2020年9月25日 (金)

「沙漠の古都」国枝史郎

この小説の梗概を記しても登場人物の思惑方向が違うし、場所と時間移動が激しい。分量の割には展開は急流直下で、本来なら超長編を圧縮した内容。


発端となるマドリッドに、眼の周り燐光を帯びた獣人が現れて、市民の不安を煽る。探偵レザールと画家ダンチョンは、配達された新聞から獣人の推理をしていた。そこへ市長の妻が訪ねてきて、話を聞いた二人は事件に関与する。

先輩探偵ラシイヌ、謎の中国人青年張教仁とその恋人・紅玉(エルビー)など多彩な人物が織りなす怪奇冒険小説。この冒険譚のキーワードは、羅布、湖、埋もれた都会、狛犬である。


「沙漠の古都」は著者唯一の現代怪奇物で、日本人は登場しないエキゾチックな世界となっている。構想の大きさは「信州纐纈城」に等しい世界観が伺える。


E8aa459fb4bc4fa3b44ff71b4b6cfa85

怪獣再び市中を騒がす。

 去月十日午前二時燐光を発する巨大の怪獣何処よりともなく市中に現われ通行の人々を脅かし府庁官邸の宅地附近にて忽然消滅に及びたる記事は逸速

く本社の報じたるところ読者の記憶にも新たなるべきがその後怪獣の姿を認めずあるいは怪獣の出現も通行の人々の幻覚に過ぎず事実上かかる怪獣は存在せざりしには非ざるやと多少の不安と危惧とをもって両度の出現を待ちいたるところ……

「沙漠の古都」国枝史郎を(青空文庫)

https://www.aozora.gr.jp/cards/000255/card45269.html


初出:「新趣味」博文館 1923(大正12)年3月~10月連載


国枝史郎

小説家。長野県茅野市生まれ。早大英文科中退。在学中自費出版した戯曲集「レモンの花の咲く丘へ」を契機に、劇作活動から朝日新聞記者を経て松竹座の座付作者となる。しかしバセドー氏病に罹患して活動なかばで帰郷。各地を転居しながらの療養生活中、「講談雑誌」(博文館)に寄稿した連載時代小説「蔦葛木曽棧」(大正11年)執筆を機に小説へ転じる。複数の筆名を用い探偵小説なども手がける一方、奔放な空想力で描かれる時代小説は現代にいたる伝奇小説のさきがけとなる。とくに代表作と言われる「神州纐纈城」(大正14年)は、陰惨怪奇、神秘的色彩の濃いその特異な作品世界が高く評価され、三島由紀夫からも「文藻のゆたかさと、部分的ながら幻想美の高さと、その文章のみごとさと、今読んでも少しも古くならぬ現代性とにおどろいた。その気稟の高さは比較を絶している」と絶賛された。

作品集は「国枝史郎伝奇全集」(7巻)未知谷、「国枝史郎伝奇文庫」(全28巻)講談社(絶版)。大衆文学館には、「神州纐纈城」「蔦葛木曽棧(上下)」「八ヶ嶽の魔神」の3作品が文庫本で収録されている。

2020年9月23日 (水)

『吉屋信子全集』全12巻(朝日新聞社)

第1巻 1975.3.15

花物語………………………………………… 3

はじめに…………………………………… 5

鈴蘭…………………………………………11

月見草………………………………………13

白萩…………………………………………15

野菊…………………………………………17

水仙…………………………………………20

名も無き花…………………………………23

鬱金桜………………………………………30

忘れな草……………………………………34

あやめ………………………………………38

紅薔薇白薔薇………………………………42

山梔の花……………………………………45

コスモス……………………………………49

白菊…………………………………………52

蘭……………………………………………55

紅梅白梅……………………………………58

フリージア…………………………………61

緋桃の花……………………………………64

紅椿…………………………………………67

雛芥子………………………………………72

白百合………………………………………78

桔梗…………………………………………85

白芙蓉………………………………………88

福寿草………………………………………93

三色菫…………………………………… 101

藤………………………………………… 108

紫陽花…………………………………… 116

露草……………………………………… 123

ダーリア………………………………… 130

燃ゆる花………………………………… 141

釣鐘草…………………………………… 159

寒牡丹…………………………………… 169

秋海棠…………………………………… 177

アカシア………………………………… 187

桜草……………………………………… 196

日陰の花………………………………… 202

浜撫子…………………………………… 205

黄薔薇…………………………………… 219

合歓の花………………………………… 233

向日葵…………………………………… 246

龍膽の花………………………………… 258

沈丁花…………………………………… 267

ヒヤシンス……………………………… 285

ヘリオトロープ………………………… 291

スイートピー…………………………… 295

白木蓮…………………………………… 315

梨の花…………………………………… 322

 瑰花…………………………………… 325

睡蓮……………………………………… 333

心の花…………………………………… 344

曼珠沙華………………………………… 350

屋根裏の二処女…………………………… 357

童話

鳴らずの太鼓……………………………… 519

赤い夢……………………………………… 523

黄金の貝…………………………………… 534

野薔薇の約束……………………………… 540

茸の家……………………………………… 543

*あとがき………………………………… 547

 

第2巻 1975.6.15

地の果まで…………………………………… 3

空の彼方へ………………………………… 211

短篇

姉妹………………………………………… 371

貸家探し…………………………………… 390

夏草………………………………………… 396

ハモニカ…………………………………… 405

王者の妻…………………………………… 410

女人涅槃経………………………………… 417

異母兄と牡丹の苗………………………… 426

童貞女昇天………………………………… 464

巴里の塩鮭………………………………… 477

櫟林の家…………………………………… 484

*あとがき………………………………… 491

 

第3巻 1975.7.15

女の友情……………………………………… 3

暴風雨の薔薇……………………………… 323

*あとがき………………………………… 515

 

第4巻 1975.8.15

男の償い……………………………………… 3

花…………………………………………… 257

*あとがき………………………………… 450

 

第5巻 1975.2.15

良人の貞操…………………………………… 3

家庭日記…………………………………… 269

*あとがき………………………………… 461

 

第6巻 1975.9.15

女の教室……………………………………… 3

花鳥………………………………………… 285

*あとがき………………………………… 419

 

第7巻 1975.5.15

安宅家の人々………………………………… 3

女の年輪…………………………………… 193

*あとがき………………………………… 557

 

第8巻 1975.10.15

徳川の夫人たち……………………………… 3

続 徳川の夫人たち……………………… 277

*あとがき………………………………… 545


第9巻 1975.4.15

女人平家……………………………………… 3

天平の后―寧楽秘抄―…………………… 409

*あとがき………………………………… 459

 

第10巻 1975.11.15

短篇

呉須の柘榴…………………………………… 9

海潮音…………………………………………18

麻雀……………………………………………53

外交官…………………………………………66

かげろふ………………………………………77

みおつくし……………………………………95

花の詐欺師………………………………… 105

生霊………………………………………… 115

鶴…………………………………………… 133

鬼火………………………………………… 145

手毬唄……………………………………… 150

茶 ………………………………………… 173

父の果……………………………………… 182

凍蝶………………………………………… 193

二世の母…………………………………… 203

嫗の幻想…………………………………… 241

もう一人の私……………………………… 251

宴会………………………………………… 261

見合旅行…………………………………… 272

かくれんぼ………………………………… 289

後家サロン………………………………… 297

嫉妬………………………………………… 308

晩春の騒ぎ………………………………… 317

蕃社の落日………………………………… 328

西太后の壷………………………………… 342

夏手袋……………………………………… 361

ブラジルの蝶……………………………… 368

マカオの露台……………………………… 391

誰かが私に似ている……………………… 406

井戸の底…………………………………… 418

海幻譚……………………………………… 426

香取夫人の生涯…………………………… 443

*あとがき………………………………… 573

 

第11巻 1975.12.15

底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち………… 3

ある女人像―近代女流歌人伝―………… 127

自伝的女流文壇史………………………… 327

随筆

白いハンケチ……………………………… 445

絵島の墓………………………………… 445

未知の月日……………………………… 450

日記買う………………………………… 451

日記みたいなもの……………………… 453

啄木の年譜の魅力……………………… 454

文士劇…………………………………… 455

本郷森川町……………………………… 457

春の喪服………………………………… 461

母………………………………………… 463

さかな…………………………………… 466

馬と私…………………………………… 466

廿一年前………………………………… 471

夏………………………………………… 474

白いハンケチ…………………………… 475

私の雑記帳………………………………… 477

男だったら……………………………… 477

食味の変遷……………………………… 478

昇降機…………………………………… 480

樋口一葉女史の墓……………………… 482

異国点景…………………………………… 484

シベリアを行く………………………… 484

モスコーから伯林へ…………………… 485

伊太利の印象片々……………………… 489

巴里……………………………………… 491

倫敦遠足記……………………………… 494

ミス・あめりかの横顔………………… 495

随筆小片…………………………………… 498

点燈夫…………………………………… 498

長崎の灯………………………………… 500

あまのじゃくの唄える………………… 500

擬人法…………………………………… 501

*あとがき………………………………… 505


第12巻 1976.1.15

私の見た人…………………………………… 3

田中正造…………………………………… 9

万龍・照葉…………………………………13

徳富蘇峰……………………………………15

三浦環………………………………………18

新渡戸稲造…………………………………19

小林一三……………………………………21

グラーツィア・デレッダ…………………23

大杉栄………………………………………24

九条武子……………………………………26

モルガンお雪………………………………29

直木三十五…………………………………31

中村吉右衛門………………………………33

宮城道雄……………………………………34

九条日浄尼…………………………………36

横綱玉錦……………………………………39

与謝野晶子…………………………………42

菊池寛………………………………………45

高橋箒庵……………………………………48

汪兆銘………………………………………51

張学良………………………………………55

七世宗十郎…………………………………57

坂田三吉……………………………………59

春日とよ……………………………………61

中谷宇吉郎…………………………………63

久米正雄……………………………………64

平出英夫……………………………………67

長勇…………………………………………70

田村俊子……………………………………73

美濃部達吉夫妻……………………………76

関屋敏子……………………………………81

高浜虚子……………………………………84

徳冨愛子……………………………………88

及川道子……………………………………93

近松秋江……………………………………96

竹久夢二……………………………………99

湯川秀樹夫妻…………………………… 103

古今亭志ん生…………………………… 106

森律子…………………………………… 108

現・歌右衛門…………………………… 109

井上正夫………………………………… 112

羽仁もと子夫妻………………………… 114

徳田秋声………………………………… 117

大倉喜七郎……………………………… 122

藤蔭静樹………………………………… 123

小波と水蔭……………………………… 128

菅原時保………………………………… 131

市川猿翁………………………………… 133

ときの声…………………………………… 135

私の見た美人たち………………………… 317

梨本伊都子の日記……………………… 321

不死鳥・中上川あき…………………… 330

尼寺巡礼………………………………… 337

古河不二子……………………………… 345

岡田静(万龍)………………………… 348

入江たか子……………………………… 354

栗島すみ子……………………………… 359

北村兼子の功名心……………………… 362

平塚らいてう小伝……………………… 373

沈丁花匂う頃…………………………… 382

ノーベル文学賞作家の家……………… 384

わが日記物語…………………………… 388

郷愁……………………………………… 393

小さい駅……………………………… 393

桐の箪笥……………………………… 395

祖先は祖先、私は私………………… 397

随筆(未刊)

幼き芽生より……………………………… 405

幼き日のクリスマス…………………… 405

幼き芽生より…………………………… 406

投書時代………………………………… 408

詩集遍歴………………………………… 410

憧れし作家の人々……………………… 415

私と俳句………………………………… 418

忘れ得ぬ人たち…………………………… 424

文壇百花之譜…………………………… 424

凱旋の人………………………………… 428

偉大な人間的魅力……………………… 429

宇野千代言行録………………………… 431

作家社長さん―佐佐木茂索氏を悼む―…… 437

豊饒なる美的生活……………………… 438

忘れ得ぬ人たち………………………… 441

私の泉鏡花……………………………… 444

木歩忌五十年に思う(絶筆)………… 445

たそがれの絵……………………………… 448

父の追悼断片…………………………… 448

絵の相撲………………………………… 449

たそがれの絵…………………………… 450

片恋ゴルフ……………………………… 452

山雀の芸………………………………… 453

月下の大仏……………………………… 455

幻の町々………………………………… 456

震災忌…………………………………… 458

上野桜木町……………………………… 460

私の観劇史……………………………… 461

折りにふれて……………………………… 465

久遠の女性……………………………… 465

無題……………………………………… 466

講演の旅………………………………… 467

石筆……………………………………… 473

机上登山………………………………… 475

Toilet…………………………………… 476

非売品の伝記…………………………… 477

松………………………………………… 480

人間と色彩……………………………… 482

淡路のたびびと………………………… 486

探しもの………………………………… 489

ちょっと待ってあげて………………… 491

心境小説のような哀愁………………… 493

落葉降る墓……………………………… 493

小言……………………………………… 496

たべものの話は尽きず…………………… 498

くわい…………………………………… 498

牡蛎とツグミ…………………………… 499

桜餅……………………………………… 500

ところてん……………………………… 502

百貨店の食堂…………………………… 503

味の今昔………………………………… 504

句集…………………………………… 507

*あとがき………………………………… 531

*年譜(吉屋千代)……………………… 545


(朝日新聞社、1975.2~1976.1)

2020年9月12日 (土)

『吉田 知子選集』景文館書店

パンクロッカー町田康との共通点や、語り口の異能さに触れられる選集となっている。


 のうてんふぁいら、だよ、お前は。まるきり、のうてんふぁいらだ、と言った。(「脳天壊了」より) 


 Ba11a78caf00402b819c40cc5e9193d1

吉田知子選集Ⅰ

脳天壊了(のうてんふぁいら)

脳天壊了「新潮」19775月号

ニュージーランド「世界」19778月号

乞食谷 「季刊藝術」1971年第19

寓話 「静岡県民文芸」1961

東堂のこと 「潮」197010月号臨時増刊

お供え 「海燕」19917月号

常寒山 「文學界」19937月号

巻末/町田康   


杢平は川竹には目もくれない。松を見る。空地には何本か松がはえているが、杢平が見ているのは、その中の一本だけだ。杢平の狭い視野に全体がうつるのは、その松しかない。

見ているうちに、杢平はそれが木だという気がしなくなる。中瀬が立っている。中瀬が杢平を見おろしている。杢平に襲いかかろうとする。p.7

0e5d9c30feaf474ab45fe83c2b29f13e

吉田知子選集Ⅱ 日常的隣人

日常的母娘 「野生時代」19787月号

日常的夫婦「野生時代」197810月号

日常的嫁舅 「野生時代」19791月号

日常的二号 「野生時代」19794月号

日常的親友 「野生時代」19797月号

日常的レズ 「野生時代」197911月号

日常的隣人 「野生時代」19801月号

日常的先生 「野生時代」19806月号

日常的美青年「野生時代」19809月号

日常的患者 「野生時代」19814月号

人蕈 「季刊文科」200210月号

巻末/町田康   


吉田知子選集Ⅲ そら

泥眼 「現代詩手帖」19743月号

静かな夏  「ゴム」19676月号 

箱の夫  「文學界」19971月号 

  「新潮」19931月号

  「新潮」20006月号 

犬と楽しく暮らそう 「荒土」19994月創刊号 

幸福な犬  「文學界」19709月号 

ユエビ川  「紅爐」196919号~7020号・21 

そら  「新潮」19719月号

巻末/町田康   

(景文館書店)


