追想文集刊行会編集昭『追想のひと三淵嘉子』 三淵嘉子さん追想文集刊行会 1985

HKW(制作・著作) 『三淵嘉子 法曹界の扉を開く』大阪府男女共同参画推進財団〈Women pioneers 女性先駆者たち 4〉、2011年。 NCID BB06375878 DVD。出演 - 三淵嘉子、縫田曄子、制作協力 - 織田暁子、インタビュー収録 - 1976

Wikipedia〉より

2022年12月 6日 (火)

鴨川四季の歌碑

京都鴨川に沿って川端通をくだって、疏水が鴨川に合流する所に歌碑はある。景勝としての鴨川を詠んだ四首を並べて、鴨川四季の歌碑がある。


桜花ちりかひかすむ春の夜の

おぼろ月夜のかもの川風   

実朝 


ちはやぶるかもの川べの藤波は

かけてわするゝ時のなきかな   

兵衛


心すむためしなりけり

ちはやぶるかものかはらの秋の夕ぐれ 

後鳥羽院 


霜うづむかものかはらになく千鳥

氷にやどる月やさむけき   

良経


歌の作者は新古今前後の人々。後鳥羽院は新古今奏上の勅命を発した帝で、藤原良経は時の摂政で編纂にも影響ある人物。

新古今集成立は詔勅の発せられた建仁元年(1201)を基準にしている。

2022年12月 5日 (月)

源実朝の和歌

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』も終わりに近づいて、実朝の代表的な歌たちを旅する。


「山はさけ海はあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」


歌の盟友たる後鳥羽上皇への恭順の意を表した歌とされる。


「大海の磯もとどろに寄する波われてくだけてさけて散るかも」


「古寺のくち木の梅も春雨にそぼちて花もほころびにけり」


源頼朝が父の菩提を弔うために建立した勝長寿院の梅を詠んだもの。


[ちはやぶる伊豆のお山の玉椿八百万代も色はかはらし」


「箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波のよるみゆ」


箱根や伊豆を訪れた時に歌われた首たち。



「時により過ぐれば民の嘆きなり八大龍王雨やめたまへ」


建暦元年の洪水の被害に「恵みの雨も過ぎると民は嘆くことになる」から、雨を司る八大龍王に祈念して詠まれた。



「ものいはぬ四方のけだものすらだにもあはれなるかなや親の子をおもふ」


「世の中はつねにもがもななぎさこぐあまの小舟の綱手かなしも」『小倉百人一首』より


「風さわぐをちの外山に雲晴れて桜にくもる春の夜の月」


鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場に植えられている実朝桜の碑にある首。


「こむとしもたのめぬうはの にたに秋かせふけば 雁はきにけり」


「いま来むとたのめし人は見えなくに秋かせ寒み雁はきにけり」


帰国して戻らない近臣の東重胤へ帰参するよう催促するのにに詠んだという。


「君が代も我が代も尽きじ石川や瀬見の小川の絶えじとおもへば」


鴨長明の「石川や瀬見の小川の清ければ月も流れも尋ねてぞすむ」を元にした首。


「瀬見の小川は、京都の下鴨神社が鎮座する糺の森を流れる川」


「夕されは秋風涼したなばたの天の羽衣たちや更ふらん」


「彦星の行合をまつ久方の天の河原に秋風ぞ吹く」


「桜花ちりかひかすむ春の夜のおぼろ月夜のかもの川風」


京都鴨川には『新古今和歌集』を編纂させた後鳥羽上皇、『金塊和歌集』を編んだ源実朝の歌碑がある。

https://www.yoritomo-japan.com/nara-kyoto/kamogawa-kahi.html


通称「鴨川四季の歌碑」と呼ばれている。



源実朝は「実権を北条政子や北条義時に握られ、和歌にふけるようなった」ともいわれる。和歌は曲節をつけて詠み上げられる(披講)。神仏と交感して、天下泰平・国土安穏を願われた。

後鳥羽上皇は蹴鞠や和歌を極めた。実朝にとって和歌は、後鳥羽上皇と良好な関係を築くのに不可欠なことたったようだ。


「出でて去なばぬしなき宿となりぬとも軒端の梅よ春を忘るな」


実朝が暗殺された日に詠まれたと伝えられる。承久元年1月27日、実朝は甥の公暁によって暗殺される。実朝が暗殺されたのは、鶴岡八幡宮で行われた右大臣拝賀の式後だった。拝賀式に出掛けるとき、実朝はこの歌を詠んで、髪を結ってくれた者に髪の毛を与えて出て行ったという。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト