2017年6月19日 (月)

赤い電車に乗って

Dscn0594_2

Dscn0593

2017年6月18日 (日)

堀口大学『月下の一群』

1933(大正14)年、第一書房より挿絵入りの豪華本として刊行。

詩人66人による340篇を日本語訳を収めた、訳詩集。堀口大学が外交官だった父とマドリードに滞在していた時に知り合った画家のマリー・ローランサンから教えてもらったアポリネールなど、当時時代の最先端を行く詩人たちを日本に紹介した画期的な訳詩集。

201607210309448741

ポオル・ヴァレリイ「風神」 人は見ね 人こそ知らね ありなしのわれは匂ひぞ 風のもて来し!

ギィヨオム・アポリネエル「蝗」 これは上品な蝗(いなご)です サン・ジャン聖者の食物です 私の詩歌も蝗のやうに立派な人たちの腹のたしになればよい

フランシス・ジャム「哀歌」 雨がふった 大地はよろこんでゐる。 万物は輝く。 薔薇の花弁の一つ一つに 一滴づつ露がたまつて 重たげに傾かせる。 でもまた暑くなりさうだ。

レエモン・ラディゲ「頭文字」 砂の上に僕等のやうに 抱き合つてる頭文字 このはかない紋章より先きに 僕等の恋が消えませう

ジャン・コクトオ「シャボン玉」 シャボン玉の中へは 庭は這入れません まはりをくるくる廻つてゐます

ジュウル・ラフォルグ「新月の連祷」 不眠症に めぐまれた月よ、 エンデミオンの白い頸飾(メダイヨン)よ、 住む人もない 化石の星よ、 サランボーの ねたみの墓よ、 果(はて)しれぬ神秘の 波止場よ、 聖母(マドンナ)よ! 令嬢(ミス)よ! ディアーヌ、アルテミスよ! われ等が夜遊びの聖みはりよ! 骨牌あそびの呪禁(まじなひ)よ、 露台の上のつかれた夫人よ、 蛍をそそのかす媚薬(ほれぐすり)よ、 最後の賛美歌よ、窓よ、円屋根よ、 われ等が救ひの猫の 美しい眼よ、 おお、われ等が信仰の 野戦病院になつておくれ! 聖大赦免の羽蒲団になつておくれ!

* 最後の一つの手前の言葉 宇宙かね? ――おれの心は そこで死んで行くのさ あとものこさずに……。 本当を云ふと、地球をとりまくあの天井は 大そう薄情に出来ているのさ。 女? ――おれはそこから生れて来てる、 魂の中に 死を抱(だ)いて……。 本当を云ふと、方角ちがひの二人が 一番愛し合へるのさ。 夢かい? ――結構なものさ 終りさへ 見られたら……。 本当を云ふと、人生は短かく 夢は長いよ。 すると各自(てんで)が差配する この肉体で 何をしたらよいのか? 本当に、おお、歳月よ、この豊かな肉体で、何をしたらよいのか? これや ここや かしこや……。 本当を云ふと、本当を云ふと、これだけさ。その外は、なるやうにするがよいのさ。

* 「ピエロの言葉」 かくしの中へ両手をつつこんで 道を歩きながら わしは聴く 百千の寺の鐘が 「貴様の知らぬ間に 時は近づくぞ」と歌ふのを! 何と! 神様なんかに、用はござらぬ! ここはわが安住でさあ! どうやらなつかしい あの天井、あれがわしのすべてでさあ。 わしはまつすぐに歩きます。 わしは曲がつた事は真平だ。 嘘の はきだめのやうな、 歴史も、自然も、わしは悉皆(しつかい)承知です、ちよいと皆さんに申上げて置きますが、わしは真面目で、云つてゐますよ。

* 「五分間写生」 オフェリア わが君、それは儚なうございます。 ハムレット 女子(をなご)の恋のやうにぢや。 おや、おや! 天気が変るわい、雷さまも遠くない、人たちは大急ぎで 乾草をしまひこむ! 腫ものがやぶれる! 夕立がふり出す! これはしたり 洪水どもの大げんくわ! …… おや! おや! これはまた、 雨傘の行列だ! おや! おや! 破産しかけた この自然! …… 私の窓で 非人情な様子の フクシャの花が一輪よみがへる。

(新潮文庫「月下の一群」堀口大学訳詩集より)

日本の文学史において上田敏の訳詩集『海潮音』や、森鴎外による外国文学の翻訳紹介など、翻訳が果した役割は大きく、『月下の一群』以降の詩人たちにとって、大きな影響となった。堀口大学は翻訳を通して「新しい日本語のスタイル」を創造した。

2017年6月11日 (日)

『夜のガスパール レンブラント、カロー風の幻想曲 アロイジウス・ベルトラン散文詩集』風の薔薇 1983/岩波文庫 1991

Img_0070
シュールレアリストに評価された怪奇と幻想の詩人ベルトラン。詩集『夜のガスパール』後半を破棄しようとしていたが、散文詩の理想として「第一の書」があった。死の翌年にサントブーヴとダヴィット・ダンジュにより『夜のガスパール』は出版されたが、世に知られることはなかった。後にボードレール、マラルメに称賛され、モーリス・ラベルが「オンディーヌ」「絞首台」「スカルボ」の三編をテーマとしたピアノ曲を作曲するにいたってようやく名声を得た。

ロマン派全盛の時代にあって、散文形式の叙述による詩という新しい形式、そして、客観的な幻想性というシュールレアリストに受け継がれる表現を創始した作品。

『夜のガスパール』原典は65編の詩と序文からなるが、ラベルがとり上げた三編と比較的親しみやすい二編を抜粋し「夜のガスパール 抄」として訳出。
庄野 健氏による新訳『夜のガスパール』もあり、読み比べをお勧めします。
https://www.amazon.co.jp/%E5%BA%84%E9%87%8E-%E5%81%A5/e/B00AWOPZKO

Img_0067


夜のガスパール

夜のガスパール 抄

アロイジウス・ベルトラン Aloysius Bertrand 庄野 健訳


オンディーヌ

私を眠りへと誘なう美しい調べを聞いた
それは誰かのささやきのようでもあった
しかし、その歌はやさしく悲しい声に乱された
シャルル・ブルニュ「ふたつの聖霊」より

聞いて、聞いて
私よ、オンディーヌよ
やさしい月の光がさす窓を
月光に輝く飾り硝子を
夜露のようにそっとたたくのは私

私こそは
白絹のようなしぶきに身をつつみ
美しい星空を映した静かな湖を統べる
水の乙女

たち騒ぐ波は水の精
すべての流れは私の王宮への径みち
私の王宮は
火と土と風のはざま
湖底にかくされた秘密

聞いて、聞いて
私の父は榛はんの若木の枝で水を従えるのよ
姉さまたちは白い波で
水蓮やグラジオラスが咲きみだれる
緑の小島をやさしく包み
釣人のように枝を垂れた
柳じいさんをからかっているわ

そしてオンディーヌは指輪を差しだした
この私に彼女の夫となるべく
水の宮殿で湖の王となるべく

しかし私は
限りある命の乙女を
愛していることを告げた
オンディーヌは
恨みがましく涙を流したかと思うと
嘲笑を私に浴びせかけた
そして水のなかへと
帰っていった
オンディーヌのたてたしぶきが
青硝子に白い跡を残した


ONDINE

Je croyais entendre
Une vague harmonie enchanter mon sommeil,
Et près de moi s'épandre un murmure pareil
Aux chants entrecoupés d'une voix triste et tendre.
CH. BRUGNOT. - _Les deux Génies._

- << Écoute! - Écoute! - C'est moi, c'est Ondine qui frôle de
ces gouttes d'eau les losanges sonores de ta fenêtre illuminée par les
mornes rayons de la lune; et voici, en robe de moire, la dame
châtelaine qui contemple á son balcon la belle nuit étoilée et le beau
lac endormi.

<< Chaque flot est un ondin qui nage dans le courant, chaque
courant est un sentier qui serpente vers mon palais, et mon palais est
bâti fluide, au fond du lac, dans le triangle du feu, de la terre et de
l'air.

<<Écoute! - Écoute! - Mon père bat l'eau coassante d'une
branche d'aulne verte, et mes soeurs caressent de leurs bras d'écume les
fraîches îles d'herbes, de nénuphars et de glaïeuls, ou se moquent du
saule caduc et barbu qui pêche á la ligne. >>

* * *

Sa chanson murmurée, elle me supplia de recevoir son anneau á
mon doigt, pour être l'époux d'une Ondine, et de visiter avec elle son
palais, pour être le roi des lacs.

Et comme je lui répondais que j'aimais une mortelle, boudeuse
et dépitée, elle pleura quelques larmes, poussa un éclat de rire, et
s'évanouit en giboulées qui ruisselèrent blanches le long de mes
vitraux bleus.

絞首台

絞首台のあたりでうごめいているものは何だ?
「ファウスト」より

これは夜陰に吹きすさぶ北風か
それとも、吊るされた罪びとの溜息か

あるいは、吊るし木の足元をやさしく覆う
苔と枯蔓に隠れてなくこおろぎか

死者の耳もとで
獲物を求めて飛びまわる蝿の羽音か

しゃれこうべにしがみついて
血のこびりついた髪に絡みつく甲虫か

それとも縊れた首のまわりに
純白のスカーフを編む蜘蛛か

かなたの城壁から鐘をうつ音が響き
罪びとの亡きがらは
夕日のなかで
ゆらりと揺れた


LE GIBET

Que vois-je remuer autour de ce gibet?
FAUST

Ah! ce que j'entends, serait-ce la bise nocturne qui glapit, ou
le pendu qui pousse un soupir sur la fourche patibulaire?

Serait-ce quelque grillon qui chante tapi dans la mousse et le
lierre stérile dont par pitié se chausse le bois?

Serait-ce quelque mouche en chasse sonnant du cor autour de ces
oreilles sourdes a' la fanfare des hallalis?

Serait-ce quelque mouche en chasse sonnant du cor autour de ces
oreilles sourdes á la fanfare des hallalis?

Ou bien serait-ce quelque araignée qui brode une demi-aune de
mousseline pour cravate á ce col étranglé?

C'est la cloche qui tinte aux murs d'une ville, sous l'horizon,
et la carcasse d'un pendu que rougit le soleil couchant.

スカルボ

ベッドの上にも、暖炉の上にも、
そして飾り棚の上にも姿はなかった
あのものは何処から忍び込んだのか
そして何処へ逃れたのか
「ホフマン夜話」より


幾度となく私は見た、やつ、スカルボを
金の蜜蜂を縫いとった瀝青色の旗印の
銀色の紋章のように月が輝く夜に

幾度となく私は聞いた
壁の暗がりでやつが漏らすあざけりの声を
ベッドのカーテンに爪をたてる音を

私は見た
やつが天井からするすると降りてきては
魔女の糸巻きさながら
一本足でくるくると
部屋の中を踊りまわるのを

やつは何処へ失せたのか
突然、あやしい小鬼がゴチックの鐘楼のように
月と私のあいだに立ちふさがった
金色の鐘がやつのとんがり帽子で揺れている

しかし、すぐにそいつの身体は蒼白に変った
不気味なろうそくのように
頭は燃えつきたろうそくのように
溶けて流れた
そして冷たく動かなくなった

SCARBO

Il regarda sous le lit, dans la
cheminée, dans le bahut; - personne. Il
ne put comprendre par où il s'était
introduit, par où il s'était évadé.
HOFFMANN - _Contes nocturnes_

Oh! que de fois je l'ai entendu et vu, Scarbo, lorsqu'á minuit
la lune brille dans le ciel comme un écu d'argent sur une bannière
d'azur semée d'abeilles d'or!

Que de fois j'ai entendu bourdonner son rire dans l'ombre de
mon alcôve, et grincer son ongle sur la soie des courtines de mon lit!

Que de fois je l'ai vu descendre du plancher, pirouetter sur un
pied et rouler par la chambre comme le fuseau tombé de la quenouille
d'une sorcière.

Le croyais-je alors évanoui? le nain grandissait entre la lune
et moi, comme le clocher d'une cathédrale gothique, un grelot d'or en
branle á son bonnet pointu!

Mais bientôt son corps bleuissait, diaphane comme la cire d'une
bougie, son visage blémissait comme la cire d'un lumignon, - et soudain
il s'éteignait.

練金術師

この学問を体得するには二つの道があると知れ
一つは師について秘密を学ぶ道じゃが
それは霊感と啓示を待つようなものじゃ
二つめは難解な古文書を読み解くことじゃ
真理へ至る道は容易ではない
心を研ぎ澄まし、辛抱強く学ぶことじゃ
ピエール・ビコ「哲学の奥儀」より

何も起らぬ
三日と三夜じゃ
煤けたランプの下で、レイモン・リュリの奥儀書を
隅から隅まで読み漁ったというに

まったくもって不可解じゃ
レトルトはしゅうしゅうと沸きたってはおるが
おのれサラマンダーめ、その嘲笑で我が黙想の邪魔をしおるか

あまつさえ、儂の顎鬚に爆竹をしかけ
火のついた石弓で我が上衣を黒焦げにする始末

サラマンダーの奴が炎の中で鎧を鍛えるたびに
坩堝の灰が書物やらインク壷に振りかかる

きらめくレトルトは
聖エロワ様が悪魔の鼻を締めあげたような音をたてておるわ

相も変らず何事も起らぬわい
さればさらに三日と三晩
煤をたてるランプの下で
レイモン・リュリの奥儀書を
隅から隅まで読み漁ろうぞ


L'ALCHIMISTE

Notre art s'apprend en deux
manières, c'est á savoir par
enseignement d'un maître, bouche á
bouche, et non autrement, ou par
inspiration et révélation divines; ou
bien par les livres lesquels sont moult
obscurs et embrouillés; et pour en
iceux trouver accordance et vérité
moult convient être subtil, patient,
studieux et vigilant.
_La clef des secrets de
philosophie de Pierre Vicot_

Rien encore! - Et vainement ai-je feuilleté pendant trois jours
et trois nuits, aux blafardes lueurs de la lampe, les livres
hermétiques de Raymond Lulle.

Non, rien, si ce n'est, avec le sifflement de la cornue
étincelante, les rires moqueurs d'un salamandre qui se fait un jeu de
troubler mes méditations.

Tantôt il attache un pétard á un poil de ma barbe, tantôt il me
décoche de son arbalète un trait de feu dans mon manteau.

Ou bien fourbit-il son armure, c'est alors la cendre du
fourneau qui souffle sur les pages de mon formulaire et sur l'encre de
mon écritoire.

Et la cornue toujours plus étincelante siffle le même air que
le diable, quand saint Éloi lui tenaille le nez dans sa forge.

Mais rien encore! - Et pendant trois autres jours et trois
autres nuits je feuilleterai, aux blafardes lueurs de la lampe, les
livres hermétiques de Raymond Lulle!