吉田知子、1934年浜松生まれ。

名古屋市立女子短大経済科卒業

1970年「無明長夜」で第63回芥川賞を受賞、1984年「満州は知らない」第23回女流文学賞、1992年「お供え」第19回川端康成文学賞、1999年「箱の夫」第27回泉鏡花文学賞 ほか「天地玄黄」「生きものたち」「聖供」「蒼穹と伽藍」「千年往来」「日本難民」など作品・著書多数。

2000年第53回中日文化賞受賞。


【吉田知子作品について作家が書いた文章に関心があったら】

「小説とはなにか」(三島由紀夫『小説読本』)

『大好きな本』川上弘美

『小川洋子の偏愛短篇箱』小川洋子

『気になる部分』岸本佐知子

『お供え』講談社文芸文庫、荒川洋治解説

『シッダールタ』ヘッセ

一つの真理は常に、一面的である場合にだけ、表現され、ことばに包まれるのだ。


「これは石だ」と彼は戯れながら言った。「石はおそらく一定の時間のうちに土となるだろう。土から植物。あるいは動物、あるいは人間が生じるだろう。昔なら、私はこういっただろう『この石は単に石にすぎない。無価値で、迷いの世界に属している。だが、石は変化の循環の間に人間や精神にもなれるかもしれないから、そのゆえにこれにも価値を与える』。以前ならたぶん私はそう言っただろう。だが、今日では私はこう考える。この石は石である。動物でもあり、髪でもあり、仏陀でもある。私がこれをたっとび愛するのは、これがいつかあれやこれやになりうるだろうからではなく、ずっと前からそして常にいっさいがっさいであるからだ。──これが石であり、今日いま私に石として表れているが故にこそ、私はこれを愛した。


『シッダールタ』ヘルマン・ヘッセ,高橋健二(翻訳)より


477d34e0b45e45718f81ec371b082c6b

ヘルマン・カール・ヘッセ(Hermann Hesse, Hermann Karl Hesse/187772-196289日)

20世紀のドイツ文学を代表する文学者の一人。ドイツ南部のヴュルテンベルク王国カルフ出身(国籍はドイツとスイス)。様々な職に就きながら著述活動を行い、南ドイツの風物の中での穏やかな人間の生き方を描いた作品を数多く残した。また水彩画も手掛け、自身の絵を添えた詩文集なども発表。1946年にノーベル文学賞とゲーテ賞を受賞。

2020年9月 7日 (月)

『少年とオブジェ』赤瀬川 原平(ちくま文庫) Kindle

電球のあの、いまにも割れそうな薄いガラスの中には何が入っているのだろう?もしかして、地球からずーっと離れた宇宙の空間が入っているのかも。学校で、道路で、台所や机の上でおつきあいしたいろいろな物たち。物の中には何かが隠されているような気がする…。そんな“赤瀬川少年”が謎を追う。


9898afc369a745628b3b881e54d14c80

【目次】少年とオブジェ/チューインガム/飛行機/爆弾/皮靴/電球/蛇口/畳/割箸/雑巾/ラジオ/消しゴム/制服/目覚める前のこと/梅雨の少年期/濡れた部屋/わが家における暴力の歴史/あとがき

解説 武田百合子(角川文庫)


赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい/1937年3月27日-2014年10月26日/男性)

前衛美術家として知られる芸術家、画家、随筆家、著述家、イラストレーター。前衛美術家として作品発表を行う一方で純文学作家や漫画家としても活動した人物であり、純文学作家としてのペンネームは尾辻 克彦。また猫好きな人物でもあり、猫についてのエッセイ集や写真集なども多数発表した。2006年より武蔵野美術大学の日本画学科客員教授も務めた。


