zerogahou.cocolog-nifty.com > 22カードの意味

01 奇術師
02 女教皇
03 女帝
04 皇帝
05 法王  Le Paye
06 恋人たち
07 戦車 
08 裁判の女神
09 隠者
10 運命の輪
11 剛毅
12 吊された男
13 死神
14節制
15悪魔
16 塔
17 星 ☆
18 月
19 太陽
20 審判  
21 世界
_0 愚者

<< 前 | トップページ | 次 >>

18 月

18 月

『青白い月夜の晩に、母親は、我が子の為に子守唄を歌う。可愛い寝顔を見て微笑み、その頬にそっと口付けをする。夢見る子を抱き、清水を湛えた大釜に近付くと、静かにその子を投ずる。火をくべて、釜を煮立たせると、三日三晩それを見つめる。我が子の育ち行く姿を思い浮かべ、優しくそっと微笑む』

月夜の晩に感じる実体の無い不安や、不吉な感覚。月光が織り成す幻想の世界。全てが明るみの中にある昼間とは異なり、全てが隠された闇と、朧な月の光との間に生まれる曖昧な形象。夜明けが近付くと共に湧き上がる希望と期待感、それに反する大きな不安の象徴。【月】のカードは、22枚の大アルカナの過程において、最後の難関であり、最後の試練でもある。

恒常普遍の光である太陽とは異なり、日に日にその姿を変え、移ろい行く姿。その変化と移ろいが、月の本質である。

暗闇の中に浮かぶ月は美しい。 その月光の織り成す世界観は、人を幻想の世界に誘い、普段見落としがちな、貴重なイマジネーションを与えてくれる。【夜の夢】を与えるのは月の役割であり、月はいつの時代でも詩人達の母であった。


■イマジネーション・想像力・夢・詩人・芸術・ファンタジー


月は太陽よりも素早く移動する。真実を照らし出して生命力を与える太陽から遠ざかるのだ。
現実の世界よりも夢想にちかい。

固定リンク