天に愛されしかよわき鳥よ
汝は風を聞きわけ、そして歌う
汝が巣の中には
真珠のごとき雨のしずく
ビクトル・ユゴー

激しい雨
黒森くろもりの幼き炭焼の子らは
香り良き羊歯の寝床に身を縮める
小屋の外は
狼の遠吠えのごとく
吹き荒れる風

幼き子らは思う
牝鹿たちはこの風の音を
狩の角笛だと思って
逃げまどっているよ
リスたちは稲光を
山師の角灯だと思って
樫の木の巣穴に隠れているよ

幼き子らは思う
セキレイの雛は
お母さんの翼の下で
震えているよ
駒鳥は
大好きなお花を
吹き飛ばされてしまってるよ

あの蛍は
苔にたまった雨水の中で
もがいているよ

今はピュアリス魔王やウイルベルタ妖妃が
待ちぶせしている頃だよ
夜道を急ぐ巡礼が
ライン川のほとりで
霧の馬に乗った魔王の
とりこになっていないかしら

とても心配だよ
小さな子供たちが
山賊たちの秘密の道に
迷いこんでいないかしら
トロルの鬼火に
引きよせられていないかしら

夜が明けた
朝の光の中に
幼き子らは出た
鳥寄せ笛で小鳥を誘った隠れがは草に倒れ
鳥もち竿は
泉の底に沈んでいた


LA PLUIE

Pauvre oiseau que le ciel bénit!
Il écoute les vents bruire,
Chante, et voit des gouttes d'eau luire
Comme des perles dans son nid!
VICTOR HUGO

Et cependant que ruisselle la pluie, les petits charbonniers de
la Forêt-Noire entendent, de leur lit de fougère parfumée, hurler au
dehors la bise comme un loup.

Ils plaignent la biche fugitive que relancent les fanfares de
l'orage, et l'écureuil tapi au creux d'un chêne, qui s'épouvante de
l'éclair comme de la lampe du chasseur des mines.

Ils plaignent la famille des oiseaux, la bergeronnette qui n'a
que son aile pour abriter sa couvée, et le rouge-gorge dont la rose,
ses amours, s'effeuille au vent.

Ils plaignent jusqu'au vers luisant qu'une goutte de pluie
précipite dans des océans d'un rameau de mousse.

Ils plaignent le pèlerin attardé qui rencontre le roi Pialus et
la reine Wilberta, car c'est l'heure où le roi mène boire son palefroi
de vapeurs au Rhin.

Mais ils plaignent surtout les enfants fourvoyés qui se seraient
engagés dans l'étroit sentier frayé par une troupe de voleurs, ou qui
se dirigeraient vers la lumière lointaine de l'ogresse.

Et le lendemain, au point du jour, les petits charbonniers
trouvèrent leur cabane de ramée, d'où ils pipaient les grives, couchée
sur le gazon et leurs gluaux noyés dans la fontaine.


底本:「抄訳 夜のガスパール」
※このファイルは、Leaves of Tales(http://hw001.spaaqs.ne.jp/leavesoftales/leave/leavexc9.htm)に入力者が掲載していたものを、青空文庫形式にあらためて作成しました。
入力:庄野 健
校正:2012年8月31日作成

https://www.amazon.co.jp/%E5%BA%84%E9%87%8E-%E5%81%A5/e/B00AWOPZKO
Img_0066


アロイジウス・ベルトラン( Aloysius Bertrand )

Img_0069
[生]1807.4.20. イタリア,チェバ
[没]1841.4.29. パリ
フランスの詩人。本名 Louis Jacques Napoléon Bertrand。ディジョンに住んで地方新聞を主宰していたが,パリに出て,中世のディジョンを夢幻的に描いた散文詩集『夜のガスパール』 Gaspard de la nuitを書いた。作者の死後サント=ブーブによって出版 (1842) されたこの作品は,フランスで最初の散文詩の試みで,絵画的喚起力に富む韻律的な散文により,ボードレール,マラルメらの高い評価を受け,さらに 20世紀のシュルレアリストによる再評価を経て,今日ではロマン主義をこえる傑作とみなされている。生前は貧困と病に苦しみ,孤独のうちに孤独のうちに死亡。

生前は世間に認められることもなく、34歳の若さで亡くなったが、散文詩というジャンルの先駆者として、後のボードレールにも大きな影響を与えた。死後刊行された『夜のガスパール(Gaspard de la nuit)』は、ラヴェルが想を得て同名のピアノ曲を作曲したことで有名である。  
Img_0068


2017年5月20日 (土)

《きつねの窓》安房 直子

いつでしたか、山で道に迷った時の話です。ぼくは、自分の山小屋にもどるところでした。歩き慣れた山道を、鉄砲をかついで、ぼんやり歩いていました。そう、あの時は、全 くぼんやりしていたのです。むかし好きだった女の子のことなんか を、とりとめもなく考えながら。
道を一つ曲がった時、ふと、空がとてもまぶしいと思いました。まるで、みがきあげられた青いガラスのように……。すると、地面も、 なんだか、うっすらと青いのでした。
「あれ?。」