主な著書に『オブジェを持った無産者/現代思潮社』『絵次元 あいまいな海/大門出版美術出版部』『少年とオブジェ/北宋社』『純文学の素/白夜書房』『東京路上探険記/新潮社(尾辻克彦との共著)』『超芸術トマソン/白夜書房』『科学と抒情/青土社』『紙がみの横顔/文藝春秋』『仙人の桜、俗人の桜 にっぽん解剖紀行/日本交通公社出版事業局』『島の時間/平凡社』『ベトナム低空飛行/ビジネス社』『香港頭上観察/小学館』『我輩は施主である/読売新聞社』『老人とカメラ 散歩の愉しみ/実業之日本社』『我輩は病気である/マキノ出版』『地球に向けてアクセルを踏む/誠文堂新光社』『路上の神々/佼成出版社』『四角形の歴史/毎日新聞社』『ぼくの昔の東京生活/筑摩書房』『昭和の玉手箱/東京書籍』などがある。


91483ec639964ef88e2d6306cdb4ef5f

『少年とオブジェ』は赤瀬川 さんの初期の貴重なエッセイで、600部しか売れなかったらしい。電子書籍でも広く読まれるといいと思います。

2020年8月31日 (月)

古川 日出男『おおきな森』(講談社)

F798b213859e47fa83bc664149a7c11a

東北から南米へ 

戦前から現代へ 

時空の森を貫き 

その列車は疾る 


小説家兼探偵・坂口安吾が、失踪した高級コールガールの行方を追う「第一の森」。 

記憶を持たない男・丸消須ガルシャが乗った列車で不可解な殺人事件が起きる「第二の森」。 

そして私は小説に導かれ京都、長崎、東北と漂泊し、手記「消滅する海」をしたため続ける。 


ミステリ、SF、幻想小説にして世界文学。

前人未踏のギガノベル、ここに誕生!


【作者インタビュー】

存在しない漢字の一文字が頭に浮かんだのがきっかけだった。「森」の下に、木が三つ足された「木が六つの森」。「森」が過剰になったその字は、「おおきな森」と読むのがふさわしいと思えた。そこから、果てのない物語が生まれた。

 あらすじは意味を成さない。冒頭「第二の森」で描かれるのは、ラテンアメリカの作家たちを思わせる丸消須ガルシャ、振男・猿=コルタ、防留減須ホルヘーの3人が、乗り合わせた列車で不可解な殺人に遭遇する時空。続く「第一の森」では一転して、文士探偵の坂口安吾が失踪したコールガールの行方を追う。さらには、小説家の「私」が主人公となる「消滅する海」の章が挟まれ――。


https://book.asahi.com/article/13391983


古川日出男 

小説家。1966年福島県生まれ。早稲田大学文学部中退。『13』(1998年)で小説家デビュー。第4作となる『アラビアの夜の種族』(2001年)で日本推理作家協会賞・日本SF大賞、『LOVE』(2005年)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015年)で野間文芸新人賞・読売文学賞をそれぞれ受賞。小説執筆のほか脚本、演出、朗読、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションなど、多彩な表現活動を積極的に行っている。

2020年8月30日 (日)

武田泰淳氏の「才子佳人」について 三島由紀夫

武田泰淳氏の「才子佳人」について 三島由紀夫


 これは物語の由来記である。物語といふ人工の運命が編み出されるのは、人々か執拗な運命の履行に飽きる時だ。人々はいつも自分たちと並行し、やヽ離れて、はげしい純粋な哀歓か貪歓それ自身の力で生きてゐる領域を夢みてゐる。才子佳人はそこに住む一族だ。彼らはありもしない典型といふ幻に追跡される。彼らは「……であるかのやうに」生きることを強ひられる。運命の履行に飽いた人々によって才子佳人の運命の履行か妨げられるといふ、一種暗示的な悲劇である。


 勇気ある雙卿は叛逆するのだが、人々はその主張を歌かと聞き、物語作者はそれを夢の場面の如く装ふ。彼女は却って、更に一つの物語の中に瓜なにとぢこもる他はないのだ。かうして強ひられてゐたものが生々と虚しい残光を放ちはじめる。あたかも典型か生き、動きだしたかのやうに。

