2018年9月16日 (日)

映画『暗殺のオペラ』2K修復版

ベルナルド・ベルトルッチ29歳の監督作。

ルイス・ブニュエル賞を受賞した『暗殺のオペラ』は、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『裏切り者と英雄のテーマ』から着想を得た。

物語舞台を北イタリアの架空の町に置き換え、官能的なドラマに脚色して、父親の死の真相を探る男アトスの姿を描く。主人公のアトス役をジュリオ・ブロージ、アトスの父の愛人役をアリダ・ヴァリが演じた。
https://eiga.com/news/20180707/4/

7月21日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で公開される。デジタルリマスター版は3週間限定の上映。1970年作品『暗殺の森』も同会場で上映。

2018年9月 8日 (土)

映画『顔たち、ところどころ 』

出逢い、生活、思い出、そして人生。
まるで古いアルバムをめくるような
顔たち。
旅の条件は「計画しない」こと。
ヌーヴェルヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR、54歳差の二人旅。
アニメーションをはじめ、アートと人の笑顔に触れる。

炭鉱労働者の村に一人住む女性、ヤギの角を切らずに飼育する信条にする養牧者、港湾労働者の妻たち、廃墟の村でピクニック、アンリ・カルティエ・ブレッソンのお墓、ギイ・ブルタンとの思い出の海岸、JRの100歳の祖母に会いに行き、J.L.ゴダールが映画『はなればなれに』で作ったルーブル美術館の最短見学記録を塗り替える。
アニエスのだんだん見えづらくなる目、そしてサングラスを決して取ろうとしないJR、時に歌い、険悪になり、笑いながら、凸凹な二人旅は続く。
人々と触れあい、一緒に作品を残していく、高次元を目指すハートウォーミングなドキュメンタリーでありながら、これもまた映画作品である。
http://www.uplink.co.jp/kaotachi/

2018年9月15 日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、 アップリンク渋谷ほか全国順次公開。
脚本・監督・出演=アニエス・ヴァルダ+ JR
音楽 マチュー・シェディッド

その他のカテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