いっしゅん、ぼくは立ちすくみました。まばたきを、二つばかりしました。ああ、そこは、いつもの見習れたすぎ林ではなく、広 々とした野原なのでした。それも、一面、青いききょうの花畑なのでした。
ぼくは息をのみました。いったい、自分は、どこをどうまちがえて、いきなりこんな場所にでくわしたのでしょう。だいいち、こ んな花畑が、この山にはあったのでしょうか。
「すぐ引き返すんだ。」
ぼくは、自分に命令しました。その景色は、あんまり美しすぎました。なんだか、そらおそろしいほどに。
けれど、そこには、いい風がふいていて、ききょうの花畑は、 どこまでもどこまでも続いていました。このまま引き返すなんて、なんだかもったいなさすぎます。
「ほんのちょっとやすんでいこう。」
ぼくは、そこにこしを下ろして、あせをふきました。
 と、その時、ぼくの目の前を、ききょうの花がざざーと一列にゆれて、その白い生き物はボールが転げるように走って行きました。
 確かに、白ぎつねでした。まだ、ほんの子どもの。ぼくは、鉄ぽうをかかえると、その後を追いました。
 ところが、その速いことといったら、ぼくが必死で走っても、追いつけそうにありません。ダンと一発やってしまえば、それでいいのですが。できれば、ぼくはきつねのすを見つけたかったのです。そして、そこにいる親ぎつねをしとめたいと思ったのです。けれど、子ぎつねは、ちょっと小高くなった辺りへ来て、いきなり花の中にもぐったと思うと、それっきり姿を消しました。
 ぼくは、ぽかんと立ちすくみました。まるで、昼の月を見失ったような感じです。うまいぐあいに、はぐらかされたと思いました。

Img_9744

 この時、後ろで、
 「いらしゃいまし。」
と変な声がしました。おどろいてふり向くと、そこには、小さな店があるのでした。入口に、「染め物 ききょう屋」と、青い字の看板が見えました。そして、その看板の下に、こんの前かけをした子どもの店員が一人、ちょこんと立っていました。ぼくには、すぐわかりました。
 「ははあ、さっきの子きつねが化けたんだ。」
 すると、胸のおくから、おかしさが、くつくつとこみ上げてきました。「ふうん、これはひとつ、だまされたふりをして、きつねをつかまえてやろう」と、ぼくは思いました。そこで、精いっぱい、あいそ笑いをして、
「少し休ませてくれないかね。」
と言いました。すると、店員に化けた子きつねは、にっこり笑って、
「どうぞ、どうぞ。」
と、ぼくを案内しました。
 店の中は、土間になっていて、しらかばでこしらえたいすが、五つもそろっているのです。りっぱなテーブルもありました。
「なかなかいい店じゃないか。」
ぼくは、いすにこしかけて、ぼうしをぬぎました。
「はい、おかげさまで。」
きつねは、お茶をうやうやしく運んできました。
「染め物屋だなんて、いったい、何を染めるんだい。」
ぼくは、半分からかうようにききました。すると、きつねは、いきなりテーブルの上の、ぼくのぼうしを取り上げて、
「はい、なんでもお染いたします。こんなぼうしも、すてきな青に染まります。」 と言うのです。
「とんでもない。」
ぼくは、あわててぼうしを取り返しました。
「ぼくは、青いぼうしなんか、かぶる気はないんだから。」
「そうですか、それでは。」
と、きつねは、ぼくの身なりをしげしげと見つめて、こう言いました。
「そのマフラーは、いかがでしょう。それとも、くつ下はどうでしょう。ズボンでも、上着でも、セーターでも、すてきな青に染まります。」
 ぼくは、いやな顔をしました。「こいつ、なんだって、やたらに人の物を染めたがるんだろう。」と、腹がたちました。
 けれど、それはたぶん、人間もきつねも同じことなのでしょう。きつねは、きっとお礼がほしいのでしょう。要するに、ぼくは、お客としてあつかいたいのでしょう。
 ぼくは、一人でうなづきました。それに、お茶まで入れてもらって、何も注文しないのも悪いと思いました。そこで、ハンカチでも染めさせようかと、ポケットに手をつっこんだ時、きつねは、とっぴょうしもなくかん高い声をあげました。
「そうそう、お指をお染いたしましょう。」
「お指?」
ぼくはむっとしました。
「指なんか染められてたまるかい。」
 ところが、きつねは、にっこり笑って、
「ねえ、お客様、指を染めるのは、とてもすてきなことなんですよ。」
と言うと、自分の両手を、ぼくの目の前に広げました。
 小さい白い両手の、親指と人差し指だけが、青く染まっています。きつねは、その両手を寄せると、青く染められた四本の指で、ひし形の窓を作ってみせました。それから、窓を、ぼくの目の上にかざして、
「ねえ、ちょっと、のぞいてごらんなさい。」
と、楽しそうに言うのです。
「うう?」
ぼくは、気ののらない声を出しました。
「まあ、ちょっとだけ、のぞいてごらんなさい。」
 そこで、ぼくは、しぶしぶ窓の中をのぞきました。そして、ぎょうてんしました。
 指でこしらえた、小さな窓の中には、白いきつねの姿が見えるのでした。それは、みごとな母ぎつねでした。しっぽをゆらりと立ちて、じっとすわっています。それは、ちょうど窓の中に、一枚のきつねの絵が、ぴたりとはめこまれたような感じなのです。
「こ、こりゃあいったい………。」
ぼくは、あんまりびっくりして、もう声が出ませんでした。きつねは、ぽつりと言いました。
「これ、ぼくの母さんです。」
「……」
「ずうっと前に、ダーンとやられたんです。」
「ダーンと?鉄ぽうで?」
「そう。鉄ぽうで。」
 きつねは、ぱらりと両手を下ろして、うつむきました。これで、自分の正体がばれてしまったことも気づかずに、話し続けました。
「それでもぼく、もう一度母さんに会いたいと思ったんです。死んだ母さんの姿を、一回でも見たいと思ったんです。これ、人情っていうものでしょ。」
 なんだか悲しい話になってきたと思いながら、ぼくは、うんうんとうなずきました。
「そしたらね、やっぱりこんな秋の日に、風がザザーッてふいて、ききょうの花が声をそろえて言ったんです。あなたの指をお染なさい。それで窓を作りなさいって。ぼくは、ききょうの花をどっさりつんで、その花のしるで、ぼくの指を染めたんです。そうしたら、ほうら、ねっ。」
きつねは、両手をのばして、また、窓を作ってみせました。
「ぼくはもう、さびしくなくなりました。この窓から、いつでも、母さんの姿を見ることができるんだから。」
ぼくは、すっかり感げきして、何度もうなずきました。実は、ぼくも独りぽっちだったのです。
「ぼくも、そんな窓がほしいなあ。」
ぼくは、子どものような声をあげました。すると、きつねは、もううれしくてたまらないという顔をしました。
「そんなら、すぐにお染いたします。そこに、手を広げてください。」
テーブルの上に、ぼくは両手を置きました。きつねは、花のしるの入ったおさらと筆を持ってきました。そして、筆にたっぷりと青い水をふくませると、ゆっくり、ていねいに、ぼくの指を染め始めました。やがて、ぼくの親指と人差し指は、ききょう色になりました。
「さあ、できあがり。さっそく、窓を作ってごらんください。」
ぼくは、胸をときめかせて、ひし形の窓を作りました。そして、それを、おそるおそる目の上にかざしました。
すると、ぼくの小さな窓の中には、独りの少女の姿が映りました。花がらのワンピースを着て、リボンのついたぼうしをかぶって。それは、見覚えのある顔でした。目の下に、ほくろがあります。
「やあ、あの子じゃないか!」
ぼくはおどり上がりました。むかし大好きだった、そして、今はもう、けっして会うことのできない少女なのでした。
「ね、指を染めるって、いいことでしょ。」
きつねは、とてもむじゃきに笑いました。
「ああ、すてきなことだね。」
ぼくは、お礼をはらおうと思って、ポッケとをまさぐりました。が、お金は一銭もありません。ぼくは、きつねにこう言いました。
「あいにく、お金が全然ないんだ。だけど、品物なら、なんでもやるよ。ぼうしでも、上着でも、セーターでも、マフラーでも。」
すると、きつねはこう言いました。
「そんなら、鉄ぽうをください。」
「鉄ぽう?そりゃちょっと……」
困るなと、ぼくは思いました。が、たった今手に入れた、すてきな窓のことを思ったとき、鉄ぽうは、すこしもおしくなくなりました。
「ようし、やろう。」
ぼくは、気まえよく、鉄ぽうをきつねにやりました。
「毎度、ありがとうございます。」
きつねは、ぺこっとおじぎをして、鉄ぽうを受け取ると、おみやげになめこなんかくれました。
「今夜のおつゆにしてください。」
なめこは、ちゃんと、ポリぶくろに入れてありました。
ぼくは、きつねに帰りの道をききました。すると、なんのことはない、この店の裏側はすぎ林だというのです。森のなか二百メートルを歩いたら、ぼくの小屋に出るのだと、きつねは言いました。ぼくは、かれにお礼を言うと、言われたとおり、店の裏手へ回りました。すると、そこには、見慣れたすぎ林がありました。秋の日がきらきらとこぼれて、林の中は暖かく静かでした。
「ふうん。」
ぼくは、とても感心しました。すっかり知りつくしているつもりだったこの山にも、こんな秘密な道があったのでした。そして、あんなすばらしい花畑と、親切なきつねの店と……、すっかりいい気分ににって、ぼくは、ふんふんと鼻歌を歌いました。そして、歩きながら、また両手で窓を作りました。
すると、今度は、窓の中に雨が降っています。細かいきりさめが音もなく。
そして、そのおくに、ぼんやりと、なつかしい庭が見えてきました。庭に面して、ふるいえん側があります。その下に、子どもの長ぐつがほうり出されて、雨にぬれています。
「あれは、ぼkのだ。」ぼくは、とっさにそう思いました。すると、胸がどきどきしてきました。ぼくの母が、今にも長ぐつを片づけに出てくるのじゃないかと思ったからです。かっぽう着を着て、白い手ぬぐいをかぶって。
「まあ、だめじゃないの、出しぱなしで。」
そんな声まで聞こえてきそうです。庭には、母の作っている小さな菜園があって、青じそがひとかたまり、やっぱり雨にぬれています。ああ、あの葉をつみに、母は庭に出てこないのでしょうか……。
家の中は、少し明るいのです。電気がついているのです。ラジオの音楽に混じって、二人の子どもの笑い声が、とぎれとぎれに聞こえます。あれはbっぼくの声、もう一つは死んだ妹の声……。
「フーッ。」と、大きなため息をついて、ぼくは両手を下ろしました。なんだか、とてもせつなくなりまして。子どものころの、ぼくの家は焼けたのです。あの庭は、今はもう、ないのです。
それにしても、ぼくは全くすてきな指を持ちました。この指はいつまでもたいせつにしたいと思いながら、ぼくは、林の道を歩いていきました。
ところが、小屋に帰って、ぼくがいちばん先にしたことは、なんだったでしょう。ああ、ぼくは、全く無意識に、自分の手を洗ってしまったのです。それが、長い間の習慣だったのですから。
いけない、と思ったときは、もうおそすぎました。あおい色は、たちまち落ちてしまったのです。洗い落とされたその指で、いくらひし形の窓をこしらえても、その中には、小屋の天じょうが見えるだけでした。
ぼくはその晩、もらったなめこを食べるのも忘れて、がっくりとうなだれていました。
次の日、ぼくは、もう一度きつねの家に行って、指を染め直してもらうことにしました。そこで、お礼にあげるサンドイッチをどっさり作って、すぎ林の中へ入っていきました。
けれど、すぎ林は、行けども行けどもすぐ林。ききょうの花畑など、どこにもありはしないのでした。
それからというもの、ぼくは、いく日も山の中をさまよいました。きつねの鳴き声が、ちょっとでも聞こえるようものなら、そして林の中を、かさりと動く白いかげでもあろうものなら、ぼくは、耳をそばだてて、じっとその方向をさぐりました。が、あれっきり、一度もぼくは、きつねに会うことはありませんでした。
それでも、ときどき、ぼくは、指で窓を作ってみるのです。ひょうっとして、何か見えやしないかと思って。きみは変なくせがあるんだなと、よく人に笑われます。

【終わり】

Img_9741

安房 直子(あわ なおこ)1943年1月5日 - 1993年2月25日)
東京都生まれ、児童文学者。
1971年『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞受賞。1973年『風と木の歌』で小学館文学賞、1982年『遠い野いばらの村』で野間児童文芸賞、1985年『風のローラースケート』で新美南吉児童文学賞、1991年『花豆の煮えるまで』でひろすけ童話賞受賞。
西東京市に暮らし執筆活動を続けていたが、1993年肺炎により逝去。享年50。

 

2017年5月19日 (金)

《狐あそび》柳田國男

信州小県ちいさがた郡の民謡集に、鬼遊びの童詞わらべことばが七章まで載っている。

鬼の来るまで 洗濯でもしやしょ
鬼の来るまで 豆でも炒いりやしょ
がら/\がら/\ 石臼いしうすがら/\
豆はたきとん/\

鬼を激昂げっこうさせる手段として、東京でも洗濯だけはいうが、こうなると、もう一つの演劇であって、しかも作者は土地の子どものほかにありえない。あるいは文句を他所よそから聞き覚えて、呪文じゅもんのようにそれを守り、または若干の作意を加えたものが鬼きめの言葉には多い。羽後うごの大館おおだて附近に行なわれていたのは、

隠れぼっちにかたなの者は
しんざのこちゃのれんげの花

これを新沢という村の麹屋こうじやのことのように思っていたそうだが、実は非常に古くからある小ちいさ子法師こぼうし、すなわち一寸法師の物語であった。江戸でも早くから意味が分らなくなって、チーチャコモチャ桂かつらの葉などとうたっていた。備前の岡山では、

つーちゃこもちゃかずらの葉
ねんねがもったらちょと引け

すなわち東北は遠いだけに、まちがいが幾分か大きかったのである。
鬼きめというのは、小さな握にぎり拳こぶしを並べさせて、歌の文句に合せてその上を突いて行くのだが、その言葉にも遊戯の趣意を説こうとする、序曲のような役目があったのかも知れぬ。ことに隠れ鬼や目くら鬼では、遊びのなかばでは声を立てることができない故に、初めに歌っておく文句が多かった。

だあまれ/\雉きじの子
鉄砲かたげがとおッぞ
うんともいうな屁へもひんな

これは肥後ひごの球磨くま地方の、モウゾウ隠れ(隠れんぼ)の歌であった。是これよりも一段と劇的なのは今も田舎いなかに残っている狐遊きつねあそび、大阪でもと「大和やまとの源九郎はん」などといった鬼ごとである。百年以前の『嬉遊笑覧きゆうしょうらん』にも、
鬼ごとの一種に、鬼になりたるを山のおこんと名づけて、引きつれて下に屈かがみ、とも/\つばな抜ぬこ/\と言ひつつ、茅花つばな抜くまねびをしてはてに鬼に向ひ、人さし指と大指とにて輪をつくり、その内より覗のぞき見て、是なにと問へばほうしの玉といふと、皆逃げ去るを鬼追ひかけて捕ふる也なり
と見えている。今日の「御山の御山のおこんさん」遊びの筋書すじがきは、もうまただいぶ長くなっていて、これに子どもでなくては言えぬようなおかしい問答が数多く繰り返される。


「こども風土記・母の手毬歌」岩波文庫、岩波書店1976(昭和51)年12月16日第1刷発行
「定本柳田國男集 第二十一巻」筑摩書房1962(昭和37)年12月25日刊
初出:「朝日新聞」1941(昭和16)年4月1日~5月16日鹿遊びの分布「民間伝承六巻九号」1941(昭和16)年6月号
http://www.aozora.gr.jp/cards/001566/files/53809_49722.htmlImg_9742_2


2017年5月18日 (木)

「狐の窓」「狐の穴」「狐格子」

「きつねの窓」は安房直子の代表作で、桔梗の花の汁で指を染め、指で窓を作ってそこから覗くと、懐かしい風景や人が見える児童文学で教科書にも掲載されていた。
このエピソードは柳田国男「こども風土記」の「狐あそび」に次の記述がある。

“~今も田舎に残ってゐる狐遊び、大阪でもと「大和の源九郎はん」などといつた鬼ごとである。百年以前の嬉遊笑覧にも鬼ごとの一種に、鬼になりたるを山のおこんと名づけて、引きつれて下に屈み、もともとつばな抜こゝと言ひつつ、
芽花(つばな)抜くまねびをしてはてに鬼に向かひ、人さし指と大指とにて輪をつくり、その内より覗き見て、是なにと問へばほうしの玉といふと、皆逃げ去るを鬼追ひかけて捕ふる也と見えてゐる。”

「狐の窓」についての伝承は常光徹著「しぐさの民俗学」(2006年 ミネルヴァ書房)、野村純一編「昔話伝説研究の展開」(1995年三弥井書店)のなかで、狐の窓の作り方が図解されている。

《天気雨のときに指を決まった形に組んでそこから覗くと狐の嫁入りが見えるという伝承が、かつては広く知られていたようです。また、狐火を見たとき、狐に化かされたときにも特定の形で指を組み、そこから覗くことで難を避けることができるという伝承もあったようです。
このときの指の形を「狐の窓」「狐の穴」「狐格子」などと呼びあらわすようです。》

「南方熊楠全集 4」(1972年 平凡社)では、狐の嫁入りを見るしぐさについて若干の記述もあるらしい。

【狐の穴】狐窓、狐格子とも呼ばれる特殊な手の組み方。天気雨(狐の嫁入り)時にこの組み方をした指の隙間から狐の嫁入り行列が見えると言われている。 http://twitter.com/kiri_zumaImg_9743

Img_9746_2

 

2017年5月 4日 (木)

海底アニメの場面

Img_3377

2017年4月26日 (水)

BABYMETAL騒動

ベビメタは「まがい物」バラカン氏発言にファン激怒

海外でも人気の3人組メタルダンスユニットBABYMETALについて
「まがい物」と酷評したラジオDJのピーター・バラカン氏(64)の発言に、ファンから怒りの声が殺到している。

BABYMETALは最新アルバム「METAL RESISTANCE」が米ビルボードのアルバム総合ランキングで39位となり、 日本人アーティストの上位40位入りとしては、1963年の坂本九さん以来となる快挙を成し遂げた。

25日放送のTOKYO MX「モーニングCROSS」では、海外で人気となっている同グループについて取り上げたが、コメンテーターとして出演したバラカン氏はコメントを求められると苦笑い。「世も末だと思っています」と語った。

ジャンルを問わず様々な音楽に造詣の深いバラカン氏。番組での発言についてツイッターでも問われ、「番組の前からメディアを通じて少しは耳にしていましたが、ぼくは全く評価できません。先入観ではありません。
あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います」とあらためて説明した。

このツイートには「個人の意見は尊重しますが、ただまがい物というのは乱暴すぎるでしょう」
「彼女ら(バンドや企画も含めて)はあくまでONLY ONEですから『まがい物』というのは、何かと比較した表現であり不適切な感がして残念です」

「少し耳にしただけでは評価できませんね。それで意見するのは『先入観』。
命を懸けてやっているTeam BABYMETALに『まがい物』『世も末』は撤回して下さい」といった批判が多数寄せられている。

日刊スポーツ 2016年4月26日12時9分
http://www.nikkanspo...nt/news/1637755.html

<ピーター・バラカン氏のツイート>
Peter Barakanさんのツイート @sukiyaki_03
https://twitter.com/...s/724405739209392128
Peter Barakan @pbarakan
@sukiyaki_03

番組の前からメディアを通じて少しは耳にしていましたが、ぼくは全く評価できません。
先入観ではありません。あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います。
18:12 - 2016年4月24日

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。