「才子佳人」は介妙に複雑な小説だ。この小説は三重の額縁をもつ。読八をはると自分のまわりにまだ一つ、読みのこした額縁が感じられる。物語作者は一体史震林なのか。否、実は双卿なのか。かういふ人工と自然との鷹揚な馴れ合ひには一方しづかな諦念かくすんで来て、双卿か死なずに突如として転華夫人の死ぬすぐれた結末に到達してゐる。


 「才子佳人」の作者はディレッタンディズムを気にしてゐない。作品の構成は転華夫人登場の前後からゆるみ出すか、物語に入ってゆくのに読者に恰かも自分か物語をつくってゆくやうな感興を覚えさせる巧みな曰頭の二、三頁の優婉嫺雅な趣や、きはめて乱れない礼節に満ちた筆致は、今は喪はれた住人の剛彫を見るやうに、輓近の小説をよみなれた目には感じられた。


(三島由紀夫「人間」昭和21年10月)

2020年8月28日 (金)

時間SFコレクション(新潮文庫)

8efbd77266924cfbbdc841d248cbe7f9

『時間SFコレクション タイム・トラベラー』

「しばし天の祝福より遠ざかり」 Absent Thee from Felicity Awhile... ソムトウ・スチャリトクル(Somtow Sucharitkul)

「時間層の中の針」 Needle in a Timestack ロバート・シルヴァーバーグ(Robert Silverberg)

「遥かなる賭け」 The Long Chance チャールズ・シェフィールド (Charles Sheffield)

「ミラーグラスのモーツァルト」 Mozart in Mirrorshades ブルース・スターリング(Bruce Sterling)&ルイス・シャイナー(Lewis Shiner)

「ここがウィネトカならきみはジュディ」 If This Is Winnetoka,You Must Be Judy F・M・バズビイ(F. M. Busby)

「若くならない男」 The Man Who Never Grew Young フリッツ・ライバー(Fritz Leiber)

「カッサンドラ」 Cassandra C・J・チェリイ(C. J. Cherryh)

「時間の罠」 Time Trap チャールズ・L・ハーネス(Charles L. Harness)

「アイ・シー・ユー」 I See You デーモン・ナイト(Damon Knight)

「逆行する時間」 Redeem the Time デイヴィッド・レイク(David Lake)

「太古の殻にくるまれて」 Incased in Ancient Rind R・A・ラファティ(R. A. Lafferty)

「わが内なる廃虚の断章」 Sketches Among the Ruins of My Mind フィリップ・ホセ・ファーマー(Philip José Farmer)

「バビロンの記憶」 We Remember Babylon イアン・ワトスン(Ian Watson)

2020年8月27日 (木)

『宇宙SFコレクション』伊藤典夫/浅倉久志(新潮文庫)

『宇宙SFコレクションスペースマン』伊藤典夫/浅倉久志(新潮文庫)

「イカルス・モンゴルフィエ・ライト」 Icarus Montgolfier Wright レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)

「月を盗んだ男」 The Man who Stole the Moon チャールズ・シェフィールド(Charles Sheffield)

「だれだ? Who's There? アーサー・C・クラーク(Arthur C. Clarke)

「犬の星」 Dog Star アーサー・C・クラーク(Arthur C. Clarke)

「わが名はジョー」 Call Me Joe ポール・アンダースン(Poul Anderson)

「いこいのみぎわ」 The Still Waters レスター・デル・リイ(Lester del Rey)

「プロ」 The Pro エドモンド・ハミルトン(Edmond Hamilton)

「かくて光あり」 Making Light ジェイムズ・P・ホーガン(James P. Hogan)

「無辺への切符」 Ticket to Anywhere デーモン・ナイト(Damon Knight)

「空間の大海に帆をかける船」 The Ship that Sailed the Ocean of Space バリントン・J・ベイリー(Barrington J. Bayley)

「バースディ」 Birthdays フレッド・セイバーヘーゲン(Fred Saberhagen)

「鉛の兵隊」 Tin Soldier ジョーン・D・ヴィンジ(Joan D. Vinge)


A1c0dc87a7864d6d9e55713cd42edd73

『宇宙SFコレクションスターシップ』伊藤典夫/浅倉久志(新潮文庫)


「すべての夏をこの一日に」 All summer in a Day レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)

「地球の緑の丘」 Green Hills of Earth ロバート・A・ハインライン(Robert A. Heinlein)

「クリプティック」 Cryptic ジャック・マクデヴィット(Jack Mcdevitt)

「帰ってきた男」 I Am the Doorway スティーヴン・キング(Stephen King)

「夜来たる」 Nightfall アイザック・アシモフ(Isaac Asimov)

「闇と夜明けのあいだ」 Between the Dark and the Daylight アルジス・バドリス(Algis Budrys)

「楽園にて」 In the Garden R・A・ラファティ(R. A. Lafferty)

「宇宙の影」 The Shadow of Space フィリップ・ホセ・ファーマー(Philip José Farmer)

「夜のオデッセイ」 Night Watch ジェイムズ・イングリス(James Ingris)

「ローマという名の島宇宙」 A Galaxy Called Rome バリイ・N・マルツバーグ(Barry N. Malzberg

「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」 And I Awoke and Found Me Here on the Cold Hill's Side ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(James Tiptree. Jr,)

「ブルー・シャンペン」 Blue Champagne ジョン・ヴァーリイ(John Valley)


バブル経済の末期に企画された『宇宙SFコレクション』を敢えて、外出制限されているGOTOトラベルの鬱積した今に読む。アンソロジーの編集をされた伊藤典夫と浅倉久志さんは、訳者としてもエンタメには貢献された。思い出深いセレクションとなっている。

2020年8月10日 (月)

文藝春秋2020年9月号[雑誌]

文藝春秋20209月号[雑誌] 


【総力特集第5弾[誌上対策会議] コロナ・サバイバル】

◎徹底討論「経済」か「感染防止」か 小林慶一郎 舘田一博 三浦瑠麗 宮沢孝幸

◎官房長官すべての疑問に答える 菅義偉 

◎コロナ分科会会長 緊急事態「再宣言」はありうる 尾身茂

◎都医師会会長 安倍政権「無為無策」が日本を壊す 尾崎治夫

◎プロ野球、コロナと戦う 山口寿一

◎東京五輪「簡素化」で開催を実現する 武藤敏郎


◎「私が見たトランプの正体」 ジョン・ボルトン

◎「中国の暴挙を放置するな」 河野太郎

◎香港は習近平に屈しない 安田峰俊

◎尖閣を死守せよ 麻生幾

◎北朝鮮市民に直撃電話「金正恩のコロナ」と「愛の不時着」

◎徴用工に日本が補償する道理はない 李大根


【第163 芥川賞発表】

◎首里の馬 高山羽根子

◎受賞者インタビュー 手を縛られても足で書く

◎破局 遠野遥

◎受賞者インタビュー King Gnuと夏目漱石

◎選評 平野啓一郎 吉田修一 松浦寿輝 小川洋子 島田雅彦 山田詠美 川上弘美 奥泉光 堀江敏幸


◎有働由美子対談20 赤江珠緒「コロナは衣ばっかりのエビ天でした」

◎永寿総合病院院長 院内感染「見えない敵の恐怖」 湯浅祐二

◎コロナ禍でGAFAだけが焼け太る S・ギャロウェイ


◎藤井聡太棋聖を語る 渡辺明 

◎熊本豪雨災害は「脱ダム」の悲劇だ 藤井聡


◎「独ソ戦75周年」と「北方領土交渉」 池上彰 M・Y・ガルージン

◎武漢「邦人救出」15日間全記録 植野篤志


◎英エコノミスト誌記者「イラン幽囚記」 N・ぺルハム

◎新連載からだの美 外野手の肩 小川洋子

◎日本の地下水脈3 保阪正康

◎李王家の縁談9 林真理子

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト